「HOMETACT(ホームタクト)」とは


「HOMETACT(ホームタクト)」は、三菱地所が開発した日本の住環境に導入しやすい、新しいスマートホームサービスです。ひとつのアプリで複数のメーカーのIoT機器をスムーズにコントロールでき、これまでにない心地よさを感じることができます。
本記事では、三菱地所ホームが販売する、「HOMETACT」を搭載したスマートホームをご紹介します。

あなたの住まいをスマートホームへ


「HOMETACT」を導入することで、暮らしの快適性がワンランクアップします。全館空調・玄関錠・給湯リモコン・照明スイッチ・カーテンなど、住まいに欠かせない設備がネットワークでつながり、自由に操作できるようになります。そのためには設計のタイミングで「HOMETACT」を導入し、理想の暮らしを実現するスマートホームのプランニングが大切です。連携する設備・各種配線・照明計画など、利便性も空間デザインも理想の住まいを実現できます。また、ロボット掃除機・スマートスピーカー・TVなど、後からご自身で用意されるIoT機器も、連携対象デバイスの場合は「HOMETACT」と連携することができます。多様な企業パートナーとのつながりにより、連携できる機器のメーカーが増えています。

全館空調「エアロテック」
エアロテックの操作や、各部屋の温度管理が、スマホひとつで可能になります。

エアロテック

太陽光パネル / HEMS
太陽光パネルの発電量や家庭内の電力消費量をアプリで可視化し、エネルギー管理ができます。

HEMS

カーテン
家の中でも、外出先からでも、開閉を自由に操作できます。

カーテン

窓シャッター
家の中でも、外出先からでも、開閉を自由に操作できます。

窓シャッター

照明スイッチ
アプリでのON/OFFはもちろん、時間や音声などで、操作ができます。

照明スイッチ

玄関錠
外出先からの開閉、遠隔地からの施錠確認ができます。お子様の鍵の管理や留守番時の防犯対策にも。

玄関錠

給湯リモコン
外出先からお湯はりができます。アプリでの操作はもちろん、時間や位置情報で自動設定にすることも可能です。

給湯リモコン

暮らしが変わる、ゆとりが生まれる


「HOMETACT」は住宅設備機器・家電を自由自在にコントロールでき、日常における些細な手間を削減することで、家庭における家事の負担を減らし、時間の余裕を生み出します。たとえば、会社から家事代行スタッフの訪問にあわせ玄関の鍵を開け、子どもが帰宅した通知を見てスマートフォンから空調の温度を調節、日が落ちてきたら家中のカーテンやシャッターを自動で閉めることができます。その他、防犯や離れて暮らす両親の見守りなど、様々な用途が考えられます。

旅行先からの防犯確認に
外出先からの施錠確認だけでなく、照明のON/OFFで、長期の不在も悟られにくくなります。

HOMETACT

子育てファミリーのサポートに
外出先からお湯はり操作で、帰宅後すぐに子供をお風呂に。夜寝る前に各部屋の照明を離れた部屋からOFFにできます。

HOMETACT

離れて暮らす両親の見守りに
ご実家をスマートホームにすることで、玄関錠・照明・電気代の確認など、離れていても、目に見える安心に繋がります。

HOMETACT

住まいの省エネに
エアロテック・太陽光発電などをHEMSで一括管理。電力消費量や発電量をアプリで確認できるので、省エネ意識も向上します。

HOMETACT

「HOMETACT」を導入したモデルハウス


都市型邸宅のフラッグシップブランド「ORDER GRAN」シリーズの第二弾モデルハウスとして、東京都港区の赤坂ハウジングギャラリー内に2017年にオープンした「ORDER GRAN赤坂」は、IoT住宅にリニューアルされ「HOMETACT」を体験できるモデルハウスになっています。下記から来場予約できますので、ぜひ実際に足を運んで、住まいの次のスタンダードであるスマートホームサービス「HOMETACT」を体験してみてください。

三菱地所ホーム オーダーグラン赤坂
東京都港区赤坂7-5-5 赤坂ハウジングギャラリー内
10:00~17:00 ※火曜日・水曜日定休

三菱地所ホーム カタログ

三菱地所ホーム 商品

木造建築を手がけるAQ Group の注文住宅ブランド「アキュラホーム」が、金利上昇と物価高によってマイホーム検討者が今後どのように住宅購入を考えると良いかについて、記事として掲載しておりますので、ご紹介いたします。


長期金利の代表的指標である「10年ものの国債」の利回りが11年ぶりに1%台をつけました。これにより住宅ローンは、長期の固定金利の上昇が見込まれます。すでにマイナス金利政策が解除となり、金融緩和政策見直しが進めば変動金利も上昇していくことでしょう。また、建築コストの上昇に伴い不動産価格も高止まりが続いているようです。このような局面でマイホーム購入を検討するとしたら、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。独立系FPとして活躍する三原由紀氏が解説します。

昨今の不動産市況と今後の動向は?


国土交通省が4/30に発表した不動産価格指数(住宅)※をみてみましょう。

以下のグラフから、マンション(区分所有)が2013年以降、右肩上がりを続けていることがわかります。また、戸建住宅については2020 年以降、なだらかに上昇を始めました。2020年といえばコロナ禍で暮らし方にも大きな変化が起きた時期です。特に直近5年間、住宅価格は種別に関わらず上昇傾向となっています。

※全国の住宅(住宅地、戸建て住宅及びマンション(区分所有))を対象として、不動産価格の動向を指数化したもの

今後も住宅価格はこのまま上昇を続けるのでしょうか?

