30代の住宅購入額や借入金額の平均は? |ARUHI「住宅購入に関する調査2021」 | 注文住宅展示場.com

30代の住宅購入額や借入金額の平均は? |ARUHI「住宅購入に関する調査2021」

掲載日:2021/10/11

結婚や子どもの誕生を経験するタイミングとなることが多い30代。ライフステージの変化に合わせて住宅購入を決意する人は多いでしょう。30代で住宅を購入した人は、どれだけの頭金を準備し、住宅購入金額や借入金額はどの程度に設定をしているのか調査をしました。

30代の2割弱が「頭金なし」で住宅を購入


ARUHI「住宅購入に関する調査2021」調査結果より

30代の住宅購入者と、住宅購入を予定している人に、「頭金」をどのくらい用意したか(用意しているか)調査をしたところ、「頭金なし」の人が18.5%と、約2割を占める結果に。最も多かったのは「100万円以上300万円未満」で21.6%でした。頭金なし~300万円未満の人が58%を占める一方で、「300万円以上600万円未満」「600万円以上1,000万円未満」の頭金を準備した人がそれぞれ15.4%と、高額な頭金を準備した人も少なくないことが分かりました。

親から資金援助を受けた人の金額は「100万円以上300万円未満」が最多


ARUHI「住宅購入に関する調査2021」調査結果より

用意した頭金のうち、親から資金援助を受けた金額を問うと「資金援助なし」が63.6%という結果でした。一方、資金援助を受けた人の中では「100万円以上300万円未満」が最も多く9.8%、次いで「50万円以上100万円未満」が7.6%、以下「300万円以上600万円未満」が6.8%、「600万円以上1,000万円未満」が6.1%と、高額の資金援助を受けている人も一定数見受けられました。

30代で住宅を購入した人の、住宅購入金額や借入金額は?


30代の住宅購入者の平均額と中央値

ARUHI「住宅購入に関する調査2021」調査結果より

30代で住宅を購入した人は、どのような条件で家を購入しているのでしょうか。
30代の人が購入した住宅にかかった金額は平均3,679.69万円(中央値3,500万円)。そのうち借入金額は、平均2,717.24万円(中央値3,000万円)、毎月の住宅ローン返済額は平均7万4,114円(中央値8万円)で、住宅ローンの借り入れ期間は平均32.66年(中央値35年)、完済予定期間は平均29.95年(中央値32.5年)でした。

20代の住宅購入金額が平均2,849.9万円(中央値3,000万円)。そのうち借入金額が平均2,255.88万円(中央値2,500万円)であることを考えると、住宅購入予算も借入金額もアップし、リタイアまでにはまだ余裕がある年齢のため、時間をかけて返済予定の人が多いようです。

30代で住宅を購入した人はどんな人?


30代の平均的な金額で住宅を購入した人は、どのような内訳で住宅を購入し、住宅ローンを借り入れているのでしょうか。

子どもが産まれ、住んでいた家が手狭になり「広い家でのびのびと子育てをしたい」と思ったこと、住宅ローン控除の延長があると知り「買うなら今しかない」と感じたことから住宅購入を決意。建売住宅ですが、土地代が2,200万円程度、建物1,100万円程度に加え、オプション代として500万円ほどかかっています。住宅ローンは、頭金はなしで、労働金庫の変動金利タイプを選択しました。35年ローンで、毎月返済額は10万2,000円です。お互いが働けるうちに返済してしまいたいので、30年程度での完済が目標です。(埼玉県/32歳/女性/世帯年収600~700万円)

子どもが小学生になる前に「狭いアパートから出たい」と思い、注文住宅を建てました。価格は土地代が800万円、建物代が2,650万円でした。住宅ローンは地元の銀行の当初固定金利タイプを選択。35年ローンで頭金はなし、毎月返済額は9万円ですが、繰り上げ返済をして30年程度で完済する予定です。(北海道/34歳/男性/世帯年収500~600万円)

2人目の子どもが生まれ、アパートでは手狭に感じるようになりました。小学校の入学を見据え、保育園と同じ区域の学校に通わせることを考えると今が買い時だと感じ、注文住宅を建てることに。住宅購入予算は夫婦で話し合って決定。土地代として600万円+新築費用が3,200万円かかりました。住宅ローンは勤務先の労働組合経由で10年の固定金利選択型を選ぶと金利優遇があったため、利用しました。35年ローンで、毎月返済額は11万円です。今まで支払ってきた家賃は7万円に満たなかったため月々の出費は増えましたが、持ち家になりますし、団信に加入している安心感もあり、マイホームを購入して良かったと思います。(新潟県/30歳/女性/世帯年収700~800万円)

まとめ


30代のうちに住宅を購入すれば、35年の住宅ローンを借り入れしても働いているうちに無理なく完済しやすいため「住宅購入適齢期」といえるかもしれません。いつ家を買うべきか迷っている人は、実際に購入した人の声を参考に検討してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
 調査地域:全国
 調査対象:住宅購入経験者(直近1年以内)・検討者(直近3年以内)の25~69歳の男女
 調査期間:2021年3月17日~19日
 有効回答数:800サンプル

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

執筆者:ARUHIマガジン編集部

提供元

ARUHIマガジンロゴ

~関連リンク(ARUHI住宅ローンへリンクします)~