リビング階段がある家のメリットとデメリット

特集 永く住み続けられる家

「リビング階段」というものをご存じでしょうか。廊下などを介さず、2階部分から直接リビングに階段が降りてくる構造のことで、近年注目を集めています。

・子どもの交友関係が気になる
・開放感のあるリビングにあこがれている

といった理由から採用を検討する方が多いようです。しかし、最近になって流行り始めた設備であることから、メリット・デメリットが十分に知られているとは言えません。リビング階段にはどのような特徴があるのか、詳しく解説していきたいと思います。

メリットは、家族の気配が感じられる、デザイン性に優れること

リビング階段を採用すると、2階に人が上るとき、リビングからその様子が丸見えになります。子ども部屋が2階にある場合、親はリビングにいながら子どもがどんな友達を連れてきたのか確認することが可能です。
小さな子どもを抱えた親にとって、子どもの交友関係は気になるもの。素行の悪い友達とつきあっていないか、恋人はできたのかといったことを自然に知ることができるのはメリットだといえるでしょう。

また、リビングと2階がそのままつながったようになるので、天井が高くなり開放感が得られます。室内デザインの面でも、今まではできなかった広々としたリビングを実現することができるのです。

デメリットは、リビングが丸見えになり冷暖房が効きにくくなること

リビング階段のメリットは、そのままデメリットにもつながります。リビングから階段が見えているということは、階段を通る人からもリビングの様子が見えているということ。リビングが散らかっていたり、だらしない格好でくつろいでいたりすると、来客から丸見えになってしまいます。

リビングが広くなるということは、冷暖房が効きにくくなるということです。通常より大きなエアコンを設置しなければならなくなる、冷暖房費が高くなる、といったことも考えられます。

家造りの工夫によって、こうしたデメリットはある程度緩和することもできます。浴室と寝室を2階に設け、浴室から直接寝室に向かうことができるようにすれば、風呂あがりでくつろいでいても急な来客に慌てる心配はありません。冷暖房の問題も、高気密高断熱住宅にすることで家全体の温度を保ちやすくすれば解決できます。

ライフサイクルの変化を考えて採用を検討しよう

リビング階段の採用を考える方は、デザイン面よりも「子どもの交友関係を把握できる」というメリットに注目している方のほうが多い傾向にあります。しかし、リビング階段を採用しなくても、日々の生活の中できちんとコミュニケーションを取っていれば子どもにどんな友人がいるのか把握することは可能です。

子どもは時間と共に成長していくもの。20年も経てば独り立ちして家を出て行ってしまうことも十分に考えられることです。しかも、中学生や高校生ともなれば、家の外で過ごす時間も長くなるので、リビング階段だけで交友関係を把握することは難しくなるでしょう。

そうなれば、あとに残されるのは役割を終えたリビング階段だけです。リビング階段を取り入れた暮らしに納得していればいいのですが、「実はデザインはそれほど気に入っていない」というような場合には、デメリットばかりが目立つ家になってしまうかもしれません。

家は長く住み続けるものですから、ライフサイクルを考えて設計する必要があります。家を建てるときは、

「10年後、20年後にもこの家に住み続けたいかどうか」

という視線を忘れないでください。リビング階段に限らず、使い続けることを前提にして建てた家は、何年住んでいても飽きることはありません。将来を考えた家造りが理想の住まいを手に入れる鍵を握るのです。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る