子供部屋の間取りはライフプランを考えて決めよう

小さな子どもを抱えた親にとって、「子ども部屋」の存在を無視して家造りを語ることはできません。家は一度建てると、簡単に間取りを変えることは難しいものです。もちろん、リフォームといった方法はありますが、それなりの資金が必要になるので、たびたび行うことはためらわれます。

・もうすぐ子どもが生まれる
・現在子どもがいるが、将来兄弟姉妹が増えたら子供部屋が手狭になるのではないか

こうした問題を防ぐには、子供部屋の間取りをどのように考えていけばいいのでしょうか。

子供部屋は「与える前提」で家造りに組み込もう

子どもに個室を与える適切なタイミングは、小学校低学年のころです。心身が成長するにつれてプライベートな空間が必要になるので、基本的には最初から「部屋を与えること前提」で家造りを進めるほうがいいでしょう。

広さは最低でも4畳半以上あればOK、凝った備え付けの設備などは必要ありません。子どもがどのように部屋を使うかは、事前に予測することは難しいものです。ビルトイン型の学習机など、備え付けの設備を取り付けておいたところで、使ってもらえなければ無駄になってしまいます。成長したあとで、それぞれ必要になってから買い与える程度でも十分対応可能です。

子どもが増えたときは、可動式間仕切りが便利

「凝った設備は必要ない」と説明しましたが、例外といえる設備もあります。「可動式間仕切り」は備え付けておいても損はありません。

可動式間仕切りとは、必要に応じて大きな部屋を仕切り、2つに分けることできる設備です。なかには、純粋な間仕切りではなく収納としての機能を備えたものもあります。

可動式間仕切りがあると便利な理由は、子どもの数が増えたとき、部屋を分割してそれぞれに個室を与えることができるからです。しっかりしたライフプランを立てていたとしても、人生の中で子どもがいつ、何人生まれるかは誰にもわかりません。もし使わなかったとしても、邪魔になるものでもないので、設置しておいて損はないと思います。

子どもとふれあう機会を設ける工夫も大事

子供部屋づくりを考えるにあたり、「居心地が良すぎる部屋をつくって、部屋にこもりきりになるのが心配」という親御さんが少なくありません。中には、子どもを心配するあまり、あえて居心地の悪い部屋を造ろうとする人も・・・。しかし、そこまでやるのはいくらなんでもやり過ぎです。

子どもが部屋にこもらないようにするには、リビングやキッチンなど、ほかに家族がいるところで勉強をさせるのが有効です。たとえば、キッチンやリビングの一部にスタディコーナーを設ければ、「宿題をしていてわからない問題をキッチンのお母さんに尋ねる」というふうに、自然に家族のふれあいが生まれます。

家族が集う部屋にファミリーライブラリー(家庭内図書館)を設けるのもいいでしょう。親も本を読むときはその部屋で過ごすようにすれば、勉強をしている子どもと自然な形で一緒に過ごせます。

「こもりきりにならない子供部屋」を作りたいのであれば、ネガティブな方法ではいけません。子どもが自分の「仕事」である勉強に対して、前向きに取り組むことができる環境をつくりましょう。そうすれば、子どものプライバシーと家族のふれあい、両方のバランスが見事にとれた家をつくることができるはずです。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他