最近流行りの「アイランド型キッチン」のメリット・デメリットとは?

住宅建設を検討している方にとって、キッチンの形式に何を採用するかは大きな問題です。一般的にはまず建築予算や建物の広さを決定し、徐々に間取りの詳細を決めていくと思います。キッチンの形式を決めるのは、この間取りを決める段階です。

最近流行りのキッチンの形式といえば、なんといっても「アイランド型キッチン」でしょう。子どもの様子をうかがいながら料理ができることなどから、特に小さい子どもを抱えた家庭に人気です。

今回は、

  • 開放感のあるキッチンをつくりたい
  • キッチンに家族が集う家に憧れている

という方のために、アイランド型キッチンのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

利便性が高く、家族のコミュニケーションがはかどる

従来のキッチンは、調理する人が壁に向かう形のものが一般的でした。そのため、「調理している家族」と「リビング・ダイニングでくつろいでいる家族」はお互いに相手が何をしているのか、雰囲気を感じ取りづらい形になっていたのです。

アイランド型キッチンはこれとは対照的に、調理する家族がキッチンからダイニングに対面する形になるので、自然と家族に一体感が生まれます。自然と家族のコミュニケーションも密になり、明るい家庭を築くことにつながるでしょう。

また、調理台の高さは腰のあたりまでなので開放感があります。ダイニングとの距離も近いため配膳も楽。無駄な壁や敷居がなくなるため、見た目からしても見栄えの良い部屋になるのがメリットです。

アイランド型キッチンのデメリットは?

しかし、アイランド型キッチンにはデメリットもあります。まず、敷居や壁がないことによって、キッチンからリビングまですべての部屋に臭いが広がりやすくなります。美味しい料理の臭いであればいいのですが、焦げ臭い調理の臭いや生ごみの臭いなど、できれば嗅ぎたくない不快な臭いが広がってしまう可能性もあるでしょう。

また、開放的でリビングからもよく見えるということは、片付けておかないと来客からも散らかっているのが丸見えになってしまうということでもあります。家に人を招くことの多い家であれば、常に片付けていなければいけませんし、急な来客のときに慌てて掃除をする羽目にもなりかねません。

通常よりコストがかかり、間取りを広く取らなくてはならないのを覚悟しておこう

アイランド型キッチンを採用したいのであれば、家づくりの段階から注意しておかなければならないポイントが2つあります。

ひとつ目は、通常のキッチンに比べて価格が高めになってしまうということ。デザイン性や利便性に優れている面があるので、ある程度コストが高くなってしまうのはやむを得ないといえるでしょう。

ふたつ目は、通常よりもキッチンのスペースを広く取らなければならない、ということです。アイランド型キッチンは、前だけでなく左右からも調理場に回りこみ、使用できるようになっています。人が通るために最低限必要なスペースをとらなければならないので、その分ほかの部屋の広さを犠牲にしなくてはいけません。

アイランド型キッチンのデメリットが気にならず、これら2つの注意点をクリアできるのであれば、アイランド型キッチンはまさにあなたと家族にとってぴったりのキッチンです。家族の笑顔があふれる明るい食卓を囲むために、採用を検討してみてはいかがでしょうか?

参考:キッチンの類型

ruikei.png

名称 特徴
アイランド 左右が解放
ペニンシュラ 一方が壁
カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る