便利?快適?タンクレストイレってどんなもの?

家の中でも毎日必ず使う場所は、快適さを意識したつくりにしたいものです。「トイレ」はその代表的な例でしょう。

  • トイレを広々とした空間にしたい
  • トイレ掃除の手間がかからないようにしたい

現在住宅建設を検討中の方の中にも、こうした悩みを抱えている方がいると思います。

近年、注目を集めているトイレの形式として、「タンクレストイレ」というものがあります。タンクレストイレとは、トイレに座ったとき、背中の後ろに当たる部分にあるタンクがついていないもののことをいいます。デザインはすっきりしているのですが、今までのタンクとは違うところもあるものです。

タンクレストイレとはいったいどのようなものなのか、皆さんにご紹介しましょう。

空間に余裕が生まれ、トイレ掃除が楽になる

まずは、タンクレストイレのメリットとデメリットをご紹介しましょう。わかりやすいメリットは、なんといってもタンク部分がいらなくなることでトイレが広くなることです。空いたスペースの分、トイレ内に収納を設置したり、手すりをつけたりといった試みを取り入れることができるようになるでしょう。

もうひとつのメリットは、トイレ掃除が楽になるということです。トイレのタンクは案外形がいびつなため、掃除しようとするとなかなかの手間です。また、タンクそのものの大きさによって、便座の裏にも手が届きにくく、掃除が面倒になる原因のひとつでした。タンクレストイレであれば、そういった心配とは無縁です。邪魔なタンクはありませんので、トイレの裏側も綺麗に掃除できます。

別途手洗いが必要になり、停電時に困る

続いて、タンクレストイレのデメリットをご紹介しましょう。トイレのタンクは、手洗いを兼ねている場合があります。そのため、タンクを排除してしまうことで別に手洗いを設置しなくてはならなくなる場合も。そうなると、タンクがある場合よりもかえって余計なスペースを費やしてしまうこともあるでしょう。

また、タンクレストイレの場合、停電時に問題が生じることがあります。通常のトイレはタンクに溜まった水を自然の重さで流すだけなので、停電が起こってもまったく問題はありませんでした。しかし、タンクレストイレは水を流すのに電気を使います。そのため、停電が起こるとトイレ自体が使用不能に陥ってしまうのです。

考え方次第でデメリットは解決できる

タンクレストイレを設置するときは、これらのデメリットに対して事前に配慮しておきましょう。まず、「手洗いを設置する必要がある」という点に関してですが、逆に「好きなデザインの洗面台を選ぶことができる」とポジティブに考えてみてはいかがでしょうか。結局、トイレの形式にかかわらず手洗いは必ず必要になります。それなら、無機質で決して使いやすいとはいえないトイレのタンクよりも、好きな洗面台を選んで設置したほうが住まいの快適度もアップします。

「停電したときに使えない」というデメリットに対しては、住まい全体をスマートハウスにするという対策があります。スマートハウスとは、家電や設備を自動的に制御するシステムを備えた住まいのこと、設備のひとつとして「家庭用蓄電池」を備えています。家庭用蓄電池は、停電などの非常時に家庭用の電源として使用することが可能です。そのため、もしタンクレストイレを採用していて停電になったとしても、スマートハウスであれば問題なくトイレを流すことができます。

タンクレストイレにはたしかにデメリットがありますが、それらは考え方次第で対処可能なものばかりです。タンクレストイレのメリットとデメリットを正しく理解し、家づくりの中に組み込んでみてください。

タンクレストイレのメリットを活かせる家づくりをすることで、快適な暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他