暑くなりにくく冷めにくい家を実現するコンクリートの蓄熱性とは?

コンクリート造住宅というと、「頑丈、壊れにくい」といったイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、忘れてはいけない長所として、コンクリートには「蓄熱性が高い」というメリットもあります。蓄熱性が高い素材で家を建てれば、「夏は熱くなりにくく、冬は冷めにくい」、快適な家を実現することができます。

今回は、

  • 冬暖かく夏涼しい家で快適に暮らしたい
  • 冷暖房効率のいい家を建てたい

という方のために、コンクリートの蓄熱性を活かした家づくりの方法について考えてみたいと思います。

理想的な蓄熱素材とは、熱容量が大きく、熱伝導率が少ないもの

ものの「熱くなりにくさ、冷めにくさ」は、「熱容量」と「熱伝導率」という2つの性質によって決まります。

熱容量とは、熱をどれだけ蓄えることができるかを表す量のことです。大きければ大きいほどたくさんの熱を蓄えることができるので、熱容量の大きい素材は「熱くなりにくく、冷めにくい」素材であるといえるでしょう。もう一つの熱伝導率とは、熱の伝わりやすさを表す指標です。熱伝導率が小さい素材は「熱くなりにくく、冷めにくい」素材だということになります。これらのことから、「夏は熱くなりにくく、冬は冷めにくい」理想的な素材とは、「熱容量が大きく、熱伝導率が小さい素材」であるといえるでしょう。

コンクリートの蓄熱性は高いが、断熱と組み合わせることが不可欠

ところが困ったことに、コンクリートは熱容量こそ大きいものの、熱伝導率も「大きい」素材なのです。つまり、そのままでは熱をたくさん蓄えることはできるものの、すぐに蓄えた熱が移動してしまい、高い蓄熱性能を発揮することはできません。

この欠点を補うには、断熱の仕組みと組み合わせることが不可欠です。断熱化とは、すなわち「熱の移動を妨げること」。高い熱伝導率を低く抑えるためにひと工夫加えることで、コンクリート造住宅は真の意味で蓄熱性の高さを発揮することができるのです。

外断熱と内断熱で、有効な方法が異なる。

コンクリートの蓄熱性を活かす断熱は、外断熱の場合と内断熱の場合とで有効な方法が異なります。まずは外断熱の場合についてご説明しましょう。外断熱とは、建物を丸ごと外側から断熱してしまう方法です。丸ごとの断熱ですので、家の内部で冷暖房をつけると、まるで魔法びんに入れられた飲みもののように室内の涼しさ・暖かさを維持することができます。

一方、内断熱の場合は「日当たりの良し悪し」によって有効な断熱、冷暖房の方法が変わってきます。住まいの日当たりがいいと、コンクリートは太陽光の熱を自然に蓄熱します。冬は暖かくなりますが、逆に夏は暑くなりすぎてしまうかもしれません。夏の暑さを防ぐには、屋根に断熱化を施し、過剰な太陽光を跳ね返してしまうのが有効です。

住まいの日当たりが悪い場合は、反対に夏は涼しくなるものの、冬は寒くなりすぎる恐れがあります。冬季は床暖房を敷設しておいて使用することで住まい全体が暖められ、快適に暮らすことができるでしょう。

コンクリートの蓄熱性を活かすカギは、断熱化と冷暖房の方法にあります。コンクリート造住宅を建てようと考えている方は、ぜひ頭の中に入れておくといいでしょう。

コンクリート造住宅では、適切な断熱方式と冷暖房を組み合わせることで、快適な暮らしを実現できる。

カタログ請求はこちら
カタログ請求はこちら

人気記事

おすすめ記事

カテゴリー別記事

建材選び

外観

内観

間取り

外構

工法と設備

土地選び

ハウスメーカーの選び方

その他