全国宅地建物取引業協会連合会・不動産研究所が行った調査「不動産価格と不動産取引に関する調査報告書」をみてみましょう。不動産価格と取引の動向について、現状ならびに3ヵ月後の見通しの調査分析が行われています。以下に挙げる図表はそれぞれ新築マンションと新築戸建の取引価格の動向予測を示しています。

新築マンションの取引価格動向
資料:不動産価格と不動産取引に関する調査報告書~第33回 不動産市況DI調査~「土地価格の動向について」より引用

上の図表より、新築マンションの取引価格(全国平均)は直近3ヵ月で「横ばい」45.3%と最も多く、次に「やや上昇している」39.5%と続き、高止まりしていることがわかります。いっぽう3ヵ月後は「やや上昇している」が42.4%とやや増加、「横ばい」41.2%を超えています。今後も緩やかに上昇していくと見込まれています。

新築戸建て住宅の取引価格動向
資料:不動産価格と不動産取引に関する調査報告書~第33回 不動産市況DI調査~「土地価格の動向について」より引用

次に新築戸建についてです。上図表より直近3ヵ月では「横ばい」が41.8%と最も多く、次いで「やや上昇している」26.1%、「やや下落している」21.6%と2位と3位は拮抗しています。いっぽう3ヵ月後の予測はほぼ変わらず。横ばいが続くものの、上昇と下落はほぼ同数ですから物件によって二極化しているのかもしれません。

今は家の買い時ではないのか?


住宅ローン金利ならびに住宅価格の高止まりが見込まれる中、マイホームの購入を見送った方がいいのでしょうか?

たしかに不動産市況と住宅ローン金利の動向を考えると「今は家の買い時ではない」と思われる人も多いかもしれません。しかしながら「家の買い時は自分が欲しいと思った時」と筆者は考えます。そもそも家を買うタイミングに正解はありません。年齢や世帯収入、家族のライフイベント、貯蓄額などを考慮すると、ベストなタイミングは人それぞれだからです。家は人生で一番高い買い物と言えますから、いつ買ったとしても、その選択を後悔したくはないものです。次に、家を購入するときに必ず押さえておきたい考え方の一つでもある「出口戦略」についてお伝えしましょう。

重要なポイントは「出口も考慮して家を持つ」という選択


家を購入したら、簡単に買い替えはできません。だからこそ、物件選びは重要であり、特筆すべきことは、出口戦略を考えておくことです。

すでにご存じでしょうが、少子高齢化と人口減少が進むなかで空き家問題が深刻化しています。つまり、今の時代、家は資産ではなく負動産になってしまう可能性もあるのです。負動産とは、売りたくても買い手がつかない、維持管理に費用や手間がかかる、貸しても借り手がつかないなどの物件のことを言います。最悪の場合、所有しているだけでマイナス(負)の資産となってしまうのです。

終の住まいにするので自分には関係ないと思う人もいるかもしれませんが、負動産を引き継ぐ子供たちがいたら相続で迷惑をかけることになるでしょう。

出口戦略とは、家の購入時に「売却する」「貸す」「相続する」など将来の可能性を想定して物件選びを行うことです。具体的にいうと「将来、売却や賃貸をするときに需要が多い物件であること」から逆算思考をするのです。その際、多くの人が住みたいと思ういわゆる好立地であることは外せません。そして、マンションor戸建、新築or中古の選択も必要です。どれも一長一短はありますが、一考の価値があるのは好立地の戸建住宅と筆者は考えます。

好立地のコンパクト住宅という選択は一考の価値あり


資産性が高く、次に購入する人がローンを組んで買いやすい物件として新築マンションも考えられますが、昨今のマンション価格の高騰は前述した通りです。中古マンションという選択もありますが、購入後に管理費・修繕積立金が値上げになる不確定要素もあります。新築マンションも然りですが、毎月かかる固定費を考慮すると物件予算を下げざるを得ません。

その点、戸建は将来の修繕は自分の都合で決めることができるため、固定費を強制徴収されることはありません。また、戸建てはマンションより高額なイメージがあるかもしれませんが、狭い敷地であれば価格を抑えられますし、設計次第でコンパクト、かつ、快適に暮らす空間を作れます。その他にも、万が一老後資金が不足した時に自宅を担保に借り入れできるリバース・モーゲージを利用できるのは原則戸建ならではのメリットです。

以上、家を購入する時の出口戦略という考え方についてお伝えしました。家族の希望やライフスタイルに合わせてベターな選択をしたいものです。

三原 由紀
合同会社エミタメ 代表 プレ定年専門FP® 「FP相談ねっと」認定FP

バブル期にOLを経験、子育て中で外に出られないときに同じアパートに住むママ友3人で株のネットトレードを始め、夫にナイショのままコッソリ1,000万円以上の利益を達成。子供の小学校入学を機に保険代理店でパート開始し、FP資格を取得。「無知はリスク(知らない=損をしていることもわからない)」を実感して、自らの家計を再生。40代・50代に向け、プレ定年専門FPとして「お金で揉めない夫婦関係を構築」「50代からでも間に合う家計立て直し」を提案・実行支援する。保険や金融商品を売らない独立系FPとして活動中。

アキュラホームPR金利上昇&物価高…どのように「マイホーム」を買うのが正解か?

