J・アーバン

商品紹介

インテリア

構造性能

先進のデザインに、都市の住まいの未来を提示する。

光と風を感じられる空間、プライバシーや防犯性など都市住宅に求められるコンセプトを美しいデザインと共に実現した都市住宅。都市での生活に心の安らぎをもたらす新しいライフスタイルを提案します。

シャープで斬新なフォルムの中でひときわ際立つガラスマリオンのきらめき。さりげなく存在感を主張するFix小窓を用いたライトウォールのスタティックな表情。外部への開口部を小さくすることでプライバシーと防犯性を高め、都市住宅に求められるエレメントを充実させました。

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
自由設計
工法・構造
2×4工法、2×6工法、ウッドパネル工法
施工エリア
全国(一部地域を除く)
標準工期
お問い合わせください。
主な仕様・構造・特長
都市に生活する楽しさ、豊かさ、そして安心。これまでの住宅のイメージにとらわれず、それらをきわめてシンプルに、スタイリッシュに、新しい住空間として表現したのが「J・アーバン」です。限られた敷地を有効に活かす設計コンセプト、光や風や季節の色をふんだんに取り入れる工夫、プライバシーと防犯性への配慮、個性を主張するガラスマリオンやFix小窓。日本の都市型住宅に求められているものを、抜きん出たデザイン性でかなえた先進の住まいです。

内部に優美なオアシスを抱く。

空まで吹き抜けた屋外空間「プライベートパティオ」(中庭)をリビングとダイニングに面してプランニング。都市の中で光と風のあふれるプライベート空間を体感できます。

「プライベートパティオ」に面したフルオープンサッシを開け放てば、リビング・ダイニングと一体化した大空間が実現。

住まいの内側に庭があるので、プライバシーと防犯性が保たれます。

パティオとつながることで、リビング・ダイニングに陽光と開放感をもたらします。

「風が通うインナーコート」という新しい空間利用を可能にしました。

Fix小窓を用いたライトウォール(多開口耐力壁)により採光と防犯性を確保。

安心して住み続けられる住まいであるために。

超耐震構法「New Power Column」(ニューパワーコラム)
ツーバイフォーの耐震性能を30%程度(当社比)アップ※1。
<特許第4875721号>
建物四隅にコラム(柱)を配置することにより、もともと地震に強いツーバイフォー住宅の耐震性能を30%程度も高めた画期的な構法「パワーコラム」。
この原理を活かし、新たな進化を遂げたのが「ニューパワーコラム」です。住宅1階コーナー部を、鉄と木を組み合わせたハイブリッド構造で強化。建物の外観デザインには影響を与えず、これまでのツーバイフォー住宅を超える驚異的な耐震性を実現します。

※1 数値は自社基準のモデルプランでの計算に基づくものであり、建物のプランおよび地震波の種類により異なります。

独自制震技術「ニューパワーキューブ」
<特許出願中>
「ニューパワーキューブ」は、基礎と一体化した L 型の RC 壁の上部に“制震装置”(VEM ダンパー)を設置し、2 階床と緊結した構造体で、地震エネルギー(振動エネルギー)を熱エネルギーに変換することにより、建物の揺れを吸収、低減する仕組みです。揺れを最大約 25%、変形を最大約 55%低減することができるとの結果が実証されています。(※2)併せて RC 壁の内側部分は収納スペースとして活用できるという特長を持っています。

※2 数値は自社基準のモデルプランでの計算に基づくものであり、建物のプランおよび地震波の種類により異なります。

次世代外壁構法「SPW構法 —スーパーパワーウォール—」
2×4の剛構造に、さらに壁を加えることで耐震性能を30%(当社比)アップ※3。
地震に強いツーバイフォー工法の基本構造。その強さに、さらに1枚壁を加えることで、住まいの耐震性を大きく高めたのが、住友不動産の新しい地震対策テクノロジー、SPW構法(スーパーパワーウォール)」です。壁下地に使用する外壁パネルの強度により、外壁の耐震性を、30%アップさせることに成功しました。
またSPW構法は、アート感覚の美しい外壁仕上げで、建物デザインの立体感を、より引き立てる構法です。住まいに高度な耐震性と美しさを両立させたSPW構法。まさに次世代の外壁構法です。

※3 数値は自社基準のモデルプランでの計算に基づくものであり、建物のプランおよび地震波の種類により異なります。

6面体構造が強さの秘密
木造軸組工法が、建物を柱や梁といった線や点で支えるのに対し、ツーバイフォー工法の家は、床面、壁面、天井(屋根)面の6つの面で支える壁構造をしています。各面は枠組材と構造用面材が一体化したダイヤフラムと呼ばれるパネルで形成されており、それぞれの面を結合して6面体構造とすることで、地震や台風などの外力を各面に効率よく分散させることができます。荷重が一点に集中することがなく、どのような方向からの外力に対しても建物全体でバランスよく受け止めることができ、優れた耐震性を発揮することができます。

強度の高いベタ基礎構造
建物と地面をしっかりと固定し、大きな荷重を受け止めるのが基礎の役割です。基礎が十分に強固でなければ、建物やそこでの暮らしを支えることはできません。このため住友不動産では、戸建住宅としては最も強度の高いベタ基礎タイプの独自のグランド基礎を標準仕様に採用。立ち上がり幅150mm、基礎高を地盤面から430mmとするなど、住宅金融支援機構の技術基準を上回る基礎構造を実現しています。さらに、地盤面に防湿フィルムを敷いて配筋したうえ、所定の厚さのコンクリートを打設して建物基礎底盤全体を一体化。防湿コンクリートと防湿フィルムにより、地面より上がってくる湿気から土台や床を守り、住宅の耐久性を向上させています。なお3階建ては構造計算による鉄筋コンクリート造の布基礎が標準仕様になります。

※「New Power Column」「Power Cube」「SPW構法」は地域により一部オプションとなる場合がございます。また施工地域、商品、プラン等の条件により、施工できない場合がございます。

SNS