住宅で使われる「窓ガラスの種類と特徴」

家の中にいながら外を眺めることができる「窓ガラス」は、我々の住まいに彩りを与えてくれる大切なアイテムです。新しい住まいを建てるのなら、窓ガラスも頑丈で優れた機能を持った種類を選びたいところ。住宅に使われる窓ガラスには、いったいどのような種類があるのか見ていきましょう。

窓ガラスに求められる機能は、強度・防音・防犯

窓ガラスは文字通り、ガラスでできています。素材の関係上、一般的に強度はあまりありません。少しものがぶつかっただけで簡単に割れてしまうこともあります。

・台風や竜巻で飛ばされたものがあたって、窓ガラスが割れてしまった
・窓ガラスが薄すぎて、近所の騒音が丸聞こえになってしまう
・空き巣などが窓ガラスを割って侵入してこないか心配

こういった悩みを抱えている方も多いでしょう。

言い換えると、窓ガラスにはしっかりとした「強度」と、音の出入りを遮断する「防音」、犯罪を防ぐ「防犯」といった機能が備わっているのが好ましいということになります。

窓ガラスに役割を求めるなら「機能ガラス」を選ぼう

実は、一言で「窓ガラス」といっても、実際に住宅に使われている窓ガラスの素材は「一般ガラス」と「機能ガラス」に分けることができます。

一般ガラスとは、皆さんがイメージしているような「普通の窓ガラス」のことです。透明なガラスを平面に引き伸ばしただけのフロートガラスが最も一般的でしょう。ほかにも、割れたときの飛散防止に金属の網が封入された封入板ガラス、ガラスの表面に模様をつけた型板ガラス、不透明なためお風呂場などに使われるすり板ガラスなどがあります。

一般ガラスは、一部に加工が施してあるものの、あくまでも普通のガラスを使っているものです。先ほど挙げた、強度・防音・防犯といった機能については、あまり期待することはできません。

一方、機能ガラスと呼ばれる種類は、製造段階から特定の機能をもたせることを目的に造られたガラスです。たとえば、高圧・急冷処理によって造られる強化ガラスは熱や風に強く、割れても飛び散りにくいため破片でけがをするリスクが少なくなるという利点があります。2枚のガラスをフィルムで挟んで造る合わせガラスは、封入されるフィルムによってさまざまな機能を添加させることができます。振動を遮断するフィルムを封入すれば防音効果を、割れにくいフィルムを封入すれば防犯効果を持たせることが可能です。

夏涼しく、冬暖かい暮らしを実現する「Low-E複層ガラス」

最後に、近年多くの住宅メーカーで用いられている「Low-E複層ガラス」をご紹介しましょう。Low-E複層ガラスとは、特殊な金属膜によってコーティングされたガラスのことです。断熱・遮熱効果に優れており、冷暖房効率を高めてくれるという特徴があります。

実は、窓は屋内の中で「最も熱が出入りしているところ」です。夏の暑い時期には、屋外から流入してくる熱の7割が、窓を経由して入ってくるといわれています。逆に、冬の寒い時期には、屋内でつくられた熱の6割が、窓ガラスを経由して屋外に出ていってしまうのです。

Low-E複層ガラスは、夏には遮熱の効果を発揮します。太陽の暑い日差しを和らげ、室内の冷房がつくり出した冷気を外に逃がしません。一方、冬には断熱の効果を発揮します。窓からは太陽の暖かい日差しを取り入れ、暖房器具が生み出す暖かい空気を室内に留めておくのです。

このように、現代の窓ガラスは進化を続けており、さまざまな役割を果たすことができます。住まいの窓ガラスを選ぶときには、自分がどのような暮らし方をしたいのか、という視点から考えてみてください。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他