「新居に和室を造るべきかどうか」について考える

住宅デザインの中で、最も大雑把なくくりは「洋風か和風か」ではないでしょうか。近年は住宅の外観デザインに洋風のものが増えてきたこともあり、和室を採用せず、洋室ばかりの家づくりをする方が増えています。しかし、昔同様、和室に憧れを持つ方も少なくはありません。

・家に和室がなく、和室にあこがれている
・現在家に和室があり洋室に憧れているが、完全になくしてしまうのもためらわれる

といった声が多いこともまた明確な事実です。

「新居を建てるとき、限られたスペースの中に和室を造るかどうか」

今回はこの問題をテーマに考えてみましょう。

和室にはメリットが多い反面、デメリットも少なくない

和室には、洋室にはない独特の良さがあります。

  • 椅子やソファーに座らず、床に直接横になってくつろげる
  • 畳の柔らかい感触が心地いい
  • 障子や木の柱など、「和の趣」を感じることができる

しかし一方で、次のようなデメリットもあります。

  • 洋風の家具が使えない
  • 室内のデザインが統一できない
  • 畳や障子の張り替えなどメンテナンスが面倒

そのため、「メリットを考えると採用を検討したいが、デメリットを考えるとためらわれる」というふうに、頭を悩ませている方が多いのです。

洋風建築にうまく溶けこむ「和モダン」

本格的な和室そのものを導入するのがためらわれる方は、「和モダン」の部屋を作ることを考えてみてはいかがでしょうか。和モダンとは「近代的な洋風スタイルの中に、和室の良さを取り入れたデザイン」のことです。

たとえば、和室の窓を例にとって和モダンをご説明しましょう。伝統的な和室であれば、窓には当然障子を取り付けることになるはずです。しかし、窓辺の障子は結露などで濡れてしまいやすく、毎年の張り替えにも手間がかかります。しかし、和モダンのデザインであれば障子ではなくすだれなど、掃除が簡単にできる和風のスクリーンを代わりに導入します。

また、和室といえば畳ですが、今までは和室の問題点のひとつとして、「畳によって部屋の形や大きさが制限されてしまい、ほかの洋室と間取りがうまく合わない」という点がありました。

和モダンの部屋の場合、通常の畳に変えて琉球畳を採用するケースが増えています。琉球畳は通常のものと異なり正方形なので、間取りの自由度も高く、ほかの洋室と雰囲気がよくマッチする部屋を実現できるでしょう。このように、和モダンのデザインを用いれば見た目上和のスタイルを崩すことなく、利便性の高い住まいを実現することができるのです。

和室で過ごすと、家族同士の距離が近づきコミュニケーションが深まる

和モダンという新しいデザインを取り入れてまで、多くの方が和室にこだわるのには理由があります。それは、和室に「家族とふれあう場」としての役割が期待されているからです。

洋室ではソファーや椅子、テーブルなど、どうしても家具の数が多くなってしまいがちなもの。世代の異なる人々が一度に集まって過ごす場としては、決して自由度が高いとはいえません。

一方、和室の場合、「子どもたちは畳の上で遊び、親や祖父母は座卓を囲みながらその様子を暖かく見守る」といった光景も容易に作り出すことができます。冬になれば、みんなでこたつを囲んで楽しく食事、といったふれあいも生まれることでしょう。

和室には家族同士の「顔」を近づけ、コミュニケーションを円滑にする効果があります。家族がふれあう家を造りたいと望んでいる方は、ぜひ採用を検討してみてください。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他