CUBIC roomy

商品紹介

インテリア

構造性能

好きがつまった家。

内部空間が隆起し、頂点をずらしたアシンメトリック(南北非対象)なフォルムは、外観に個性をプラスすると同時に、空間の広がりとロフト収納を生み出す合理的な形状。緩やかな南面の勾配には、太陽光パネルを効率的に搭載

軒樋が外壁ヘーベルの垂直ライン上に収まるようにこだわって開発された「偏芯寄棟屋根システム」。軒が出ないことですっきりとした、どこか愛嬌のある、CUBIC roomy独自のユニークな外観を印象づける

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
自由設計
工法・構造
ハイパワード制震ALC構造
施工エリア
関東、東海、関西、山陽の一部、九州北部
標準工期
お問い合わせください
主な仕様・構造・特長
シンプルだけれど、愛らしさのある外観フォルム。その中には、心地よさに包まれる勾配天井の吹き抜け空間と、使い方を自由に楽しめるロフト。自然体で、遊び心も忘れない新しいハウスデザイン、CUBIC roomy(キュービック ルーミー)。たくさんの「好き」が詰まったこの家で、家族のしあわせな時間も膨らんでいく。

家が膨らむ、しあわせが膨らむ。

2階はロフトまで緩やかにつながる、ひとつながりの大きな空間。その居心地の良さに、家族は自然と呼び寄せられる

ロフトにあがった家族の気配も、リビングのコーナーやキッチンから感じられる

フルオープンサッシで、ベランダもひとつながりの空間として活用

夜の2階リビング。ロフトからの光を間接照明として、光が勾配天井に柔らかく広がり、昼間とは違う表情を楽しめる

1階寝室は、ダウンフロアで床下げした場所にベッドを配置。ベッド脇には1畳の書斎コーナーも設置。ダウンフロアにより、コンパクトな空間でも高さとゆとりが生まれる

開放的な2階に対し、1階個室はプライベート感を大切にし、高さや仕切りで変化をつけた遊び心あふれる設計。小さな空間は、収納スペースにも、こもり感のある書斎にも使い方を自由に決めたり変えたりできる

CUBICroomy 3つの特徴

ZEH基準も効率よくクリア

2階の天井を押し上げるという発想で室内空間を縦に広げた、開放感あふれる勾配天井とロフトのある家。寄棟屋根の頂点を中央から北側へずらし、ロフトを北側に寄せることで天井の高い部分を最大限活用。コンパクトな都市型住宅に、遊び心も収納力もすべて詰まった新しい空間価値を実現する

緩やかな勾配天井による程よい空間の広がりが、2階リビングに安らぎと解放感を生み出す「ロフティルーフ」。家族が自然と集まる居心地の良いスペース

天井の高い部分のスペースを有効活用した「ルーミーロフト」。家族の思い出を大切にしまったり、こだわりの趣味の道具をディスプレイして楽しむなど、多目的に活用できる空間。梯子をあがるたびに気持ちが弾む、不思議な魅力が詰まっている

ロフトを書庫として活用した例。他に、季節ものの服や旅行鞄など普段使いしないものの一括収納や、子どもたちの秘密基地など、暮らしの幅を広げる空間

南面の緩やかな勾配の屋根面が大きいため、30坪程度のコンパクトな建物でもZEH化に必要な約5kWの太陽光パネルを搭載可能。標準装備の新断熱使用「ヘーベルシェルタードダブル断熱」との組み合わせにより、ZEH基準も効率よくクリアできる

SNS