大地震への確かな備えとなる「制震」の概念とは?

特集 災害に強い家

住まいの地震対策には、コストがかかります。災害に強い家を造るためには、やはりそれ相応の投資が必要。「安全はタダ」というわけにはいきません。また、免震装置のように導入すると建物の構造に制限が加えられる場合もあり、「自由に間取りを考えたい」と望んでいる方にとっては、導入がためらわれる原因にもなりうるでしょう。

そこで今回は、

  • 地震で建物が倒壊するのを防ぎたい
  • 地震に強い家にしたいが、構造に制限を加えられたくはない

という方のために、「構造への影響が少ない地震対策」について考えみたいと思います。

建物内部で揺れを抑える「制震」

地震対策には、大きく分けて3つの概念があります。ひとつは、地震の揺れに耐える「耐震」、ふたつ目は地震の揺れから免れる「免震」です。今回は3つ目の概念である「制震」をご紹介しましょう。

制震とは、「地震の揺れを軽減すること」を目的に行われる地震対策の概念です。地震の揺れに耐えられる強固な建物を造るのでもなく、揺れの影響を受けにくい構造を取り入れるのでもありません。建物内部の構造によって、揺れの影響を軽減するのです。

壁面に取り付けた制振装置が、建物の損傷を防ぐ

制震の具体例としては、建物の壁面に衝撃を吸収するダンパーなど制振装置を取り入れる、という方法があります。制振装置は建物内の構造に埋め込まれる形で設置されるため、「建物の構造制約が少ない」のが利点です。また、制振装置が真っ先に揺れの影響を受けるため、建物全体が損傷しにくくなるのもメリットのひとつ。2階建て以上の建物の場合、1階部分に制振装置を設置することで上階の揺れが軽減され、家具の転倒などを防ぐ効果も期待できます。

制震・免震・耐震を組み合わせた地震対策こそ肝心

制震は揺れを軽減するための地震対策です。そのため、基本的には揺れが大きいほど効果を発揮できます。しかし、あまりにも揺れが大きい場合、制振装置が壊れてしまい、建物を守り切ることができません。

より地震対策に万全を期すのであれば、

  • 大地震による揺れを「制振装置」が耐えられる規模に抑える
  • 「制振装置」で弱められた揺れの力に十分耐えられるよう、建物そのものを頑丈にする

といった工夫が必要です。

このとき、前者に対しては「免震」、後者に対しては「耐震」で取り組むのがいいでしょう。

まず、地震によって地面が揺れると、免震装置が働き、建物に与えられる影響が最小限に抑えられます。抑えきれずに伝わった残りの揺れは、制振装置がカバーします。免震装置、及び制振装置によってもカバーしきれなかった力は最後に建物事態を変形させようとしますが、建物が耐震の概念を取り入れた構造になっていれば、そうやすやすと変形することはありません。このように、制震・免震・耐震を組み合わせると、それぞれの要素がお互いの長所を生かし合い、優れた効果を発揮します。災害に強い家を造りたいのであれば、覚えておくといいでしょう。

制震・免震・耐震の概念を取り入れることで、「災害に強い家」を実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る