転倒や急な発病を防ぐ「高齢者に配慮した浴室づくり」とは

高齢者にとって、家の中で最も危険な場所ともいえるのが「浴室」です。床が濡れていて滑りやすいのはもちろん、浴槽をまたぐときにも危険はつきもの。ほかの部屋と温度差があることから急な血圧の変化により体調を崩す原因にもなりかねません。

  • 高齢者に配慮した浴室をつくりたい
  • 高齢の家族がいるので、毎日の入浴が心配"

もし現在このような悩みを抱えているのなら、住宅建設の際は「高齢者にとって安全な浴室」をつくりたいものです。いったいどうしたらいいのでしょうか?

高齢者に配慮した浴室にするための工夫

浴室づくりで高齢者に配慮するポイントはたくさんあるので、箇条書きにしてご紹介しましょう。

  • 浴室づくりで考慮するべきポイント
    • 手すりを取り付ける(出入り口、浴槽のそば)
    • 濡れても滑りにくい床にする
    • 脱衣所との段差をなくす
    • 浴室暖房を設置して温度差を低減
    • またぎやすいよう浴槽の縁を低くする

多くの項目で共通しているのは「転倒しにくいようにする」という点でしょう。高齢者は若い人よりも手足の動きに制限があることが多いので、配慮したつくりになるようにしてください。

高齢者に不向きな浴槽は避ける

浴室といえば、浴槽選びを避けて通ることはできません。

まず、昔ながらの和風浴槽はどうでしょうか?和風浴槽とは、縦長で底が深く、手足を折りたたんで入るタイプの浴槽です。「肩まで浸かって温まることができる」ということから、このタイプを好む方も少なくありません。

しかし、和風浴槽にはデメリットもあります。万が一の際、入浴している人を家族が助け出すことが難しいのです。また、体が深くお湯に浸かることで水圧の影響を受けやすくなるため、高血圧の方にも向いていません。高齢になると何らかの持病を抱えることも考えられるので、和風浴槽を選ぶのは控えた方がいいでしょう。

続いて、近年一般的な洋風浴槽はどうでしょうか。洋風浴槽とは、和風浴槽とは対照的に横に長く底が浅いタイプの浴槽です。「浸かる」というよりは体を横たえて、寝ているような格好で入浴することになります。高さが低くなるので浴槽をまたぐのは楽になるでしょう。

和風浴槽と比べ、水圧による体への影響は小さいですが、滑りやすいのが問題です。また、浮力で体が浮いてしまうと姿勢を維持するのが困難になります。こうした理由から、力が弱い高齢者にはおすすめできません。

「和洋折衷式浴槽」が高齢者にはおすすめ

高齢者におすすめの浴槽タイプは、「和洋折衷式浴槽」です。和洋折衷式とはその名の通り、和風浴槽と洋風浴槽の中間のような形をした浴槽。縦と横の長さが近く、正方形に近いような形をしています。

完全に体を横たえることはできませんが、座った状態で無理なく足を伸ばすことは可能です。また、洋風浴槽以上の深さもあるので、体がふわふわと浮いてしまうこともないでしょう。姿勢を維持しやすく、血圧上昇も起こりにくい、まさに高齢者にうってつけの浴そうだといえるわけです。

適切な工夫と浴槽選びを行えば、高齢者にとって安全な浴室を実現することができます。家造りを考えている方はよく覚えておいてください。

高齢者に配慮した浴室をつくることで、安全・安心・健康な家を実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る