家が原因で病気に?アレルギー・シックハウス症候群に備える対策とは?

これから家づくりを考えている人にとって、「建物が原因で起こる健康被害」はぜひとも注意しておいてほしいポイントです。建物が原因とはいっても、気をつけるべきは階段で転んだり、廊下で滑ったりすることばかりではありません。目に見えないところで知らないうちに自分や家族の健康が害されていることもあるからです。

そうした、建物による「目に見えない健康被害」の代表格ともいえるのが「アレルギー」です。

今回は、

  • 子どもにアレルギーがあり、新居で悪化しないか心配
  • シックハウス症候群を未然に防ぎたい

という方のために、アレルギーが起こらない家を建てるにはどうすればいいか考えてみましょう。

アレルギーとシックハウス症候群の違い

アレルギー、そしてそれとよく似た健康被害として「シックハウス症候群」というものがあります。両者はどのように違うのでしょうか?

アレルギーは特定の物質に対して人体の免疫機能が過剰反応してしまうことをいいます。主な症状としてはじんましんや喘息などが有名でしょう。一方、シックハウス症候群とは「新築の建物内で起こるさまざまな健康被害」の総称です。原因を「特定の物質」に限らないというところがアレルギーとの違いです。新築の建物が原因でアレルギーが生じれば、その症状は「シックハウス症候群」という健康被害のなかに含まれることになります。

原因は、ハウスダストと有害化学物質

アレルギーやシックハウス症候群は、どのようにして防いだらいいのでしょうか?両者に共通する原因とされているのが「ハウスダスト」です。ハウスダストとは、「人間の髪の毛や皮膚と、ダニなどが混ざったホコリ」のこと。ハウスダストが体内に吸い込まれると、さまざまなアレルギー症状を引き起こすのです。

シックハウス症候群の場合は、これに加えて建物内に使われる化学物質が原因になることもあるので注意しましょう。家の内部で使われている接着剤や塗装材などの材料には、人体に有害な化学物質が含まれている場合があります。新築ともなれば、接着剤や塗装材は塗りたてですから、通常よりも多くの量が空気中に飛散してしまっているでしょう。

対策は、換気と安全な建材を使用すること

では、アレルギーやシックハウス症候群を予防するにはどうしたらいいのでしょうか?対策としては、主に2つの方法が考えられます。

ひとつ目は、室内の換気を徹底することです。先ほど、アレルギーやシックハウス症候群の原因は、空気中を漂うハウスダストと有害化学物質だとご説明しました。これらの物質が室内のとどまってしまうのは、換気が不十分だからです。その証拠に、アレルギーとシックハウス症候群の症例は住宅の高気密化が進むに連れて増加してきた、といわれています。

通常の住宅であれば、新築から間もないころは1日に数回、窓を開けての換気をこまめに行うといいでしょう。高気密高断熱住宅を建てる場合は、設置するであろう24時間換気システムを止めないようにしてください。「音がうるさい」、「乾燥する」といった理由で睡眠中は止めてしまう方がいますが、家族の健康を守るためには絶対に避けるようにしましょう。

ふたつ目の方法とは、有害な化学物質を含まない建材を使用することです。厚生労働省は、シックハウスの原因物質に関する基準を示しており、基準を満たした建材は「F☆☆☆☆(フォースター)建材」と呼ばれています。家づくりを進めるときは、フォースター建材を使用することができるかどうかチェックするといいでしょう。

ただし、フォースター建材は単に「基準を満たしている」ということを保証しているに過ぎません。有害な化学物質を「まったく放出しない」というわけではないので油断は禁物です。フォースター建材を使用しつつ換気に気をつけるか、もしくは原因物質をまったく含まない建材を使っている業者を探す、といった対策が考えられます。

アレルギーやシックハウス症候群への備えを万全にして、家づくりを進めていきましょう。

十分な換気計画を立て、アレルギー・シックハウスの原因物質を含まない安全な建材を使用することで、健康な暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他