グランフリー GranFree

商品紹介

インテリア

構造性能

その空間は、のびやかで自由。 その空間は、シーンで変わる舞台のよう。

木の家の住まいの可能性が、またひとつ広がりました。
空間開放テクノロジー「Gウォール構法」により、フロア全体をひとつの大きな空間としてどこまでも開放。生活提案の幅も飛躍的に広がります。
壁で仕切らず可動家具などでエリア分けすれば、それぞれの場所が自由自在につながります。
また、10年後20年後の家族構成の変化にも容易に対応しやすくなります。
「Gウォール構法」から生まれたフリーダム大空間の家「グランフリー」。
その空間は大きくのびやかに広がり、舞台のように多彩に生活シーンに応じて変化します。

[ CREATIVE TYPE ]
シンプルさと重厚感を併せ持つ。直線が織り成す端正な顔立ち。

[ TRADITIONAL TYPE ]
歳月とともに味わいが深まる、格調高いデザイン。

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
フリープラン
工法・構造
プレミアム・モノコック構法 (枠組壁構法)
施工エリア
全国(一部地域を除く)
標準工期
お問い合わせください。
主な仕様・構造・特長
オリジナルの建築構法「Gウォール構法」を採用し、従来以上のプランの自由度と将来の可変性の高さを実現しました。
枠組壁工法の構造躯体をさらに進化させた、独自開発の高強度耐力壁「Gウォール」により、50畳を超えるような大空間も可能となります。

■特徴

空間開放テクノロジー、「Gウォール構法」を採用。
暮らし方も間仕切りも自由自在、将来への可変も容易な大空間の「暮らし継がれる家」。
外観デザインは、クリエイティブタイプとトラディショナルタイプを提案。

暮らし方も間仕切りも自由自在。

フリーダム大空間の家「グランフリー」。

通常は下がり壁のある上部を開放し、奥に続く主寝室やショップとゆるやかにつなぐことで、上からの光の広がりや視線の抜けを実現した1階のファミリーコモン。

ダイナミックな広がりが、食、くつろぎ、個を満たす、家族団らんの2階ファミリーコモン。

間仕切り壁を外すなど、将来の間取り変更も容易な趣味と実益を兼ねたショップ。

2世帯揃ってのホームパーティにも最適なキッチン。

床面を上げて独立させつつ、上部の欄間でコモンとのつながりをもたせた主寝室。

将来は2つの個室に分けられるキッズエリア。

フリーダム大空間を実現する、「Gウォール構法」のテクノロジー。

外周壁には、大空間を実現する高強度耐力壁「Gウォール」を採用。
「Gウォール構法」は、独自開発の高強度耐力壁「Gウォール」を建物の外周壁に採用し、地震に強い枠組壁工法の構造躯体をさらに進化させたオリジナル建築構法です。構造の基本となる枠組壁の枠材と面材をさらに強化し、専用に開発した特殊ネジを用いてより強固に緊結した「Gウォール」は、従来の2倍以上の強さを発揮。いままでにない大空間を実現します。

50畳でも100畳でも、ワンボックスの大空間が可能に。
「Gウォール構法」の住まいは、地震や風の力を高強度耐力壁「Gウォール」の外周壁が受けるため、室内の耐力壁を大幅に削減することができます。
室内は必要に応じて支持壁または柱を設けるだけですむため、フロア全体をひとつの大空間にすることも可能です。
しかもその広さは50畳でも100畳でも、思いのままに叶えることができます。

高強度の床梁構造により、天井までの大きな開口をつくることが可能。
「Gウォール構法」は、上階の床を支える床組みもオリジナル。
卓越した強度を誇る床根太に加えて、高強度の集成材を用いた床梁を配置します。
個の構造により、開口部の荷重を支えるために必要なマグサ(開口上部の下がり壁)をなくすことが可能。
外周部の開口は天井までのハイサッシ、内部は天井までのハイドアや欄間付きドアの設置が可能となります。

オリジナルのトラス※架構により、2階の大空間はさらに開放的に。
「Gウォール構法」による大空間を2階に設ける場合、屋根組みにトラス架構を用いれば、その広さや開放感を最大限に生かすことができます。
ダイナミックなスロープシーリングで縦への広がりをプラスする「シザーストラス」、水平な天井面がのびやかに広がる「平行弦トラス」。「
グランフリー」は、外観デザインごとに、このトラスを採用しています。
※トラスとは、三角形を単位としてその集合体で構成する高強度の構造形式のこと。
トラスを並べて、屋根を組みます。

SNS