環境保護と省エネに役立つ、エコ給湯器の仕組み

毎日のお風呂や、寒い時期の洗い物などに欠かせない設備といえば「給湯器」ですね。新築を考えている方にとっては、やはり外せない設備のひとつであるといえるでしょう。しかし、家を新しく建てるのであれば、単なる給湯器ではなく、「エコ給湯器」の採用を検討してみてはいかがでしょうか。

エコ給湯器とは、その名の通り環境にやさしい仕組みでお湯を沸かす給湯器です。

  • 光熱費が安くなる設備を探している
  • 新居ではエコに役立つ設備を使いたい"

といった要望を持っている方には、まさにうってつけのものだといえるでしょう。ここでは、エコ給湯器とはどのようなものなのか、どんなメリットがあるのか解説していきたいと思います。

エコ給湯器は、「ヒートポンプ技術」でお湯を沸かすもの

通常の給湯器は、電気やガスなどで熱エネルギーを作り出してお湯を沸かします。仕組みだけであれば、ガスコンロやIHクッキングヒーターにやかんを乗せてお湯をわかすのとなんら変わりません。

一方、エコ給湯器には「ヒートポンプ」と呼ばれる技術が使われています。ヒートポンプとは「低温部分から高温部分へ熱を移動させる技術」です。身近な例を挙げると、エアコンや冷蔵庫などで使われています。

エコ給湯器の具体的な仕組みをご紹介しましょう。まず、ファンを回して屋外の空気を室外機の中に集め、その熱エネルギーを「自然冷媒」と呼ばれる物質の中に取り込みます。自然冷媒は圧縮するとさらに高温になるため、機械の中で圧縮し、その熱を利用してお湯をわかすという仕組みです。

もともと利用しているのは空気中の熱エネルギー、お湯をわかすのに利用している物質も自然界に存在する自然冷媒ですから、環境にやさしい設備だといえるでしょう。

メリットとデメリットを比較して採用を検討しよう

エコ給湯器のメリットは、ざっと以下のようになります。

  • 少ないエネルギーで給湯できるため省エネに役立つ
  • 電力自由化による割引メリットを受けられる
  • ガス給湯器より資源を使わない

これだけ見るといいことずくめのようですが、当然デメリットもあるのでご紹介しましょう。

  • 低周波騒音の原因とされることがある
  • 機器が複雑になるため、故障のリスクがある

デメリットが気になる場合は、設置する前に施工業者に相談してみるといいでしょう。

ヒートポンプ技術が使われている他の設備にも注目しよう

先ほどエアコンと冷蔵庫を例にあげたように、ヒートポンプ技術が使われている設備はエコ給湯器だけではありません。エコ給湯器のことを知ったのをひとつのきっかけとして、ヒートポンプ技術が使われている他の設備にも注目してみましょう。たとえば、床暖房や洗濯機、浴室乾燥機などの一部にもヒートポンプ技術が使われています。

ヒートポンプ技術が導入されているということは、すでにご紹介したエコ給湯器同様のメリットが享受できるということです。通常の設備より環境保護や省エネに役立つ設備だといえるので、ぜひチェックしておきましょう。

エコ給湯器をはじめとするヒートポンプ技術が使われている設備を住まいに取り入れることで、自然環境に配慮した暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る