プレハブ工法

工場生産された部材を用いて建てる工法です。木質や鉄骨、鉄筋コンクリートなど複数の建て方があります。
▼木質系プレハブ:工場生産された木質パネルを用いて建てる工法です。
▼鉄骨系プレハブ:工場生産された鉄骨のフレームを用いて建てる工法です。
▼コンクリート系プレハブ:工場で養生した、鉄筋入りのコンクリートパネルを用いて建てる工法です。

■木質系プレハブ

木質系プレハブとは、壁・床といった建物の構造体を、木質パネルで組み立てるものをいいます。
工場で規格化された木質パネルを生産し、それを施工現場で組み立てるものであり、プレハブ工法のひとつに含まれます。
尚、生産された木質パネルの中には断熱材が入っています。

木質系プレハブは壁式工法の一種であり、面で躯体を構成するという枠組壁工法です。
木質パネル同士を接着材や釘によって強固に接合し、壁・床・屋根面からなる6面体は、外力が建物の“面”全体に分散してバランス良く受け止めることで高い強度を実現します。
また、プレハブ工法であるため、工場生産された部材は均一で品質が高く、現場施工の工法と比べ工期が短いのが特徴です。

■鉄骨系プレハブ

鉄骨系プレハブとは、工場生産された鉄骨を用い組み立てる工法のことです。
その中でも主なものがブレース構造と呼ばれる、柱・梁・ブレース(筋交い)を用いた、鉄骨軸組であり、いわば木造軸組工法を鉄骨に置き換えたものといえます。
他にはラーメン構造と呼ばれる、柱と梁を剛接合し固定したブレースを必要としないものもあります。

鉄骨系プレハブには、主に軽量鉄骨が用いられますが、現在では用途(併用住宅など)や階数(3階建て以上)によって重量鉄骨を用いる場合があります。
尚、重量鉄骨は、一般にはビルやマンションなどで使われるものです。
他のプレハブ工法と同様、工場生産された部材を使用しているので安定した品質と精度があります。

■コンクリート系プレハブ

コンクリートパネル工法とは、工場で成型された鉄筋入りのプレキャストコンクリートパネル(PCa板)を、施工現場で接合しながら組み立てていくもので、「プレキャストコンクリートパネル工法(PCa工法)」とも呼ばれています。
工場生産されたPCa板により、壁・床・屋根を組み立てて6面体の箱を構成する壁式工法で、プレハブ工法の一つです。

これに対し、施工現場で鉄筋を組み、型枠をはめ、コンクリートを流し込むものを現場打ち工法をいいます。
工場生産されたPCa板は天候に左右されないため、安定した品質と精度を保つことができます。
また、耐震性、耐久性、耐火性、遮音性などに優れた工法です。

家には様々な工法があります。他の工法も確認してみましょう!
カタログ請求はこちら

自分に合ったハウスメーカーはどうやって探すの?そんな疑問を持った方はまずはこちらをご覧ください。
ハウスメーカーの基礎知識
契約者が選んだ5つのポイント
いろんな建て方ができる注文住宅。建て方によって異なる特徴を確認しましょう。
平屋建て
二世帯住宅
三階建て
家には様々な工法があります。それぞれの特徴をきちんと理解することで、あなたに合った建て方を選びましょう。
木造軸組工法
ツーバイフォー工法
プレハブ工法
これからの家づくりには環境も考えたいものです。次世代住宅と言われる住まいについて詳しく知りましょう。
スマートハウス クイズに挑戦!
スマートハウス 概要と特長
暮らしのメリット
マイホームを建てるには、しっかりとした資金計画を立てたいものです。ゆとりあるローン返済計画をできるようにシミュレーションしてみましょう。
返済額シミュレーター
借入可能額シミュレーター
賃貸との損益比較シミュレーター