地震による「家具転倒」から家族を守る「免震」の概念

特集 災害に強い家

かつては、地震による被害というと「建物が倒壊して押し潰される」といった種類のものが主流でした。しかし、それは阪神大震災などが起きた当時の話。現在は、住宅の耐震性も高まり、建物の倒壊によって犠牲者が出ることは少なくなりました。

しかし、地震の脅威が全てなくなったわけではありません。建物がどれだけ強靭になったとしても、揺れが起きれば室内にある家具は転倒する危険があります。地震の際、住人が食器棚やタンスの下敷きになることもあれば、割れた窓ガラスを踏んで怪我をしてしまうこともあるでしょう。

  • 地震による家具転倒が心配
  • 建物だけでなく家財道具も地震から守りたい

今回は、このような悩みごとを抱えた方のために「地震による家具の転倒」を防ぐ方法をご紹介したいと思います。

家具転倒を防ぐには「免震」に注目しよう

地震に対する備えとして、「耐震」という概念があります。耐震は、「地震の揺れによる影響に耐える」ことが目的です。主に建物の基礎や構造を強靭にして、揺れによる影響に耐えられるようにすることで実現できます。

一方、耐震とは異なる概念に「免震」があります。免震は、「地震による揺れの影響から免れる」ことが目的です。どれだけ建物の耐震化に力を入れたとしても、室内にある家財道具やインテリアなどが地震に強くなるわけではありません。ですから「家具の転倒による被害」を防ぎたいのであれば、免震に力を入れるのが有効です。

免震装置は、地震の揺れを「受け流す」

免震の一例としては、家に免震装置を取り付けるという方法があります。免震装置とは、建物が建っている「地盤」と、建物の底面である「床」を絶縁するための装置です。免震装置を導入すると、地震による揺れが建物に伝わりにくくなるので、家具の転倒を予防する効果が期待できます。

免震装置を取り入れた家は、地震による揺れを受け流し、その影響を軽減します。いわば、地震の揺れに対して合気道や柔道で言うところの「受け身」をとっているようなものです。影響を低減させているにすぎないので、揺れを完全にシャットアウトすることはできません。しかし、大規模な被害を防ぐ効果は確実にあるといえます。

免震装置をつけると、建物の構造に制限が加えられる

免震装置を建物に取り入れる場合、注意しておかなければならないことがあります。それは、建物の構造に一定の制限が加えられてしまうということです。

まず、構造においては「木造住宅3階建て以下、高さ13m以下、軒下9m以下」のサイズに抑えなければいけません。また、2階部分が1階部分よりも外側に突き出す「オーバーハング」、部分的な地下室、ビルトインガレージなども採用できなくなってしまうのです。
さらに、免震装置を取り入れた建物は地震が起きると揺れの力を逃がすため水平方向に動きます。衝突を防ぐため、建物の周囲には60〜110cmの空間が必要です。

いくら地震の被害を防ぐためとはいえ、建物の構造に制限が加えられてしまうことには「我慢できない」という方もいるでしょう。そのため、免震装置の採用を検討しているときは、あらかじめ自分の理想とする住まいの形や間取りについて、考えをまとめておきましょう。「自分が理想とする住まいは、免震装置を取り入れたとしても実現できるかどうか」チェックしてから建設計画を決定すれば、後で後悔しなくてすみます。「免震をとるか、それとも間取りをとるか」、自分の中での優先順位を決めておくことが理想の住まいを実現するコツです。

免震の概念を住まいに取り入れれば、「災害に強い家」を実現できる

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る