J・アーバンコート

商品紹介

インテリア

構造性能

日本の郊外の街並みに調和するモダンデザイン。

ガラスパネルやデザイン窓などの都市型住宅のデザインを、郊外の風景と調和させた「J・アーバンコート」。建物の内側に「コート」(中庭)を抱くことで、外からは一線を画してプライバシーを守り、内とは一体感ある空間を構成することで家族間のコミュニケーションを育みます。

現代のモード・デザインのエッセンスを採り入れながらも、あくまでも柔らかにその美を主張し、街並みに調和する新しい住宅です。ガラスパネルやデザイン窓などを大胆に用いる一方、日本家屋の伝統も採り入れて、新しい外観デザインの在り方をご提案します。

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
自由設計
工法・構造
2×4工法、2×6工法、ウッドパネル工法
施工エリア
全国(一部地域を除く)
標準工期
お問い合わせください。
主な仕様・構造・特長
「J・アーバンコート」は、都市の洗練されたデザインと日本の伝統美を調和させ、郊外生活の開放感や楽しさを演出します。自然とのかかわりや家族とのつながりを、新しい視点からとらえ、のびやかなコート(中庭)という空間に表現した住まいです。ガラスパネルやデザイン窓の端正な美しさ、木製の縦格子が醸す伝統の温もり。その心地よいバランスが、どこにもない個性を創出し、街並みとの新しい調和をつくります。

コート(中庭)を中心に広がる暮らし。

暮らしの中での楽しみだけでなく、「コート」があれば、住まいそのものに大きな開放感が生まれ、居室空間までもが豊かに息づきはじめます。

「プライベートコート(中庭)」を中心に自由に行き来できる、居室が多方向に広がるレイアウトです。

2階の居室は勾配天井を活かして平均天井高約3.3m確保するなど、空間としてもダイナミックです。

高さ1.4mで4畳分のBIG収納が標準装備。収納を一ヶ所にまとめることで、各居室にゆとりが生まれます。

室内と屋外が交差する玄関。斬新でありながらどこか懐かしさを感じる空間です。

コートとつながる和室。囲炉裏をしつらえた和の空間で大人のリラクゼーションを。

安心して住み続けられる住まいであるために。

【ウッドパネル工法】
二つの構造の長所を合わせて地震に強い住まいを実現

住友不動産の「ウッドパネル工法」は、接合部を強化した軸組構造をベースに、面構造の持つ強さを活かしたハイブリッド構造です。軸組を構成する柱や梁、土台、基礎などの接合部を構造用接合金物でしっかりと緊結して強度を高め、その上で外壁部分に“面”の強さをプラス。建物に加わる外力を点と面の両方で受けることで建物全体に分散させ、大地震などの外力による変形やねじれを抑えます。

【ウッドパネル工法】
接合部を強固に緊結する構造用接合金物※1 を標準採用

木造軸組工法は梁や柱などの接合部に荷重が集中するため、地震の際に破損が生じやすいという弱点があります。住友不動産の「ウッドパネル工法」は、軸組接合部を構造用接合金物で強固に緊結。ゆがみや変形に強く、耐震性に優れた構造を実現しました。

※1 小屋束と母屋の接合部は、在来仕口となります。また、部位によって、構造用接合金物と異なる接合方法となる場合があります。※2 接合部強度1.5倍の数値は、住友不動産のウッドパネル工法と一般的な軸組工法の接合部引張り強度の最大値比較であり、金物の種類によって異なります。

【ツーバイフォー工法】

ツーバイフォー工法の家は、床・壁・天井の各面をダイヤフラムと呼ばれる枠組パネルで構成し、それぞれを固く結合した6面体で建物を支える構造です。この6面体構造が、優れた”住まいの基本性能”を生み出します。例えば、建物は箱のような一体構造のため、地震の際に高い耐震性を発揮します。また6つの面を隙間なく接合することで、熱ロスの少ない高気密住宅を実現し、さらに家全体を断熱材で包むことで、高い断熱性も兼ね備えています。

【ツーバイフォー工法】

2インチ×4インチのランバー材と構造用面材で構成するツーバイフォー工法の家は、同じ木の家であっても日本の伝統的な在来工法の家とは大きく異なります。たとえば在来工法が柱や梁といった“骨組み”で建物を支えるのに対し、ツーバイフォー工法は、“枠組パネル”という面で支えます。

制震システム
地震による揺れを約50%※1低減

制震装置が地震エネルギーを吸収して揺れそのものを大幅に抑えることで倒壊を防ぐとともに、構造性能の劣化や損傷を抑え、安心で安全な住まいを永く維持します。

※1 当社モデルプランにおける地震応答解析結果による変形抑制効果。建物形状、建物仕様、配置プラン、地震波等によって異なります。
※制震システムとニューパワーキューブの併用はできません。

SNS