ベランダ・バルコニーを活用して便利に暮らす方法

ベランダやバルコニーは、もうどの家にもついていて珍しくない設備です。一般的な住宅設備として定着してきたからこそ、「個性を出したい」と考えている方も多いことでしょう。

・ベランダに洗濯物を干して家事を楽にしたい
・天気のいい日にくつろげるバルコニーがほしい

このように、ベランダやバルコニーは住む人の要望に合わせてさまざまな用途で利用することが可能です。今回は、ベランダとバルコニーの便利な活用法を学んでいきましょう。

実用性ならベランダ、屋外を楽しむならバルコニー

まずは、ベランダとバルコニーについて簡単にご説明したいと思います。ベランダとバルコニーはどちらも、2階以上の部分で建物の壁から外側に飛び出すように造られている構造物です。屋根のついているものをベランダ、屋根が付いていないもののことをバルコニーと呼びます。

ベランダ・バルコニーをつけるときは、「なんのために使うのか」あらかじめ用途を明らかにしておきましょう。たとえば、洗濯物を干すために使いたいのであれば、屋根のついているベランダのほうがオススメです。雨がふりだしたときなどに慌てて洗濯物を回収する必要はありません。一方、いわば部屋の延長として、天気のいい日にくつろぐために使いたいのであれば、バルコニーを設置するのもいいでしょう。屋根がない分、心地よい日差しや風が周囲を包んでくれるので、屋内にいるときとは違った感覚を味わうことができます。

通風用の窓やオーニングがあるとさらに便利な空間に

ベランダ・バルコニーを使うときに問題となるようなことはないのでしょうか。たとえば、よくあるのは温度と日差しの問題です。ベランダとバルコニーは外の日差しに直接さらされるため、屋内よりも暑くなりがちです。洗濯物を干すために使うのならいいのですが、快適に過ごす目的で利用するのなら、温度調整と日差しを防ぐ方法を考えておかなければなりません。

まず、温度調整ですが、通風用の窓を設けるのがいいでしょう。仮に洗濯物を干すために使うにしても、窓がついていたほうが風通しが良くなり、早く乾く効果が期待できます。

日差しを防ぐには、オーニング(ひさし)を設置すると便利です。使わないときは収納しておくこともできるので、状況に応じて使い分けることができます。

インナーバルコニーならプライバシーを確保できる

ベランダとバルコニーに共通するのは、プライバシーの問題があるということです。なにしろ、建物のなかから突き出すような格好になってしまうので、外から様子が見えてしまいます。どんな洗濯物を干しているのかといったことや、だらしない格好でくつろいでいる姿などが、意図せず他人に見られてしまうこともあるでしょう。

プライバシーの問題が気になる方には、インナーバルコニーがオススメです。インナーバルコニーとは、室内の一部がまるでバルコニーになったような設備のことをいいます。通常のバルコニーは屋外に向かって「突き出す」形ですが、インナーバルコニーは逆に屋外に向かって、引っ込むような形をしています。たとえば、室内の中で窓に接する面をガラス張りにし、場合によっては天窓を設けます。インナーバルコニーは窓とガラスに囲まれているため、屋内にいながら開放的な空間を実現できます。しかも、突き出す形になっていないため、なかの様子も外から見えにくくなりプライバシーを十分確保することができます。

プライバシーの問題が気になる方は、インナーバルコニーという選択肢をぜひとも覚えておいてください。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他