カタログ請求ボタン
カタログ請求ボタン

全国で施工している大手ハウスメーカーを中心に、当サイトでカタログ請求された数を元に、高級注文住宅を提供するハウスメーカーとそのカタログをランキング形式でご紹介いたします。邸宅・別荘など高級な注文住宅を検討する方にとって、実績が多く信頼性の高い大手ハウスメーカーから検討していただけます。

また、当サイトでは各ハウスメーカーの住宅商品について詳しく紹介しており、比較検討にご利用いただけます。さらに、各ハウスメーカーの高級注文住宅カタログと建築実例集をまとめて一括で請求することができますので、ぜひご利用ください。

※当サイトで2023年にカタログ請求された数を元に算出しています。

【第1位】積水ハウス


お客さまの「夢」を、かなえるために。 それが、ずっと、確かなものであるために 。

積水ハウスは、「邸別自由設計」をすべての住まいづくりの基本にしています。
軽量鉄骨造、木造(シャーウッド)、重量鉄骨造など、構法の進化に取り組むとともに、新しいリビングの提案「ファミリー スイート」や、多世帯の暮らし、子どもの成長を育む暮らし、家事をシェアしやすい暮らし、ペットとの暮らしなど、新しい暮らし方も提案してまいります。

積水ハウスの住宅商品はこちら

積水ハウスのカタログ


DESIGN OFFICE

豊富な知識と経験、そして卓越したスキルを持つスペシャリストがあなただけの特別なチームとなり、お客様一人ひとりの想いに応えます。

【第2位】セキスイハイム


地球と家族にやさしい暮らし

セキスイハイムは『地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けられることのできる住まいづくり』を実現しています。
住まう人の暮らしを考え、無理なく環境貢献ができる「グリーンモデル」をはじめ、人生100年時代を快適に暮らす「レジリンス100」、子どもの成長を育む「子どもがぐんぐん伸びる家」や、「二世帯・多世帯の暮らし」など、住まう人の暮らしに合った、「時を経ても続く価値ある住まい」をご提案してまいります。

セキスイハイムの住宅商品はこちら

セキスイハイムのカタログ


【セキスイハイム】総合カタログ

セキスイハイム(鉄骨系住宅)のスタートアップガイド。商品ラインナップから環境・快適・安心を軸にした独自のテクノロジーやサポート体制まで「ハイムの特長」がわかる1冊です。

【第3位】ミサワホーム


ミサワホームは住まいと暮らしをずっと見守る総合住宅メーカーです。

ミサワホームが新しいライフスタイルのご提案をしてきた、大収納空間「蔵」のある家。住まいと暮らしの安心を支える防災・減災住宅への取り組み。今後も「住まいを通じて生涯のおつきあい」という精神のもと、良質の「住まい」を提供し、豊かな社会づくりに貢献します。

ミサワホームの住宅商品はこちら

ミサワホームのカタログ


MISAWA Clients【邸宅実例】

美意識や嗜好、人生観、文化までデザインする。ミサワデザイナーズの精鋭が設計した邸宅実例集。

【第4位】ダイワハウス


天井高2m72cmの高さというゆとり、強さという安心、変わらない快適さをご提案

「高さ」と「強さ」の両立へ。創業以来、半世紀以上に渡って培ってきたノウハウと技術で、住まう方それぞれにとって、安心だけでなく、快適な住宅を実現する。住まいは技術で進化する。強い家をつくろう、これからも一緒に。

ダイワハウスの住宅商品はこちら

ダイワハウスのカタログ


xevoΣ PREMIUM ブランドブック

強さも、美しさも、心地よさも、すべてが最高峰の邸宅が誕生。「日々の暮らしに充足感を提供する都市の邸宅」をコンセプトに、業界最高水準の断熱・耐震性能、長期保証も実現。

【第5位】住友林業


「木」を活かし、育み続けた住友林業だからつくることが出来る家があります。

住友林業は自然素材である木を活かして住生活を豊かにする会社です。木の魅力を知り尽くしているからこそ住まいへの活かし方を知っています。木と磨き抜かれた品質で人を癒し、人を守る住まいを実現します。

住友林業の住宅商品はこちら

住友林業のカタログ


住宅総合カタログ

会社の紹介から、建物の特徴、デザイン、家づくりの流れなど住友林業を詰め込んだ一冊です。家づくりのスタートはこのカタログからどうぞ。

【第6位】一条工務店


圧倒的な「性能」で、いつもの「快適」ともしもの時の「安心」をお届けします

お客様に本当に満足していただける家づくりを目指して、耐震・省エネ・健康・耐久といった「家の性能」を追求し続けています。高性能の家で、家族の安心とライフスタイルに合わせた快適な暮らしをご提供いたします。

一条工務店の住宅商品はこちら

一条工務店のカタログ


グラン・スマート メロウ ブラウン

シックなカラーの中に瑞々しさを感じさせるスタイル。暮らすほどに、住まいへの愛着が深まる、という楽しみを。

【第7位】三井ホーム


憧れを、かたちに。

三井ホームは、お客様のこころの中にある「憧れ」を、 経年優化に根ざした思想で、ひとつひとつ丁寧にかたちにしていきます。 家への誇りや愛着、その街で暮らす価値や喜びは、 時を経るほどに深まっていきます。

三井ホームの住宅商品はこちら

三井ホームのカタログ


モダン実例集

直線が美しい端正なフォルム、オーナーのこだわりに満たされた個性的な佇まいなど、「モダン」の名のもとに、多彩な住宅を手がけてきました。

【第8位】スウェーデンハウス


お客様満足度No.1。北欧クオリティの性能と居心地の良さにこだわった世代を越えて住み継ぐ家づくり。

2024年オリコン顧客満足度(R)調査 ハウスメーカー 注文住宅 で2015年の調査開始以来10年連続で総合第1位を受賞。ワングレード・ハイスペックの姿勢を貫き、安心・安全で快適な空間を提供し続けています。

スウェーデンハウスの住宅商品はこちら

スウェーデンハウスのカタログ


SWEDEN HOUSE WAY

スウェーデンハウスの総合カタログ

【第9位】トヨタホーム


人生をごいっしょに。その家には、ずっと長く住み続けられる 「品質」があります。

愛着ある住まいに、安心して暮らし続けていただきたい。幸せな住まいには、歳月に負けない強さが必要です。トヨタホームは、「よい品よい考」のスローガンを掲げ、徹底的に品質を追求して創意工夫を続けています。

