住宅に使われる外壁材の種類と、選び方のポイント

特集 災害に強い家

新築住宅を建てるときは、家の中身ばかりではなく「見てくれ」にも気を配る必要があります。

・今住んでいる家の見栄えに納得がいかないので、外観を良くしたい
・家の外壁が色あせたり、ヒビ割れたりしているのを見つけた

現在、住まいの外観にこんなお悩みを抱えている方はいないでしょうか?住まいの外観を決定づける大きな要因のひとつが、外壁材選びです。住まいの外壁材にはどのような種類があるのか、それぞれどのような特徴を持っているのか比較していきましょう。

人気の外壁材はサイディング、自然素材も注目を集めている

住宅の外壁材として最もよく使われているのが、サイディングです。サイディングとは、工場生産された外壁用の板のこと。使われている原料から、窒業系・金属系・セラミック系・樹脂系・木質系・・・など、多様な種類に分かれています。
例として、窒業系サイディングの特徴をご紹介しましょう。窒業系サイディングとは、繊維質とセメントを混ぜあわせて作る板です。デザインのバリエーションが多く安価なため、実に住宅用外壁材の7割を窒業系サイディングが占めているといわれています。

サイディングのほかにも、漆喰やモルタル、タイルなどが外壁材としてよく使われる素材です。漆喰は、消石灰や植物繊維から作られる日本の伝統的な素材。調湿機能を備えており、カビが発生しないのがメリットです。モルタルは、セメント・混和剤・水を混ぜ、練り合わせて作ります。仕上げ方によってまったく異なった見栄えになるのが特徴です。土や石を焼き固めて作るタイルは、耐久性と強度に優れています。メンテナンスの手間がかからないことからも注目されている素材です。

最近のイチオシはALCパネル

数ある外壁材の中で、特に注目の材料をご紹介しましょう。イチオシは、なんといってもALCパネルです。「ALC」とは、Autoclaved Lightweight Concrete(オートクレーブ養生した軽量気泡コンクリート)の略称。簡単に説明すると、「小さな気泡をたくさん含んだコンクリートの板」のことです。

ALCパネルには、以下のようにさまざまなメリットがあります。

・自然素材が原料なので体に優しい
・容積の8割が気泡なので軽くて丈夫
・断熱性・耐火性に優れる

このように、外壁材に必要とされる要素を全て備えています。耐久性に富んでいるため、長い期間にわたって新築当時の美しい見た目を維持してくれるでしょう。

外壁を他の要素と組み合わせて、理想の暮らしを実現する

ALCパネルが持つ利点をさらに活かすには、家造りの中に外壁材が持つメリットをうまく取り入れることが重要です。

たとえば、「災害に強い家を造りたいから、外壁には丈夫なALCパネルを使いたい」と考えたとしましょう。しかし、いくら外壁が丈夫でも建物の構造が災害に強くなければ住宅は骨組みから壊れてしまいます。地震や火災に強い「対災害構法」を住まいに採用し、その上でALCパネルを使えば、内外ともに頑丈な「災害に強い家」を実現することができます。

また、ALCパネルの「断熱性に優れる」という利点に注目し、これを活かす方法を考えることも可能です。たとえば、床暖房システムとALCパネルを組み合わせれば、床暖房で生み出した熱を外部に逃さない「エコな家」を実現することができます。

このように、外壁材を選ぶときは、単に見栄えの良さや性能だけで選んでいては十分とはいえません。自分がどんな家を造りたいか、どんな暮らしをしたいかといった視点から素材を選び、「他の要素と組み合わてメリットを最大限引き出す」ことが大切なのです。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他