土地探し

土地探しと建物、同時進行で情報収集を進める

土地を所有していない人が注文住宅を建てる場合は、土地探しが必要です。情報収集によって住みたい街やその相場がだいたい把握できたら、不動産会社へ物件の紹介を依頼しましょう。お願いする不動産会社は、住みたい街の駅前にある大手と古くから地元に密着している会社の2社がお勧めです。

前者はそのネームバリューで一般客からの売却依頼が数多く集まっている、後者は地元に根付いたネットワークを活かして他社には知られていない情報をつかんでいる可能性があるからです。また、ほとんどのハウスメーカーは土地探しも手伝ってくれます。建物を熟知したうえで土地を確認するので、建築依頼先候補のハウスメーカーにも依頼するという方法も有効でしょう。どの会社も当サイトの「土地探しの目の付けどころ」ワークシートの項目に沿った理想の条件を伝えれば、細かい要望でもスムーズに理解してもらえるでしょう。

土地探しの目のつけどころはここだ!「ワークシート」プレゼント(無料)

ただし、すべてが完璧な土地は皆無といっても過言ではありません。そのことは担当者と話をしたり、現地を見学すれば分かってくるはずなので、そのたびに優先順位を整理していくことが重要です。また、最近はメールのやり取りだけで物件を絞り込もうとする人が増えていますが、最初はできる限り担当者と対面することをお勧めします。

当然ながら担当者も人間。対面することで「この人のために物件を探そう」という気になってもらえる可能性がアップします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6


自分に合ったハウスメーカーはどうやって探すの?そんな疑問を持った方はまずはこちらをご覧ください。
ハウスメーカーの基礎知識
契約者が選んだ5つのポイント
いろんな建て方ができる注文住宅。建て方によって異なる特徴を確認しましょう。
平屋建て
二世帯住宅
三階建て
家には様々な工法があります。それぞれの特徴をきちんと理解することで、あなたに合った建て方を選びましょう。
木造軸組工法
ツーバイフォー工法
プレハブ工法
これからの家づくりには環境も考えたいものです。次世代住宅と言われる住まいについて詳しく知りましょう。
スマートハウス クイズに挑戦!
スマートハウス 概要と特長
暮らしのメリット
マイホームを建てるには、しっかりとした資金計画を立てたいものです。ゆとりあるローン返済計画をできるようにシミュレーションしてみましょう。
返済額シミュレーター
借入可能額シミュレーター
賃貸との損益比較シミュレーター
住宅購入に大きく関わる消費税増税。金額が上がるタイミングなどのポイントを確認しましょう。
消費税率アップ!これからの住宅購入はこう変わる!
ここが重要!ハウスメーカーと契約までの流れ
イエノミカタ