教えて!スマートハウス

スマートハウス3つの要素とは?

スマートハウスについてさらに詳しく調べてみましょう。
スマートハウスの3つの要素とは・・・

概要

スマートハウスとは、もともと家電や設備機器を情報通信技術で最適に制御することで、住んでいる人にとって、有用なサービスを提供しようとして提唱されたものです。
それは年代によって、様々な手法論や解釈がなされてきました。

最近は、“スマートハウス”というと、「情報通信技術を用いて省エネ、節電などをもって快適に住むことができる住まい」という見方が主流になっており、「3エネ」という以下3つの要素が欠かせないものになっています。

主に電力をつくる(創エネ)/主に電力を溜める(蓄エネ)/主に電力の消費をコントロールする(省エネ)

創エネ/蓄エネ/省エネの画像

以上の「3エネ」が兼ねそなっていることで、環境面と経済面を考えた"快適で賢い次世代住宅"、すなわちスマートハウスと定義することができます。

特長

では、この「3エネ」はどのようなシステムで成り立つのでしょうか。
現在、電機メーカーや住宅メーカーが提唱しているスマートハウスの特長として、以下の3つのシステムが搭載されていることがあります。

1. 太陽光発電システム/2. リチウムイオン蓄電池/3. HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)=見える化システム

太陽光発電システム/リチウムイオン蓄電池/HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の画像

太陽光発電システムは、太陽光から電力をつくり出し(創エネ)、電力会社に電力を売ること(売電)ができます。太陽光で発電された電力はCO2の排出もない、とてもクリーンなエネルギーです。

蓄電池はその名の通り、電力を溜めておくことができるので、突然の停電や災害時にも十分役立ちます。

HEMSは、どれだけ発電できたのか、どの位電力が溜まっているのか、ムダな電力を使っているところはないか、などを一目で確認することができます。

このように、スマートハウスは、おサイフにはもちろん、環境にもやさしいわけで、今後、私達に「新しいライフスタイル」を提案してくれることでしょう。

↓スマートハウスに興味を持った方は↓
スマートハウスカタログ無料一括請求

背景下画像

自分に合ったハウスメーカーはどうやって探すの?そんな疑問を持った方はまずはこちらをご覧ください。
ハウスメーカーの基礎知識
契約者が選んだ5つのポイント
いろんな建て方ができる注文住宅。建て方によって異なる特徴を確認しましょう。
平屋建て
二世帯住宅
三階建て
家には様々な工法があります。それぞれの特徴をきちんと理解することで、あなたに合った建て方を選びましょう。
木造軸組工法
ツーバイフォー工法
プレハブ工法
これからの家づくりには環境も考えたいものです。次世代住宅と言われる住まいについて詳しく知りましょう。
スマートハウス クイズに挑戦!
スマートハウス 概要と特長
暮らしのメリット
マイホームを建てるには、しっかりとした資金計画を立てたいものです。ゆとりあるローン返済計画をできるようにシミュレーションしてみましょう。
返済額シミュレーター
借入可能額シミュレーター
賃貸との損益比較シミュレーター
住宅購入に大きく関わる消費税増税。金額が上がるタイミングなどのポイントを確認しましょう。
消費税率アップ!これからの住宅購入はこう変わる!
ここが重要!ハウスメーカーと契約までの流れ
イエノミカタ