お湯を沸かすと同時に発電、家庭用燃料電池とは?

一昔前まで、給湯設備といえばボイラーや電気給湯器が使われるのが一般的でした。しかし、近年はそれに変わって家庭用燃料電池が使われることが多くなってきています。

しかし、具体的にはどのようなメリットがあるものなのか、ご存じない方も多いでしょう。家庭用燃料電池の特徴を知らないと、「ただ業者に言われるがままつけてしまった」、「どこでどう得しているのか、メリットがわからない」なんて事態に陥ることも・・・。そうならないよう、家庭用蓄電池とはなにか、どのようなメリットがあるのか学んでいきましょう。

家庭用燃料電池は、ガスからお湯と電気をつくりだす設備

家庭用燃料電池とは、都市ガスから水素を取り出して発電する設備です。一般的にガス代のほうが電気代よりも安いので、光熱費の削減にもつながります。お湯と電気、生活に必要不可欠な2つのものを同時につくりだすことができる、便利な設備だといえるでしょう。

効率よく資源とエネルギーを使用でき、また電気が寸断されても発電が可能なので、

  • 環境への負荷が少ない暮らしがしたい
  • 災害時でも生活への影響を最小限に抑えたい

といった声に応えられる設備でもあります。

経済的なメリットを予測するのは困難

一方で、家庭用燃料電池には次のようなデメリットもあります。

  • 初期費用が高い
  • 電気代は安くなるがガス代がかさむ
  • 太陽光発電と併用した場合、売電の買取価格が下がってしまう

初期費用、電気代・ガス代、売電の買取価格はそれぞれ状況により異なるので、「家庭用蓄電池を導入すれば毎月いくらお得」と一概に断言することはできません。そのため、「売電や光熱費削減で費用を回収し利益を出す」という使い方を軸に導入を検討するのは控えておいたほうがいいでしょう。

光熱費削減以外のメリットにも注目

最初にご紹介した「エネルギーの利用効率がいい」という点のように、家庭用燃料電池には光熱費削減や売電利益以外にもメリットがいくつかあります。家庭用燃料電池の採用を検討するときは、経済的なメリットばかりに注目せず、そうした別方面のメリットに注目するほうがいいでしょう。

具体的には、

  • 発電してその場で使うため、送電の過程で発生する電気のロスがない
  • 湯切れの心配がない
  • 停電時でも電気を確保できる

といったことが挙げられます。

また、経済面に目を向けた場合、

  • ガス料金の専用割引サービスを受けられる
  • 設置する際、補助金を受けられる

といったメリットがあるので、光熱費削減以外でも金銭的に得をするポイントはあるのです。

家庭用燃料電池は、エネルギーを効率よく利用した環境にやさしい仕組みです。ぜひ効果的に利用して、環境にやさしい家づくりを進めてください。

家庭用燃料電池を採用することで、CO2排出量削減と資源の有効利用に貢献し、自然環境に配慮した暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る