トヨタホームの住宅商品はこちら

トヨタホームのカタログ


実例集 IMPRESS vol.30(邸宅特集)

オーナーさまと叶えた、デザイナーズ邸宅を4邸ご紹介。暮らしに対する理想やご家族への思いを貫き、邸宅と呼ぶべきオンリーワンのお住まいを形にしたオーナーさま方の声をご覧ください。

【第10位】ヘーベルハウス


空間を自由に活かし、60年以上地震や火災から家族を守る独自構造

都市のシェルターに相応しい素材「ALCコンクリート・ヘーベル」と、強さのなかに限りない自由を叶える鉄骨躯体で創りあげるヘーベルハウス。創業以来、一貫して「素材」にこだわり、変わらない住まいづくりを提供

ヘーベルハウスの住宅商品はこちら

ヘーベルハウスのカタログ


RATIUS GR

雄大な屋根に抱かれ、穏やかな時を紡ぐ。重鉄・大屋根の邸宅「RATIUS GR」

ハウスメーカーカタログ
モデルハウス見学予約

当サイトでは、2024年にカタログ請求された平屋カタログの請求数を元に、全国で施工している大手ハウスメーカーを中心に、平屋のおすすめハウスメーカーとそのメーカーの平屋カタログをランキング形式でご紹介しています。平屋は50代以上の方におすすめの住宅ですが、最近はおしゃれな平屋も増えており、若い方にも人気があります。大手ハウスメーカーの平屋住宅は実績が多く、信頼性が高いので、検討する価値があります。

また、各ハウスメーカーの住宅商品について詳しく紹介しており、比較検討にご利用いただけます。さらに、ハウスメーカーの平屋カタログをまとめて一括で請求することができますので、ぜひご利用ください。

※当サイトで2024年1月~4月にカタログ請求された数を元に算出しています。

【第1位】積水ハウス


お客さまの「夢」を、かなえるために。 それが、ずっと、確かなものであるために 。

積水ハウスは、「邸別自由設計」をすべての住まいづくりの基本にしています。
軽量鉄骨造、木造(シャーウッド)、重量鉄骨造など、構法の進化に取り組むとともに、新しいリビングの提案「ファミリー スイート」や、多世帯の暮らし、子どもの成長を育む暮らし、家事をシェアしやすい暮らし、ペットとの暮らしなど、新しい暮らし方も提案してまいります。

積水ハウスの平屋住宅商品はこちら

積水ハウスの平屋カタログ


積水ハウスの平屋の住まい

自分たちらしい豊かさにこだわる人たちの洗練の平屋

【第2位】住友林業


「木」を活かし、育み続けた住友林業だからつくることが出来る家があります。

住友林業は自然素材である木を活かして住生活を豊かにする会社です。木の魅力を知り尽くしているからこそ住まいへの活かし方を知っています。木と磨き抜かれた品質で人を癒し、人を守る住まいを実現します。

住友林業の平屋住宅商品はこちら

住友林業の平屋カタログ


GRAND LIFE

心地よい緑と木のぬくもりに包まれる平屋暮らし。住友林業ならではの魅力をご紹介!

【第3位】三井ホーム


憧れを、かたちに。

三井ホームは、お客様のこころの中にある「憧れ」を、 経年優化に根ざした思想で、ひとつひとつ丁寧にかたちにしていきます。 家への誇りや愛着、その街で暮らす価値や喜びは、 時を経るほどに深まっていきます。

三井ホームの平屋住宅商品はこちら

三井ホームの平屋カタログ


平屋実例集

三井ホームの「平屋」でかなう、豊かな暮らし。ライフスタイルが多彩に広がる、ダイナミックな平屋の実例写真をご紹介。

【第4位】セキスイハイム


地球と家族にやさしい暮らし

セキスイハイムは『地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けられることのできる住まいづくり』を実現しています。
住まう人の暮らしを考え、無理なく環境貢献ができる「グリーンモデル」をはじめ、人生100年時代を快適に暮らす「レジリンス100」、子どもの成長を育む「子どもがぐんぐん伸びる家」や、「二世帯・多世帯の暮らし」など、住まう人の暮らしに合った、「時を経ても続く価値ある住まい」をご提案してまいります。

セキスイハイムの平屋住宅商品はこちら

セキスイハイムの平屋カタログ


【セキスイハイム】平屋総合カタログ

家族と自然の一体感を大切にした平屋の住まい。のびやかに過ごせる工夫がつまった、ハイムの平屋がわかる一冊です。

【第4位】一条工務店


圧倒的な「性能」で、いつもの「快適」ともしもの時の「安心」をお届けします

お客様に本当に満足していただける家づくりを目指して、耐震・省エネ・健康・耐久といった「家の性能」を追求し続けています。高性能の家で、家族の安心とライフスタイルに合わせた快適な暮らしをご提供いたします。

一条工務店の住宅商品はこちら

一条工務店の平屋カタログ


VOICE of ICHIJO 平屋特集

開放的な空間で、一年中快適。段差がなく家事がラク&お子様も安心。その上太陽光メリットも大きい平屋の暮らしをご紹介。

【第6位】ミサワホーム


ミサワホームは住まいと暮らしをずっと見守る総合住宅メーカーです。

ミサワホームが新しいライフスタイルのご提案をしてきた、大収納空間「蔵」のある家。住まいと暮らしの安心を支える防災・減災住宅への取り組み。今後も「住まいを通じて生涯のおつきあい」という精神のもと、良質の「住まい」を提供し、豊かな社会づくりに貢献します。

