住宅関連情報
工法を調べる(ツーバイフォー工法)
いろいろな工法を詳しく調べる

ツーバイフォー工法


画像提供:三井ホーム
ツーバイフォー(2×4))工法という名称は、断面寸法が「2インチ×4インチ(約5cm×約10cm)」の基本部材を主に用いることに由来します。

ツーバイフォー工法は、19世紀初めの開拓時代の北米で誕生しました。北米では極めて一般的な工法であり、現在ではアメリカやカナダだけでなく、ヨーロッパ、オセアニア、南米など世界中に 広がるグローバルスタンダードな住宅です。
日本でもツーバイフォー工法は「枠組壁工法」とも呼ばれ普及している工法です。

ツーバイフォー工法では2インチ×4インチ(2×6、2×8、4×4インチなどを含む)の木材で枠を組み、それに合板を用いて壁を形成していきます。
軸組工法では柱や梁などの“点と線”により支えるわけですが、ツーバイフォー工法の場合には壁・床・天井の“6つの面”で支えます。
ちなみに、「2インチ×6インチ(約5cm×約15cm)」の基本部材を主に用いる場合は「ツーバイシックス (2×6)工法」と呼ばれています。
ツーバイフォー工法は部材もそうですが、施工にも公的な基準があるため、精度のばらつきが少なくなります。
また、面構造であるため、気密性・断熱性が高い工法です。
また、その基礎構造の強さから、北米では5階建て、6階建も可能で、日本でも4階建てまで認められています。

家には様々な工法があります。他の工法も確認してみましょう!
自分に合ったハウスメーカーはどうやって探すの?そんな疑問を持った方はまずはこちらをご覧ください。
ハウスメーカーの基礎知識
契約者が選んだ5つのポイント
いろんな建て方ができる注文住宅。建て方によって異なる特徴を確認しましょう。
平屋建て
二世帯住宅
三階建て
家には様々な工法があります。それぞれの特徴をきちんと理解することで、あなたに合った建て方を選びましょう。
木造軸組工法
ツーバイフォー工法
プレハブ工法
これからの家づくりには環境も考えたいものです。次世代住宅と言われる住まいについて詳しく知りましょう。
スマートハウス クイズに挑戦!
スマートハウス 概要と特長
暮らしのメリット
マイホームを建てるには、しっかりとした資金計画を立てたいものです。ゆとりあるローン返済計画をできるようにシミュレーションしてみましょう。
返済額シミュレーター
借入可能額シミュレーター
賃貸との損益比較シミュレーター
住宅購入に大きく関わる消費税増税。金額が上がるタイミングなどのポイントを確認しましょう。
消費税率アップ!これからの住宅購入はこう変わる!
ここが重要!ハウスメーカーと契約までの流れ
イエノミカタ