地震で倒壊しないために・・・木造住宅に求められる要素とは?

特集 災害に強い家

住宅建設を考えている方の中でも「木造住宅を建てたい」と望む方は少なくありません。木は日本人にとって身近な建材であり、自然素材でもあります。木の温かみや質感を求める声はあとを絶ちません。

しかし、「木造住宅だと地震のとき、揺れに耐えられるか心配」という方も少なくないでしょう。実際、過去に起きた大震災では木造家屋が倒壊した様子がニュースで盛んに報道されてきました。

  • 木造住宅に愛着を持っている
  • 建物が地震に耐えられるか心配

このような声に応えるためには、「木造住宅は果たして地震に強いのかどうか」を確かめるしかありません。

住宅の地震への弱さは、木ではなく技術の低さに原因があった

1995年に起きた阪神淡路大震災では、多くの木造住宅が倒壊し犠牲者が出ました。このことが「木造住宅は地震に弱い」というイメージを持たれるひとつの原因になっています。

確かに、倒壊した建物の多くが木造住宅であったことは事実です。しかし、これらの住宅が倒壊した理由は「木材を使っていたから」ではありません。材料ではなく、むしろ建物に使われていた技術に原因があったのです。

当時の建物は、戦後間もないころに建てられたものが多かったため、建物の耐震性が十分ではありませんでした。しかも、戦後の物資不足・人手不足の中ですから、技術的にも充分でない「突貫工事」のようなものも多かったと推測されます。決して、木材を使っていたから倒壊したわけではありません。

現在の木造住宅は、十分な耐震強度を備えている

現在、住宅建設業者は建物の耐震性を高めるため、さまざまな努力を行なっています。たとえば、あるメーカーは木材と木材とを繋ぐ部分に独自の金物を採用し、接合強度の高さを追求しています。また、建物を柱や梁といった「線」で支えるのではなく、木材を組み合わせたパネルやフレームといった「面」で支える工法を採用しているメーカーもあります。

このように、さまざまなメーカーが木造住宅の耐震強度を高める独自の努力を行っているため、「木造=地震に弱い」というイメージはすでに過去のものとなりました。実際に、阪神大震災の16年後に起きた東日本大震災では、およそ13万棟もの建物が倒壊しましたが、その原因のほとんどが津波によるものでした。多くの木造住宅はすでに地震に対して十分な強さを獲得しているのです。

地震に強い構造だけでなく、「地震に強い素材」にも注目しよう

木造住宅を形作る、木以外の要素にも目を向けてみましょう。日本は古来より地震の多い国ですから、伝統的な家屋である木造住宅にはさまざまな「地震への備え」が取り入れられてきました。

木造住宅の屋根材として一般的な「瓦」もそのひとつ。瓦というと「地震が起きると揺れで落下して危ない」と考える方もいるでしょう。実はこの「揺れで落下しやすい」という特徴も、地震に対して有効に働くのです。建物は、重ければ重いほど地震力の影響を受けやすくなります。揺れが建物に伝わったとき屋根瓦が落下すれば、建物はその分軽くなり揺れの力が伝わりにくくなるでしょう。結果として「屋根瓦は犠牲になるが、建物自体は守られる」ということになるのです。

このように、住まいの地震対策について考えるときは、構造ばかりでなく使われる素材にも目を向けることが大切です。

地震に強い「構造」と「材料」が揃うことで、「災害に強い家」を実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他