ミサワホームの平屋住宅商品はこちら

ミサワホームの平屋カタログ


SMART STYLE「A」HIRAYA

独自の先進技術により、高品質・高性能・高コストパフォーマンスを実現した平屋建て住宅。いきいきとした暮らしが愉しめご満足いただける住まいです。

【第7位】ダイワハウス


天井高2m72cmの高さというゆとり、強さという安心、変わらない快適さをご提案

「高さ」と「強さ」の両立へ。創業以来、半世紀以上に渡って培ってきたノウハウと技術で、住まう方それぞれにとって、安心だけでなく、快適な住宅を実現する。住まいは技術で進化する。強い家をつくろう、これからも一緒に。

ダイワハウスの平屋住宅商品はこちら

ダイワハウスの平屋カタログ


xevoΣ 平屋暮らし

涼しげな日陰をつくる軒下や縁側を通して自然と深くかかわり、その快適さを存分に楽しむ家。xevoΣが提案する、新しい平屋暮らしのスタイルです

【第8位】スウェーデンハウス


お客様満足度No.1。北欧クオリティの性能と居心地の良さにこだわった世代を越えて住み継ぐ家づくり。

2024年オリコン顧客満足度(R)調査 ハウスメーカー 注文住宅 で2015年の調査開始以来10年連続で総合第1位を受賞。ワングレード・ハイスペックの姿勢を貫き、安心・安全で快適な空間を提供し続けています。

スウェーデンハウスの平屋住宅商品はこちら

スウェーデンハウスの平屋カタログ


LÄTTNAD (レットナード)

屋根付きアウトドアリビングのある平屋住宅

【第9位】トヨタホーム


人生をごいっしょに。その家には、ずっと長く住み続けられる 「品質」があります。

愛着ある住まいに、安心して暮らし続けていただきたい。幸せな住まいには、歳月に負けない強さが必要です。トヨタホームは、「よい品よい考」のスローガンを掲げ、徹底的に品質を追求して創意工夫を続けています。

トヨタホームの平屋住宅商品はこちら

トヨタホームの平屋カタログ


シンセ・スマートステージプラス平屋商品カタログ

これからの暮らしに寄り添い、トヨタホームがご提案するのが「Smart stage + HIRAYA」。
快適も、安心も叶える。これからの平屋のための3つの工夫をご覧ください。

【第10位】住友不動産


総合ディベロッパー「住友不動産」だから実現できる、高性能×高級仕様×グッドデザインの注文住宅

グッドデザイン賞を多数受賞するデザイン力、「ウッドパネル工法」をはじめとする地震に強い木の家を実現する技術力、高級マンション仕様の住宅設備を標準採用。「いつまでも暮らしたい家」を実現します。

住友不動産の住宅商品はこちら

住友不動産の平屋カタログ


住友不動産の平屋の家

街を楽しむ生活から、自然と暮らす生活までワンフロアにすべて揃うシンプルな住まいをご提案します。

【第11位】ヘーベルハウス


空間を自由に活かし、60年以上地震や火災から家族を守る独自構造

都市のシェルターに相応しい素材「ALCコンクリート・ヘーベル」と、強さのなかに限りない自由を叶える鉄骨躯体で創りあげるヘーベルハウス。創業以来、一貫して「素材」にこだわり、変わらない住まいづくりを提供

ヘーベルハウスの住宅商品はこちら

ヘーベルハウスの平屋カタログ


平屋カタログ

自然を感じる、のびやかな暮らしの先にある「平屋」という住まい。夏は涼しく、冬は暖かい。ヘーベルハウスの平屋は、自然と上手につきあう住まいです。設計士が考える12のストーリーをご提案します。

【第12位】アキュラホーム


45年の実績と完全自由設計が叶える”住人十色”の住まい

アキュラホームはお客様に寄り添い、耐震・耐久・高気密高断熱・省エネ性能を兼ね備えた「永代継がれる家」を提供しております。住の研鑽を積み45年。4年連続過去最高売上の実績。オリジナル耐力壁でつくる完全自由設計を提供いたします。

アキュラホームの平屋住宅商品はこちら

アキュラホームの平屋カタログ


人気の平屋カタログセット

”平屋のある暮らし”と”建築実例集「WAGAYA-平屋版-」”をセットにしてお届けします。

【第13位】富士住建


実設備が標準仕様!コストパフォーマンスに優れた注文住宅 『完全フル装備の家』

『完全フル装備の家』 は、省エネ・高品質な設備・防犯システム・生活必需品を取りそろえた、長期優良住宅対応、自由設計の注文住宅です。

富士住建の平屋住宅商品はこちら

富士住建の平屋カタログ


完全フル装備で建てる「平屋」

平屋にしても、完全フル装備の充実した設備や仕様はそのまま。もちろん自由設計なのでご家族に合わせたプランをご利用いただけます。

ハウスメーカーカタログ
モデルハウス見学予約

■鉄骨ユニットの高い耐震性を生かし、陽光あふれる開放的な3層吹抜け空間を提案
■シンプルな切妻屋根のシルエットにより、洗練された外観デザインと経済設計を叶える
■断熱等級6(※1)とスマート&レジリエンスにより、環境にやさしく快適・安心な暮らしを実現


