terra craft(テラクラフト)

商品紹介

インテリア

構造性能

都市密集地のタテナガ3階
terra craft(テラクラフト)

周囲を建物に囲まれた立地でも、広さや明るさを採り入れる都市型フォルム。都市の密集地で暗くなりがちな1階も、頑丈な構造躯体の特性を活かして全面開口とすることで、光や風の通り道をつくります。

3階の壁一面に設けられた腰高の窓は、室内に外の景色と光を取り込むためのアイテム。窓の外に設置されたフラワーボックスに背の高い植栽を並べると、3階なのに庭草が茂る絵のような景色が広がります。

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
自由設計
工法・構造
重鉄システムラーメン構造
施工エリア
関東、東海、関西、山陽の一部、九州北部
標準工期
お問い合わせください
主な仕様・構造・特長
限られた敷地でも、制約の多い土地でも、広さと明るさ、何よりも楽しさをあきらめたくない。そんな家族のために、ヘーベルハウスからの新しい提案。床や天井の高さを自由に変化させてみる。高い空間と低い空間をつくり、ひとつながりにする。家の大きさは変えられなくても、空間にタテの自由があれば可能性が大きく広がる。都市を上手に暮らす知恵をつめ込んだ、高さの変化を楽しむ家「terra craft(テラクラフト)」。

空間をタテに自由にしたら

広く・明るく・楽しい空間が生まれました

頑強な構造が可能にしたオープンな1階LDK。床面を下げた土間キッチンを中心に、天井が低く落ち着きのある場所から段差で変化をつけた場所、そして伸びやかな吹抜けへと空間がタテ・ヨコにつながっていきます。

段差に腰掛ける、段差を机代わりに使う、床座でごろっと寝ころぶ。居場所によって視線を合わせたりずらしたり。生活空間のなかに段差をプラスすると、いままでになかった暮らし方を発見できます。

1階と2階をつなぐ吹抜けに、突き出るように浮かぶピットラウンジ。一段下がった床に腰を下ろすと、周囲に開かれる心地よさと、こもるような安心感を同時に味わえます。

ピットラウンジと1階リビングにゆるやかにつながるベッドルーム。無垢材の床などナチュラルな素材感を大切にました。ローベッドで空間を広く使いながら、くつろいだ時間を過ごせます。

ピットラウンジから一段上がった場所は、3階キッズルームへと続く緩衝地帯。家事コーナーや子どもの勉強コーナーなど様々な用途に使えます。

3階のキッズルーム。一部を床下げすることで、2.8mの天井高を確保しました。部屋の用途や使い方が広がり、子どもたちの遊び心を育むスペースです。

多層空間による広がりと心地よさ

都市型住宅の可能性を広げる強さと設計対応力

部分的に床を上げ下げする、吹抜けを設けるなど、細やかに床を操作することにより、ひとつの家のなかに様々な高さの居場所をつくり出す設計手法「クロスシフトプランニング」。建物自体の高さを変えることなく、タテやナナメにつながる空間の広がりや、居心地のよい居場所を生み出す、ヘーベルハウスならではのアイデアです。

限られた敷地での家づくりは、階ごとの高さ配分も大きなポイントに。1階の天井高を抑えて、2階と吹抜けでつなぐことにより1・2階の距離を近づける。車庫や水廻りが集まる1階の天井高を抑えることにより、2・3階の居住空間を広く確保するなど、空間を合理的かつ最大限に活用することができます。

周辺を建物に囲まれて採光が十分に取れない敷地環境では、上空から光を取り入れる設計手法が有効。写真例では、吹抜けにより天井高を確保し、その上部に設けたスカイライトから光を招き入れました。白い壁は光を反射させるレフ板のような効果があり、北側でも明るさが空間全体に行きわたります。

主にビルなどの大規模建築で採用され、高い安全性が認められてきたラーメン構造。ヘーベルハウスは、この信頼性の高い構造技術を住宅に取り入れ、1985年業界で初めて3階建ての工業化に成功しました。骨太・肉厚な重量鉄骨の柱と梁を独自システムで強固に接合することで生まれる構造躯体は、大地震に立ち向かう粘り強さを発揮。敷地の条件をクリアしながら、立体的に連続する空間を設計するなど自由なプランニングを叶えます。

来たるべき大地震に逞しく立ち向かい、さらに地震後も安心して住み続けられる家であるために。システムラーメン構造の1階部分に、鋼製パネルと2本のオイルダンパーを組み合わせた制震システム「サイレス」を標準搭載しました。地震時の建物の揺れ幅を小さくして躯体にかかる負荷を軽減するとともに、より損傷を蓄積しにくくなりました。

SNS