「ペットと一緒に暮らす住宅」を考えた家造りとは

家造りでは、「住む人にとっていかに快適な暮らしを実現するか」という点が重要なポイントになります。しかし、現代社会においては「人間にとって最適の住まい」を追求するだけでは十分とはいえません。大切な家族の一員であるペットにとっても「良い住まいであるか」を考えなくてはならないからです。

・現在ペットを飼っている(これから飼いたいと考えている)
・室内にペットにとって危険な場所や、入ってほしくない場所がある

住まいづくりにおいて、以上のような問題を解決するためにはどのような方法があるでしょうか?

建材選びと工夫でペットにまつわる悩みごとは改善可能

ペットと言っても実際には様々な動物が飼育されています。今回は特に多くのご家庭でかわれている犬・猫について考えてみましょう。犬や猫を飼うとき、住まいの中で特に問題になるのは以下のようなことです。

・爪とぎや室内の運動で壁・床が傷つく
・糞尿によって室内に匂いが染み付く
・鳴き声で近隣住民に騒音被害が生じる

こうした問題点を解決するにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、壁や床を傷から保護する方法をご紹介しましょう。ソフトクローを装着してこまめに爪を切り、壁が傷ついてしまった場合に備えて交換しやすい壁紙を選んでおくのが有効です。床に対しては、タイルカーペットなどを敷き詰めて保護するようにしましょう。

臭い対策としては、消臭効果のある機能性壁紙の採用を検討してみてください。また、フローリングのように掃除がしやすい床材を選ぶ、臭いがこもらないように部屋に換気扇を取り付ける、といった工夫も重要です。

騒音を防ぐには、窓ガラスに防音効果のあるものを採用してみてはいかがでしょうか。複層ガラスを使ったり、内窓を取り付けたりといった方法で、鳴き声が外に漏れるのを防ぐことができます。

ペットにとっての快適さを考えるなら「ペット目線」を忘れずに

ここまでは、ペットを飼っていることで生じるさまざまな悩みを未然に防ぐ事に注目してきました。しかし、これらはあくまでも「人間の視点から見た場合のトラブル防止策」に過ぎません。当初の目的は「ペットにとって良い住まいを造るにはどうしたらよいか」であったはずです。「ペットにとっての快適さ」を考えなければまだ十分とはいえません。

たとえば、近年のフローリング床はつるつるとして滑りやすく、犬の肉球では踏ん張るのが困難な場合があります。そのため、フローリングの上でうまく経つことができず、脱臼してしまう犬が増えているのです。ほかにも、ペットが家庭内で事故に遭遇したり、危険な場所に立ち入ったりといったことが起こる危険もあります。

人間にとっても、ペットにとっても暮らしやすい住まいを造るためには、ペットの目線に立って住まいを設計することが不可欠です。

たとえば、

・脱臼防止のため、滑りにくい「ペット対応フローリング材」を採用する
・危険な場所への立ち入りを防ぐため、室内にペットウォールを設置する
・階段への登り降りが楽なよう、段差の高さをペットに合わせて設計する

といった工夫をすると、ペットが快適に過ごせる家が実現できます。

「ペットの生活を豊かにする設備」を取り入れよう

また、ペットのための設備を住まいに取り入れるのもいいでしょう。ペット用の出入り口であるペットゲートや、猫たちの遊び場となるキャットウォール、犬が庭で元気に駆け回るためのドッグランなど、ペットの生活を豊かにする設備はたくさんあります。

ペットが安全で元気に暮らしていれば、家族も自然と明るくなるものです。「ペット一緒に暮らす家」について、一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他