売電しても利益にならない?太陽光発電の「真のメリット」とは?

「太陽光発電」は、今や珍しい設備ではなくなりました。新築時に太陽光発電システムを導入するのは当たり前の光景になり、街中のどこでも簡単に見かけることができます。

しかし、太陽光発電が身近になったということと、人々がそのメリットを理解したうえで使っているかということは別問題。案外「建設業者に進められるまま、なんとなく設置した」というご家庭が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現在住宅建設を検討中で、太陽光発電の採用を検討している方々のため、

  • 太陽光発電のメリット・デメリットが知りたい
  • 自然に配慮した家づくりがしたい

という疑問に応えたいと思います。

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電について、多くの方々がイメージするメリットは「光熱費を削減できる」、「余った電気を売ることができる」といったことだと思います。たしかにそれは事実ですが、メリットはそれだけではありません。

太陽光発電は、自然のエネルギーを利用した発電設備です。化石燃料を使う火力発電とは異なり、環境への負荷が小さいため、「地球環境のためになる」という代えがたいメリットがあります。また、災害などによって電線が切断され、電力供給が途絶えたときでも設備が無事であれば電気をつくりだすことが可能です。

続いて、デメリットについてご説明しましょう。多くの方がイメージするのは「雨やくもりのときに発電できなくなること」かと思います。たしかに天候によって発電量が変わるのは難点ですが、家庭内の電気をすべて太陽光発電で賄うわけではないので致命的なデメリットとはいえません。

「儲け」を意識して導入するのは間違い

それよりも無視できないのが、初期費用の金銭負担です。「太陽光発電を設置すれば光熱費を削減できる。売電で収入が入る」とはいっても、初期費用と比較してマイナスになってしまっては意味がないのです、

設置費用や光熱費削減の効果、売電による利益は家のある場所や設備の種類によって異なるので、一概に「太陽光発電は何年で元が取れる」ということはできません。しかし、太陽光発電による売電価格は年々減少を続けていることから、全体的な傾向として「元をとるのはだんだん難しくなってきている」のは間違いないといえるでしょう。

そのため、売電による利益や光熱費削減を目的として太陽光発電を導入するのはおすすめできません。むしろ、地球環境への負荷を抑えられることや、自然エネルギーを利用することで電力消費のピークカットに貢献することなど、「環境にやさしい」というメリットに注目したほうがいいでしょう。

あらかじめ設置を前提とした設計をしておくほうが無難

太陽光発電の問題点である「初期費用の負担」を抑えるために、「住宅建設時ではなく、建設後に設置する」という手段をとる方がいます。

「太陽光発電の設置はハウスメーカーに頼むより、工務店に依頼するほうが安い。住宅建設はハウスメーカーに、太陽光発電の設置は後で工務店に依頼すれば初期費用を安く抑えられる」

と、もっともらしい理由はありますが、この方法はあまりおすすめできません。

太陽光発電設備は、案外重量があるため、それを支える住まいにとって負担になります。建設時から太陽光発電パネルを載せることを想定したうえで住宅設計を行なっていないと、建物が破損する原因にもなりかねないからです。太陽光発電設備が文字通り住まいの「重荷」になる可能性もあります。素直に建設時に合わせて設置しておくのがいいでしょう。

地球環境の問題やエネルギー消費の問題を「他人事」として済ませられない時代は、もうすぐそこまできています。太陽光発電について考えるのをひとつの機会として、環境と自分、家族の暮らしとの関係について、もう一度よく考えてみてください。

太陽光発電システムを取り入れることで、光熱費を削減し、自然環境に配慮した暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る