地球環境にやさしく、60年以上安心して住める家づくりを理念とする積水化学工業 住宅カンパニーは、セキスイハイムの鉄骨三角屋根商品「ドマーニ」を郊外エリアの一次取得者層向けにパッケージ化した『ドマーニブライト』を、2024年4月20日より発売しました。(北海道、沖縄、多雪地域、一部離島を除く)
同社は、縮小する新築市場でも持続的な成長を図るため、地域ごとに販売拠点を構える強みを生かし、都市・郊外の各市場に合ったエリア別商品展開を強化しています。近年は建築費高騰などの影響を受け、特に郊外エリアの一次取得者にとっては住宅を取得しづらい環境になっています。
今回の『ドマーニブライト』は、郊外エリアの一次取得者ニーズに合わせたコンセプト住宅です。1988年発売のロングセラー商品である鉄骨三角屋根住宅「ドマーニ」をベースに、コストパフォーマンスを発揮するシンプルな建物形状と、小屋裏のある豊かな住空間で快適・安心に暮らせる提案を盛り込んでいます。イタリア語で「明日」を意味する「ドマーニ」の名にふさわしい、未来に続く明るい暮らしをより多くのお客様に提供することを目指すとしています。

『ドマーニブライト』発売の背景とコンセプト


1988年に発売し35年を超えるセキスイハイムのロングセラー商品である「ドマーニ」は、鉄骨ユニット工法と三角屋根を組み合わせた高級感のある外観と多彩な室内空間がお客様の評価を得ています。特に、都市部に比べて敷地面積が広く、三角屋根であっても高さ制限などの影響を受けにくい郊外エリアのお客様に多く選ばれてきました。しかし近年は、建築費高騰などの影響を受け、とりわけ郊外エリアの一次取得者にとっては住宅を取得しづらい環境になっています。
そこで、郊外エリアでワンランク上のデザインや暮らしを求める一次取得者層に向けて、建物シルエットをシンプルな形状へ限定することなどによりコストパフォーマンスを向上させた企画型商品『ドマーニブライト』を発売します。「明日もあかるく華やかに」をコンセプトとし、小屋裏空間を活用したデザイン提案や、快適・安心に暮らせるスマート技術により、郊外エリアでの豊かな暮らしを求めるお客様に住まいを提供することを目指すとしています。

ドマーニブライト  ~明日もあかるく華やかに~
・贅沢にくつろぐ   たっぷりの自然の心地よさを採り入れた開放的な空間
・家族がつながる   上下に広がるのびやかな空間が家族を緩やかにつなぐ
・存在感のある佇まい 外に漏れ出す贅沢感が、華やかに際立つ存在感を創出

『ドマーニブライト』の特徴


1.鉄骨ユニットの高い耐震性を生かし、陽光あふれる開放的な3層吹抜け空間を提案
近年、各地で発生している巨大地震により、耐震性能への意識が高まっています。また、内閣府の調査によると、一次取得者である若い世帯(20代)は戸建住宅に対して高い耐震性能などを理由に非木造を選択する傾向が他の年代に比べて高くなっています(※2)。本商品は、工場生産による強靭な鉄骨ユニット住宅の強みを生かし、高い耐震性と開放感のある豊かな住空間の両立を図っています。
大きな切妻屋根の小屋裏空間を活用し、1階から小屋裏まで続くダイナミックな3層吹抜け空間を提案します。上下に広がる大空間は、贅沢なくつろぎや家族のつながりを創出します。また、コーナー部には大きな窓を設けることで、たっぷりの日差しを採り入れ、空と繋がる開放感を生み出します。一般的に吹抜けや大開口を設けると耐震性能が低下しますが、鉄骨ラーメン構造の強靭な躯体が高い耐震性を確保します。
また、小屋裏空間は吹抜けだけでなく寝室や子供部屋、ロフト、大型収納など、さまざまな用途にも活用できます。プラスα空間の有効活用により、限られた建物の大きさの中で広々と暮らせるゆとりある住まいを提供します。

ドマーニブライト
小屋裏空間を活用した3層吹抜け

2.シンプルな切妻屋根のシルエットにより、洗練された外観デザインと経済設計を叶える

郊外エリアの一次取得者ニーズに合わせたコストパフォーマンスを実現するため、矩形総二階の建物シルエットとシンプルな切妻屋根に限定したペースプランを設定。このベースプランに対して、お客様の要望や敷地条件に合わせて「αプランニングシステム」やバルコニーを追加しプランをアレンジすることができます。「αプランニングシステム」は、居住空間や玄関、サニタリーなどの機能空間をユニット躯体に付帯できるサブシステムです。これによりプラン対応力と価格対応力を両立します。

ドマーニブライト

5.5寸勾配のシンプルな切妻屋根には太陽光パネルをビルトイン。長年培ってきた独自の屋根システムにより、瓦の上に設置する場合と比べてスッキリとした外観デザインを構築するとともに、搭載効率も向上します。南側の屋根面を大きくとった台形ルーフ仕様を選択することで、より大容量のソーラーを設置することも可能です。

ドマーニブライト
デザイン性・耐震性に優れたビルトインソーラー
ドマーニブライト
大容量ソーラーが搭載できる台形ルーフ仕様

3.断熱等級6(※1)とスマート&レジリエンスにより、環境にやさしく快適・安心な暮らしを実現
小屋裏を活用することで室内空間の外気に接する面積が大きくなり、一般的に断熱性能が低下しますが、本商品は、省エネ地域区分5~7地域の断熱等級6に相当する「UA値0.46以下」の断熱性を確保します(※1)。これは、2025年4月に予定されている義務化基準(断熱等級4)や2030年に国が引き上げを目指す基準(断熱等級5相当、ZEH水準)を上回る性能です。
この優れた断熱性能を実現するのは、同社の強みである工場生産による高い施工精度(気密・断熱施工)とコスト抑制を生かした「あったかしっかり断熱」です。基礎と躯体には高性能断熱材を用い、開口部には高断熱アルミ樹脂複合サッシや樹脂サッシを採用することで、吹抜け大空間でも夏爽やかで冬暖かい快適な住み心地を提供します。
また、セキスイハイムの強みであるスマートメニュー(太陽光発電システム、蓄電システム、HEMS「スマートハイムナビ」)を採用。ZEH(※3)に対応したうえで、ZEHには要求されていない蓄電システムによって、より購入電力量を減らすことが期待できます。環境と家計にやさしく、停電時の安心(※4)も確保できる高性能な住まいです。

