三井ホーム

三井ホーム CRECERの敷地活用

三井ホーム

三井ホーム(CRECER)

敷地を上手に活用。


三井ホーム(CRECER)
厳しい条件の敷地でも3階建を実現可能にする、屋根断熱パネル「ダブルシールドパネル」。
限られた敷地を有効に活用するには、居住空間を垂直方向に広げる3階建住宅が有利です。しかしながら、住宅の建設には高さ制限や斜線制限などさまざまな規制があり、高さのある3階建はとくにその影響を受けます。こうした厳しい条件の敷地への対応を容易にするため、「クレセール」は三井ホームオリジナルの屋根断熱パネル「ダブルシールドパネル」を採用しています。高さ制限や斜線制限などさまざまな規制に合わせた屋根形状が対応可能。制限ギリギリまで敷地を活かした3階建住宅が実現できます。
※ダブルシールドパネルは、お客様のご希望プラン・地域・敷地条件等により対応できない場合があります。
敷地の広さを問わず効率的に工事ができる、プレミアム・モノコック構法ならではの「クレセール」。
住宅が密集した都市の敷地では、三方を隣家に囲まれ、開放されているのは道路側だけというケースも多いことでしょう。なおかつ、広さにゆとりのない敷地では、工事を行うスペースを確保することが困難です。しかしながら、プレミアム・モノコック構法の場合は1階から順次組み上げていき、しかも1階や2階の床がそのまま作業スペースに活用できるため、省スペースでの工事が可能となります。また、建築現場までの進入路が狭い場合は、現場組み立て方式を採用。クレーン車などを用いた大がかりな作業が不要となり、広い道路幅が確保されていない敷地でも施工することが可能になります。
三井ホーム(CRECER)
ビルトインガレージをはじめとした提案で、駐車スペースを確保する敷地活用のノウハウ。
限られた広さの敷地では、建物や庭にゆとりを設ければ、おのずとクルマの居場所が難しくなります。そこで3階建住宅「クレセール」は、建築面積を節約して敷地にゆとりを生むなど、さまざまな駐車スペース確保のアイデアをご提案。たとえば、建物を変形させて敷地内に確保するだけでなく、建物内に駐車スペースを組み込むビルドインガレージという考え方もあります。頑強な構造強度を誇る、三井ホームの「Gフレーム構法」を採用すれば、建物が密集した縦長の敷地でも1階開口部分を全面開放した、大型車にも対応する駐車スペースが実現できます。三井ホームは、お客様のご要望や敷地条件を詳細に検討し、独自の技術やノウハウを駆使して十分な駐車スペースを創造します。

   


CRECERの外観
CRECERの空間活用
CRECERの敷地活用
»三井ホームの掲載一覧
»三井ホームの公式サイト
自分に合ったハウスメーカーはどうやって探すの?そんな疑問を持った方はまずはこちらをご覧ください。
ハウスメーカーの基礎知識
契約者が選んだ5つのポイント
いろんな建て方ができる注文住宅。建て方によって異なる特徴を確認しましょう。
平屋建て
二世帯住宅
三階建て
家には様々な工法があります。それぞれの特徴をきちんと理解することで、あなたに合った建て方を選びましょう。
木造軸組工法
ツーバイフォー工法
プレハブ工法
これからの家づくりには環境も考えたいものです。次世代住宅と言われる住まいについて詳しく知りましょう。
スマートハウス クイズに挑戦!
スマートハウス 概要と特長
暮らしのメリット
マイホームを建てるには、しっかりとした資金計画を立てたいものです。ゆとりあるローン返済計画をできるようにシミュレーションしてみましょう。
返済額シミュレーター
借入可能額シミュレーター
賃貸との損益比較シミュレーター
住宅購入に大きく関わる消費税増税。金額が上がるタイミングなどのポイントを確認しましょう。
消費税率アップ!これからの住宅購入はこう変わる!
ここが重要!ハウスメーカーと契約までの流れ
イエノミカタ