男の夢「車いじりができるガレージハウス」を導入しよう

  • 自宅と一体化したガレージで車いじりをしたい
  • 自宅とガレージを行き来するのが面倒

こうした望みを持ちながら住宅建設を始める方は大勢います。「ガレージのある家」を実現するためには、いったいどのようなことに気をつければいいのか考えてみましょう。

ガレージハウスを導入するメリット

ガレージのある家をつくるときに問題となるのが、建物と独立したガレージをつくるか、それともガレージと一体化した家をつくるかです。ガレージと一体化した家は、「ガレージハウス」、あるいは「ビルトインガレージ」などと呼ばれています。

ガレージハウスのメリットをいくつかご紹介しましょう。まず、雨の日は車と家とを行き来するのが楽になります。買い物袋を抱えながら傘を指して玄関に走る必要はありません。また、小さいお子さんがいるご家庭では、車と家との間を行き来するときも注意して見守る必要があります。子どもは好奇心旺盛なので、素直に車に向かわず、途中で遊び始めてしまうこともあるでしょう。ガレージハウスであれば、家と車の距離が独立型ガレージよりも短くなるので、「子どもが道草を食ってなかなか出発できない」という自体を防ぐことができます。もっと直接的なメリットとしては、四方がカバーされているため、雨風から車を守ることが可能です。

ガレージハウスを導入するデメリット

では、ガレージハウスのデメリットを見ていきましょう。ガレージハウスは通常、1階部分をガレージ、2階部分をリビングなどの生活空間として設計します。そのため、「生活空間に行くのに毎回階段を登らなければならない」のが難点です。ガレージの中でエンジンをかけることで、「騒音がうるさいのでは?」、「排気ガスがリビングまで臭うのでは?」といった心配もあるでしょう。また、「ガレージ」ということで1階部分を強固な構造にしなくてはならなくなるため、コストがかさんでしまうのも問題です。

ガレージハウスで「理想の暮らし」を実現しよう

メリットとデメリットを比較してもガレージハウスにするべきか否か判断がつかないという方は、原点に帰って「なぜガレージが必要なのか」もう一度よく考えてみましょう。

ガレージハウス最大の利点は「家にいながらにして車いじりができる」ということです。
ガレージを単なる「車の保管場所」と考えているのであれば、無理をしてガレージハウスにする必要は薄いといえます。一方、「自分の趣味のための空間としてガレージハウスがほしい」という方は、ガレージハウスを導入する動機が大きいといえるでしょう。

ガレージハウスを検討するときは、純粋に設備としての利便性を比較するだけでなく、その設備を使って「自分がどんな暮らしをしたいか」をよく考えてみてください。そうすることで、単に便利なだけの家ではなく、暮らしぶりに満足できる理想の家が近づくはずです。

新居をガレージハウスにすることで、車いじりの趣味をより楽しめる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他