セキスイハイム
断熱等級6仕様(※1)の「あったかしっかり断熱」
蓄電システム
蓄電システム

『ドマーニブライト』 代表外観(※5)・モデルプラン


ドマーニブライト
モデルプラン

※1 省エネ地域区分5~7地域(主に仙台以南から鹿児島までの温暖地が該当)が対象です。プランや一部採用メニュー等の条件によっては、断熱等級6に適合しない場合があります。
※2 森林と生活に関する世論調査(令和6年 内閣府)(https://survey.gov-online.go.jp/r05/r05-sinrin/gairyaku.pdf
※3 ZEHにはNearly ZEHを含みます。
※4 停電時に利用できる電力、家電機器は限られます。使用できる時間は実際に利用する家電機器、天候等による発電状況により異なります。
※5 画像はイメージであり、実際の仕様と一部異なる場合があります。

セキスイハイム プレスリリース
小屋裏のある鉄骨三角屋根の家『ドマーニブライト』発売

セキスイハイム カタログ
セキスイハイム 商品モデル

注文住宅ブランド「アキュラホーム」を展開するAQ Group は、4月27日から人気商品の「剛木造 超空間の家スマート」をリニューアルし、販売いたします。また、4月19日から“創業45周年”と“純木造8階建て新社屋完成”を記念した「建築資金券1,000万円分などが当たる大抽選会」を開催します。

人気商品のリニューアル「建物保証」「設備保証」を強化、2025年の法改正に対応し「全棟構造計算を実施」


2024年4月27日から、基盤商品「剛木造 超空間の家スマート」をリニューアルし、2階建て3LDK(工事面積109.29㎡)の間取りで、1960万円(税抜)~販売します。

住んでからの維持管理の不安を軽減させる従来の保証(「AQ地震建替保証・地盤保証」)に加えて、さらに保証を強化。「AQ建物保証(構造・防水)」「AQ設備保証」が標準仕様となります。「AQ建物保証(構造・防水)」は、建物がある限り主要構造部と防水部分を永久(AQ)に保証※1。「AQ設備保証」は、住宅設備機器に保証対象となる故障や不具合が発生した場合、物件引き渡し日から10年間無料で出張修理や部品交換が受けられる保証です※2。入居後の不安を軽減させ、より多くの方々に末永く住み継がれる住宅を提供してまいります。

また、2025年の建築基準法改正※3に先駆けて対応し、全棟構造計算の実施を徹底。それにより、弊社が開発した8トン壁や9倍壁、455耐力壁といった様々な耐力壁を組み合わせ、これまで以上の高耐震かつ大開口・大空間の住宅提案が可能となりました。同社は、実証実験や中規模木造建築で培った技術や研究で様々な耐力壁を所有。それらを「剛木造※4」として、戸建て住宅や木造ビルの建築で活用しております。

※1 弊社指定の点検・メンテナンスを実施することが条件となります。
※2 消耗品は対象外となります。
※3 建築基準法第6条の4に基づき、延べ床面積500㎡以下、2階建て以下などの条件を満たす木造住宅は、構造審査を省略できた(4号特例)。2025年以降、条件が縮小され、木造2階建て住宅も許容応力度計算が義務化されることに先駆けて対応
※4 数々の建築実証実験と中規模木造のビル建築で培った技術や研究で様々な耐力壁を開発し、戸建て住宅に応用した未来構法

1000万円分の建築資金券などをプレゼント!


同社は今期45周年を迎え、4年連続の過去最高売上を達成する見込みです。また、2024年3月に、かねてから建築していた純木造ビル8階建ての新社屋ビルが竣工しました。感謝の気持ちを込めて、「創業45周年・木造8階建て新社屋完成 W記念キャンペーン」を開催しております。キャンペーンでは、世界情勢による円安からの物価高騰やマイナス金利解除などの社会不安によって、住宅の購入に踏み切れない状況のお客様を応援するため、抽選で1名様に建築資金券1000万円分(税込)、10名様に建築資金200万円分(税込)が当たる抽選を実施いたします。また、リフォーム事業部では、「外装塗装応援キャンペーン」を実施しております。

【創業45周年・木造8階建新社屋完成W記念キャンペーン 建築資金券1,000万円プレゼント大抽選会】
応募申込期間: 2024年4月19日(金)~2024年6月5日(水)
当選者特典 : 1000万円分(税込)の建築資金券 1名様
        200万円分(税込)の建築資金券10名様
抽選日   : 2024年6月8日(土)

【外装塗装応援キャンペーン】
開催期間  : 2024年4月19日(金)~2024年6月30日(日)
特典    : 足場代相当分8%をお値引き 
対象    : 建物の屋根・外壁塗装工事の見積り依頼と工事請負契約の全ての方
※キャンペーンはオープン懸賞とクローズド懸賞を含みます。


※キャンペーンの詳細はAQ GroupのHP(https://www.aqura.co.jp/2024gw/)にて公開しております。

純木造8階建て新社屋ビル完成


1978年埼玉県富士見市で創業し、2007年に現在の本社である東京都新宿区新宿住友ビルに本社を移転しました。 創業45周年を迎えた本年、2022年より建築していた日本初※の純木造8階建てビルが2024年3月31日に完成し、この5月に本社移転を予定しています。当ビルは、今後の中規模木造ビル普及に向けての実証実験ビルであり、同社が推進している日本の街並みに木造建築物を復興する「Re:Treeプロジェクト」の象徴となります。

