環境への負荷を最小限に抑えた「ゼロ・エネルギー住宅」とは?

地球温暖化を始めとした異常気象は、近年さらなる広がりを見せつつあります。環境の変化は人々の意識をも変えつつあり、家づくりにおいてもそれは例外ではありません。

こうした流れの中で、近年注目を集めているのが「ゼロ・エネルギー住宅」です。ゼロ・エネルギー住宅とは、家庭内での消費エネルギーがゼロになる家のこと。環境への負荷を小さく抑えられる住宅です。

今回は、

  • ゼロ・エネルギー住宅とはどんなものなのか気になる
  • 環境に配慮した家づくりがしたい

という方のために、ゼロ・エネルギー住宅について詳しく解説していきたいと思います。

ゼロ・エネルギー住宅とは、正味の消費エネルギーがゼロになる家

ゼロ・エネルギー住宅の定義をより正確に述べると「正味の消費エネルギーがゼロになる家」となります。

まず、「正味の消費エネルギー」とはなにかご説明しましょう。正味の消費エネルギーは、以下の式によって表されます。

  • 正味の消費エネルギー=生産したエネルギー − 消費したエネルギー

「生産したエネルギー」とは、家の中で新たに生み出したエネルギーのことです。太陽光発電を行なって電気エネルギーをつくりだすことなどがわかりやすいでしょう。「消費したエネルギー」はそのままの意味です。家電製品などを使って電気エネルギーを消費すれば、それがイコール「消費したエネルギー」になります。

正味の消費エネルギーとは、「家庭内で生み出したエネルギーの量と消費したエネルギーの差」です。生産量より消費量が多ければマイナスに、生産量のほうが消費量より多ければプラスになります。これを「ゼロ」にするということは「生産したエネルギーと消費したエネルギーの量を同じにする」ことが目標だといえるでしょう。

「正味の」は英語から「ネット(の)」とも呼ばれることから、ゼロ・エネルギー住宅は別名「ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)」と呼ばれることもあります。

エネルギーを生産し、消費を抑える工夫を取り入れよう

ゼロ・エネルギー住宅を実現するためには、「家庭内でエネルギーを生産すること」、そして「消費エネルギーを抑えること」が不可欠です。具体的にはどうすればいいのでしょうか?

まず、エネルギーを生産するには、そのための設備が必要です。代表的なものとしては先ほどご紹介した太陽光発電、その他には大気中の熱エネルギーを利用して発電する空気熱発電などがあります。

消費エネルギーを減らす工夫はさらに多種多様です。たとえば、家庭内で使っている家電を消費電力の少ないものにする、使用自体を控えるというのもいいでしょう。壁や窓を断熱して冷暖房効果を上げる、照明をLEDにして消費電力を抑えるといった方法もあります。

補助金をもらうのは難しいほか、構造上の制限もあるので注意

ゼロ・エネルギー住宅は、地球温暖化対策や電力のピークカットに貢献することから、「一般社団法人 環境共生イニシアチブ」から建設にあたって補助金をもらうことができます。金額は一律130万円、受付期間は平成28年9月までです。ただし、公募制のため必ずもらえるとは限らないので注意しましょう。申請する人は年々増加していますし、そのために審査も厳しくなってきています。過去に実績があり、技術に裏付けがある大手ハウスメーカーに依頼するのがいいでしょう。

また、ゼロ・エネルギー住宅にすることで、採用できなくなる設備や間取りが生まれてくる可能性もあるので注意が必要です。たとえば、建物の1階部分をガレージにした「ガレージハウス」を建てることはできません。構造上、ガレージ部分の気密性を確保できないため、十分な断熱ができず、消費エネルギーを抑えることができないからです。

さまざまな制約や注意点を抱えるゼロ・エネルギー住宅ですが、環境のために挑戦してみる価値は十分にあります。正味の消費エネルギーを抑えることは、環境への負荷を抑え、地球温暖化などの大規模な環境変化を和らげることにつながるからです。異常気象が収まれば、それは人間にとっても自然が「やさしい環境」になるということ。環境にやさしい家は、人間にとってもやさしい暮らしを実現することにつながるのです。

ゼロ・エネルギー住宅を採用すれば、環境への負荷がかからない、自然環境に配慮した暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る