「木造住宅=火事に弱い」は間違い?本当は火に強い木造住宅

特集 メンテナンスが楽な家

「木は燃えるもの」。

焚き火やキャンプファイヤーといった例を挙げるまでもなく、誰でも当たり前のように知っていることです。そのため「木造住宅は火事に弱い」と思い込んでいる方も少なくはないでしょう。

  • 過去に火事にあった経験がある

という方が、「新しく住宅を建てるときは、火に弱そうな木造住宅は避けておこう」と考えたとしても不思議はありません。しかし、「木造=火事に弱い」というのは大きな間違いです。実際には、木造住宅は火事に対して弱いどころか、逆に強さを発揮する場面が多くあります。

今回は、

  • 木造住宅に愛着を持っている

という方のために、木造住宅の火事への強さをご紹介しましょう。

木は燃え尽きるまでの時間が長い

木造住宅が火事に強い理由の一つは、燃え尽きるのに時間がかかることです。木は確かに燃えます。しかし、住宅の構造に使われるような木は太く大きいため、そう簡単には燃えることはありません。火元が大きくなり、ある程度火の勢いが増してから徐々に表面が焼け焦げて・・・というふうに少しずつ燃えていくのです。また、木は燃えてしまっても、一気に強度が低下する、ということがありません。そのため、中にいる人は逃げるために十分な時間をかせぐことができるのです。

木造住宅は有毒ガスの発生が少ない

火事の際、焼死よりも恐ろしいのは有毒ガスなどが原因で起きる意識喪失です。火事がおきたときは、一酸化炭素を始め、塩化水素やアンモニアなどさまざまな有毒ガスが発生します。逃げ遅れたためにこれらの有毒ガスを大量に吸い、意識を失ってそのまま亡くなる方が少なくありません。

有毒ガスは、主に人工の素材が燃えたときに多く発生します。木は自然素材です。燃焼にともなって二酸化炭素や一酸化炭素は発生しますが、人工の素材のようにその他の有毒ガスを発生することはありません。そのため、火災による意識喪失を防ぐという観点から見ると、
有毒ガスの発生が少ないという点で、木造住宅にはメリットがあるのです。木造住宅といえども、すべてが木でできているわけではないので過信は禁物ですが、逃げ出すにあたって有利になるのは間違いないでしょう。

火災に強い家を維持費の少ない家に

火災対策に万全を期すのであれば、素材だけでなく家の構造自体を火災に強いものにしましょう。「火災に強い住宅」であることを表す基準として有名なのが、「(省令)準耐火建築物」でしょう。自宅を建てる際、準耐火建築物として設計・建築しておけば、客観的な基準によって火事への強さを保証された家を建てることができます。家を準耐火建築物にすると、通常の住宅に比べて火災保険料が安くなるという「オマケ」もついてきます。

保険料は、建物のメンテナンス費と同じように「家族の安全を守るための維持費」のようなもの。準耐火建築物の家を建てて保険料を抑えれば、「火災に強い家」を手に入れられる上に浮いた予算を別のところに使うこともできます。災害への備えと、住まいを理想の形に近づけることが同時に実現できるのです。まさに一挙両得だといえるでしょう。

火災対策がコスト削減につながり、理想の暮らしを近づける

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他