アイランド型キッチンの欠点を克服した「ペニンシュラキッチン」とは?

住宅建設を検討している方にとって、キッチンの形式に何を採用するかは大きな問題です。一般的にはまず建築予算や建物の広さを決定し、徐々に間取りの詳細を決めていくと思います。キッチンの形式を決めるのは、この間取りを決める段階です。

近年は、LDK一体型の間取りが流行していることから、新築住宅でも対面型キッチンを採用する家庭が増えてきました。対面型キッチンというと多くの方はアイランド型キッチンを思い浮かべるかもしれませんが、それと似た形式のものとして「ペニンシュラキッチン」というものがあるのをご存知でしょうか?

今回は、

  • 料理しているときも家族の様子を見守りたい
  • キッチンには見せる収納を設置したい

という方のために、ペニンシュラキッチンのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

家族のコミュニケーションを円滑にし、キッチンの見栄えも良くなる

ペニンシュラとは、英語で「半島」のこと。アイランド型キッチンがその名の通り、周りから離れた「島」のような形をしているのと同じように、ペニンシュラキッチンは左右どちらかの面が壁についた「半島」のような形をしています。

ペニンシュラキッチンのメリットは、アイランド型キッチンと似通っています。対面型であることから家族の気配を感じやすく、コミュニケーションが深まります。ダイニングとの距離が近く、どの方向からでも調理場に手が届くので調理から配膳までをスムーズに行うことが可能です。調理器具やお皿をキレイに陳列しておけば、「見せる収納」としてインテリアのような役割を果たすこともできるでしょう。

キッチンの臭いと散らかり具合がまるわかりになるデメリットも

ペニンシュラキッチンはデメリットについてもアイランド型キッチンと共通する部分が多く見られます。キッチンがリビングに対してオープンな形になるため、臭いが広がるのを防ぐことはできません。また、「見せる収納」であるということは、整理しておかないと散らかっているのも「丸見え」になってしまうということです。「この家のキッチンは汚いのね」などと来客に思われたくない方は、整理整頓を頻繁に行わなくてはならなくなるでしょう。

また、通常のキッチンよりも価格が高めになるのも難点です。

アイランド型の欠点を緩和できる

ここまでの話を聞くと「アイランド型とどう違うの?」という部分が気になるポイントだと思います。そこで、最後にペニンシュラキッチンとアイランド型キッチンの相違点をご紹介しましょう。

構造上のわかりやすい違いは、アイランド型が周囲をぐるりと回ることができるようになっているのに対して、ペニンシュラキッチンは左右どちらかの面が壁についているため、完全に周囲を一周することができません。これだけだと「アイランド型のほうがいいのでは?」と思われるかもしれませんが、そうとは言い切れません。アイランド型は周囲すべてに「人が通るための空間」が必要なので、必然的に間取りを広くとる必要があります。これが家の間取り全体にとっての「負担」となり、ほかの部屋を少し狭くしなければならなくなることもあるからです。

ペニンシュラキッチンは、一方とはいえ「人が通るための空間」が不要になるので、その分必要な間取りが小さくなります。ほかの部屋の広さを多くとることができるようになるわけです。

このように、ペニンシュラキッチンはアイランド型キッチンのメリットを残しつつも、デメリットのひとつを緩和できる形式なのです。「建設予定地は狭いけど、対面型キッチンをあきらめたくない」という方は、検討してみてはいかがでしょうか?

参考:キッチンの類型

ruikei.png

名称 特徴
アイランド 左右が解放
ペニンシュラ 一方が壁
カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他