「床材の選び方」で、ワンランク上の個性を演出しよう

特集 メンテナンスが楽な家

毎日、いつも目に入ってくる部屋の床。リビングやダイニングの雰囲気にも大きな影響を持つものです。床の材質や色が違えば、部屋の雰囲気ががらりと変わるでしょう。

  • 今住んでいる家の床材が気に入らない
  • 床材で住み良い家を演出したい

このように考えるのであれば、床材はどう選べばいいのでしょうか?

色合い、硬さ、手触り、温度...さまざまな要素から床材を選ぶ

床は見栄えや雰囲気をがらりと変えるものでもありますが、そこに住まう人が直接触れるものでもあります。足だけでなく、座ったとき手に触れる質感、温度なども大切な要素です。床材の代表的な材料には、無垢・複合材フローリング、畳、タイルがあります。それぞれご説明します。

【フローリング】
大きく分けて、次の二つがあります。

『無垢材フローリング』
木からそのまま削り出し、手を加えていない木材を利用したものです。ナラ、カバ、メープルといった広葉樹、スギ、ヒノキ、マツなどの針葉樹がよく利用されます。木そのもの素材を楽しむことができます。木によって色あいや木目、柔らかさも異なります。

『複合材フローリング』
合板(何枚かの木の板を接着剤で合わせて作る板)の上に、表面に見える木を貼り付け、傷がつかないようコーティングした床を複合材フローリングと言います。価格と性能のバランスがよく、広く流通している床材です。最近はコーティング剤の性能も上がっており、耐久性に優れたものも増えています。

【畳】
昔ながらの藁とい草を使った畳と、「科学畳」と呼ばれる断熱材などを入れ込んだ軽量の畳があります。昔ながらの畳は1年に1度は上げて乾燥させるなどの手間がありますが、使っていくうちに弾力が出たり、裏が傷めば裏を使えたりと、長く使うことができます。科学畳は厚み・弾力などの点では従来の畳に大きく劣りますが、安価であること、虫がわかないこと、乾燥させる手間が不要なことなどから、多くの住宅で採用されています。

【タイル】
土足で生活しない日本ではあまり馴染みのない素材ですが、外国風の住宅が増えるにつれ、タイルを選ぶ人も増えてきました。色やデザインが豊富で、水や汚れに強いのが特徴です。素足で歩くには冷たく、部屋も温まりにくいため、生活スタイルに工夫が必要かもしれません。

部屋によってどの素材が適しているかは変わります。用途や部屋を利用する人の生活スタイルを十分に考慮し、それぞれに適切な素材を選ぶようにしましょう。

床の劣化は環境次第の部分も...メンテナンスについての確認は必須

日当たり、湿気などの部屋の環境や使い方によって、床の劣化速度はずいぶん異なります。素材によって一般的に言われる「耐久年数」がありますが、あくまでも目安に。状況によってはもっと短いサイクルでメンテナンスが必要になるかもしれないということも考えておきましょう。

メンテナンス性を考えた床材選びは、快適な住み心地を提供してくれるばかりでなく、住まいに個性を与えてくれます。たとえば、フローリングや畳や10年程度で修繕が必要になりますが、無垢材のように古ければ古いほど味が出る...といった「経年変化をあえて楽しむ素材」もあります。適切なメンテナンスをし、使い続けるほどにその家ならではの「個性」が床に現れ、より愛着が深まっていくことでしょう。

このように、先々の変化とメンテナンスの必要性を絡めて素材を選び、個性的な床を作り上げましょう。決して見栄えのよさだけではない、自分らしい住まいを実現できるはずです。

メンテナンス性を考えて材料を選ぶことで個性的な家を実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

イメージを固める

構造や設備を知る

建物を守る

自然と生きる

健康を守る