十数年後にも美しい壁の家で暮すために...外壁選びで重視すべきことは?

特集 メンテナンスが楽な家

外壁の色やデザインで、家の印象がずいぶん変わります。色や材質には特にこだわらず外壁を決めてしまうと、後で後悔することになるかもしれません。

加えて、外壁は家の中を守るものであり、外気にあたり続けるもの。劣化することも考えておきましょう。外壁の状態が変わってくると、家全体の印象もずいぶん変わってしまいます。こだわった外壁にしたつもりが、建築してほんの数年でなんだか古臭く見える...そんな悩みを持つことになってしまわないよう、外壁は素材から慎重に選びたいものです。

  • 今住んでいる家の外壁のデザインが気に入らない
  • 外壁で家の個性を演出したい

こういった思いを持つ方が満足できるよう、外壁の素材や選び方についてご案内したいと思います。

さまざまな色や材質を選ぶことができる人気の素材

最近よく選ばれる代表的な材料に、サイディング・モルタル・レンガなどがあります。それぞれ特徴が異なるため、メリット・デメリットを踏まえて選択することが重要です。

【サイディング】
ボード状になっている外壁材で、窯業(ようぎょう)系、金属系、木質系があります。窯業系ならレンガ風の壁も可能ですし、金属系なら凹凸の少ない現代的な外観、木質系なら天然木の風合いを生かした外観にできます。工場で作られたボードを壁に貼り付けるだけなので、どの系統でも比較的安価で工事も簡単です。非常に種類が多いので、好みのものも見つけやすいでしょう。

【モルタル】
砂・セメント・水を混ぜ合わせて作るモルタルと呼ばれる素材を壁に塗り付け、乾燥させた後、塗料を吹き付けて自然な模様に仕上げるものです。模様にはジョリパット、吹きつけタイル、リシン、スタッコなどがあります。どれも凸凹のある模様になりますが、凸凹が大きいものほどたくさんの塗料を利用するため、価格が高めになります。

【タイル(レンガタイル)】
タイルに憧れる方は多いと思いますが、残念ながら日本では建築基準法によりレンガで壁そのものを作ることはできません。しかし、タイルとして貼り付けるように利用することは可能です。土や石を粉砕して作られるタイルは自然な色彩や質感があり、耐久性にも優れています。ただし、重量があるため、工事は丁寧に進める必要があり、他の外壁材よりも時間と費用がかかります。

それぞれに細かな種類がありますので、色や質感など好みのものを選びましょう。写真では実際の色を再現できていない場合もありますので、必ずサンプルを手に取り、確認するようにしてください。色は街並みに溶け込むような自然なものがおすすめです。

数十年後の状態は?メンテナンスについても確認を

外壁材選びでは、どうメンテナンスが必要になるかということの考慮も重要です。先に触れたように、外壁はずっと外気にあたるものですから、家のある地域の気候によっては短いサイクルでメンテナンスや修繕が必要になります。

サイディングはさまざまなデザイン・質感があり、選択肢の幅が広く安価ですが、10年前後でボードとボードの間の「目地」などが劣化してきます。ボードそのものが傷まなくとも、修繕が必要になります。モルタルやタイルは材料費や工事費が割高にはなりますが、基本的にはメンテナンスフリーです。とはいえ、環境によって劣化し、修繕が必要になります。石やセメントをベースとした重みがある素材は地震などの影響も受けやすいことを覚えておきましょう。

外壁は面積が広いため、メンテナンスや修繕となるとなかなかに大規模なものとなります。その点を考え、アフターケア・定期点検の充実している施工業者を選ぶことも重要ですね。家を建ててから10年、20年後のこともしっかり考え、個性的、かつ、メンテナンスにも手がかからない外壁を選択しましょう。

外壁材の選び方で、「メンテナンスが楽な家」を手に入れることができる

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他