OakleyII(オークリー2)

商品紹介

インテリア

特長

「集う」が愉しい、大人の家。
この家は、新しいふるさとになる。

やわらかな色調と端正な表情で、街並みに溶け込む気品ある佇まい。
端正な切妻屋根にゲーブルウィングをあしらい、優美さに磨きをかけた落ち着きのあるファサード。
印象的な4連窓は、四季折々の自然の情景を映します。
街並みに配慮した下屋のあるフォルムは、タイルや付柱、軒先など、繊細なトーンの差でディテールに深みや味わいを醸し出しました。

人と人が出会い、家族となり、長い人生の中でそのつながりはずっと広がっていく。
そして、人とのつながりを深める場所こそが、「家」であると三井ホームは考えます。
家族や親戚、友人たちが愉しく集い、お互いのつながりや絆を深めていく。
この家には成熟した家族の暮らしに求められる、集うことの愉しさと、将来にわたって、心地よくアクティブに過ごしていくための提案が込められています。

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
フリープラン
工法・構造
プレミアム・モノコック構法 (枠組壁構法)
施工エリア
全国(一部地域を除く)
標準工期
お問い合わせください。
主な仕様・構造・特長
【概要】
・「大人が楽しむ家」をコンセプトした住まい「Oakley(オークリー)」に「集う」「つながる」「将来に備える」という要素を加えた、住む人が「集う」ことの愉しさを感じ、将来にわたりアクティブに過ごすことのできる“暮らし継がれる家”。
・やわらかい色調と端正な表情で、街並みに溶け込む気品ある外観デザイン。
・今と将来を見据えた健康で快適な暮らしの工夫。

基本プランは持たない。

すべてが住む人のオリジナル設計なのだから。

Living → Wa Nook
多用途に使える「和ヌック」の間仕切り戸をフルオープンにすれば、さらに広々とした空間となり、大勢の集いに対応できます。
その際にはクッションを取り出したり、散らかったン日用品をしまい込んだりと、リビングクロゼットが大活躍。
急な来客にも慌てることなく、人を招くことが愉しくなります

Living → Dining
広々としたワンルームのように開放的な1階のパブリックスペース。
家具のレイアウトにより、リビングやダイニングを緩やかにゾーニングしました。
家族が思い思いの場所でくつろいでいても、つねに身近に気配を感じることができる、家族の心をつなぐ空間です。

Dining → Kitchen
ダイニングとつながるキッチンは、家族と一緒に料理ができるアイランドカウンターを採用。
誰もが気軽に利用でき、集いに最適なキッチンレイアウトです。
シンク前には大きな窓を設け、自然光で手元を明るくし、使い心地にも配慮しています。

Cozy Living(コージーリビング)
大開口の窓や吹き抜けを介して戸外とつながる、程よい広さの心地よいスペース。
友人と趣味を愉しんだり、昼寝や読書をしたり。
フロントポーチからも直接アクセスでき、愛犬にとっても最適な居場所となります。

Wa Nook(和ヌック)
イグサの香り漂うマルチスペース。
「和・ヌック」は、間仕切り戸をフルオープンにすることで、リビングとつながる開放的な空間に。
閉じれば客間やフォーマルな空間になります。

Master Bedroom(主寝室)
ベッドの間を家具で緩やかに仕切り、程よい距離感を持たせた主寝室です。
一方が就寝前に読書をしていても気にならないなど、お互いの休息のひとときに配慮しています。
また「眠り」や「目覚め」に適した、健康的な生活を支える照明計画も採用しています。

「集う」が愉しい、大人の家。

この家は、新しいふるさとになる。

家族が集い、笑顔が咲く。

最近は嫁いだ娘が孫を連れ、しばしば遊びにやってくる。
お互い母親となった今、育児のことや家事のこと、おしゃべりする時間がとっても愉しい。
けれども夫は、娘より孫に会うのが楽しみだったみたい。
家族が集う団らんは、かけがえのないひととき。
この家には、そんな素敵な空間を増やす力があるらしい。

友との集いに、心が弾む。

気心の知れた友人たちをわが家に招き、一緒に料理を作って味わうひととき。
共通の趣味の話題で盛り上がることもあれば、お互いの子供たちの近況を語り合ったり。
夫は最近覚えたレシピをみんなに教えつつ、料理の腕前を披露するのが愉しそう。
そんな心なごむ時間の積み重ねが、日々の暮らしをいきいきと彩っていく。

ふたりが集う、大人日和。

子供たちが成長したあとで、増えていくのは夫婦ふたりの時間。
大勢で集まる時間も愉しいけれど、夫婦ふたりで過ごすひとときも大事だと思う。
身近で寄り添い合いながら、あるいは気配を感じる程度に離れた場所で、伝え合うのは「今までありがとう。これからもよろしく」という感謝の気持ち。

SNS