AQ Group新社屋ビル
組子格子耐力壁が美しい夜の様子
組子格子耐力壁から光が差し込む
吹き抜けで開放感のあるエントランス

株式会社AQ Group新社屋概要:
住所:〒331-0052埼玉県さいたま市西区三橋五丁目976番地1
構法:木造軸組工法による耐震構造
面積:延床面積 6076.52㎡、建築面積902.47㎡
施工面積:6165.95㎡(吹抜含)
高さ:最高高さ 30.95m、基準階 階高 3.8m

※日本初:
1) 免震装置に頼らない耐震構造による構造体の木を現しとした木造8階建て
2) 木構造体の接合部を特殊な金物に頼らず日本古来の継手・仕口の技術を住宅用プレカット工場で量産加工してつくる木造 8 階建
3) 伝統的な木組み技術とビスだけで壁倍率 20 倍を超える高耐力組子格子壁を使った木造 8 階建て

アキュラホームPR:建物保証が永久に!2025年の法改正に先駆けて全棟構造計算を実施!人気商品「超空間の家スマート」をリニューアル。1000万円分の建築資金券などが当たるキャンペーンも開始!

カタログ請求ボタン
カタログ請求ボタン

木造建築を手がけるAQ Group の注文住宅ブランド「アキュラホーム」が、地価上昇によってマイホーム検討者が今後どのように住宅購入を考えていくかについて、記事として掲載しておりますので、ご紹介いたします。


2024年の公示地価が発表になりました。そこで分かったのは地価の大幅上昇。特に交通利便性の高い地域での上昇幅は大きく、好立地をうたうマンションはファミリー層には手が届かない存在に。マイホーム検討者のなかには候補地の変更を迫られるケースも増えているようです。そのようななか、どのような視点でマイホーム購入を考えていけばいいのか、FP1級の川淵ゆかり氏が解説します。

2024年公示地価…ファミリー層に人気の街で地価大幅上昇


住宅地の上昇率は、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)が2.8%、主要4市(札幌・仙台・広島・福岡)は7.0%伸び、29都道府県で上昇となりました。

さらに1都3県の住宅地についてみると、「東京都」は4.1%(前年2.6%)、「神奈川県」は2.8%(前年1.4%)、「埼玉県」は2.0%(前年1.6%)、「千葉県」は4.3%(前年2.3%)の上昇でした。

東京都と千葉県の上昇率が大きいですが、千葉県では市川市と浦安市が突出しています。市川市の坪単価は125万1,989円、上昇率は11.83%と、1,374市町村中11位の上昇率、また浦安市の坪単価は144万5,772円、上昇率は10.83%と、1,374市町村中15位の上昇率となっています。

両市とも都心へのアクセスの良さが人気。都内の不動産価格が高騰しているなか、まだ都内より地価の安いエリアとして注目を集め、地価の大幅上昇につながったのでしょう。同じような状況は他の地域でも起き、結果、ファミリー層に人気とされてきたエリアでのマイホーム実現が難しくなってきました。

「駅前&好立地」が売りのマンションは、庶民には高値の花に


東京23区内での坪単価と上昇率をみてみましょう。

東京23区では、昨年に続きすべての区で地価が上昇しました。都内の住宅地の上昇率は、昨年は2.6%の上昇だったのが、今年は4.1%の大幅なアップを示しています。なぜ、このような状況が起きたのか……次の4つの要因が考えられます。

1.住宅ローン金利上昇の懸念

日本銀行の植田総裁就任により、金融緩和策の見直しが進み、今後、住宅ローンの金利上昇があるのではないか、といった不安から住宅購入が増え、地価を押し上げたと考えられます

2.地震に強い建物か

2024年、性能基準や上限額の引き下げなどといった改正があり、減税の恩恵が小さくなるといわれていることから、駆け込み的に住宅購入が増加、地価を押し上げたとされています。

3.東京の人口集中

総務省統計局の「住民基本台帳人口移動報告 2023年結果」によると、東京都への転入超過数(転入者数-転出者数)は6万8,285人増と、他の都道府県に比べて最も多くなっています。東京都への転入超過は2年連続で、前年の3万8,023人から大幅に伸びました。東京への人口集中も地価上昇の大きな要因といわれています。

4.住宅価格の上昇

円安等による資材価格高騰、人手不足による人件費高騰、時間外労働時間制限による建築工事の長期化(建設業の2024年問題)により建築価格自体も上昇しています。そのため、「今のうちに購入しておかないと」といった“駆け込み”の心理的要因が影響し、土地価格の上昇につながったといわれています。

特にアクセスの良い駅周辺は地価の上昇幅が大きく、交通至便な駅周辺のマンションは価格が急騰。東京23区では新築マンション価格が平均1億円を超え、もはや庶民には手が届かない水準になっています。

マイホーム検討者は方向転換を迫られる?


新築マンションや中古マンションを購入する際、重要なのは「立地」。さらに立地が良ければ売却もしやすくなります。

国土交通省『令和3年度住宅市場動向調査』によると、住宅の選択理由について、「住宅の立地環境が良かったから」との回答が、中古戸建ての場合は3位だったのに対して、中古マンションの場合は1位でした。つまり「立地」の良いマンションほど、中古になっても売りやすいといえます。

しかしながら、人口減少が進んでいる日本、東京都も例外ではありません。2030年をピークに人口が減少し、23区内でも2035年をピークに減少に転じると推測されています。

人口が減少するということは、それだけ住まいの需要が無くなるということ。いくら立地で住まいを選んでも、将来的には「売れない」、また売れたとしても「希望の売却価格を下回る」といったケースが、今後は多くなると考えられます。無理して好立地の住まいを手に入れても、将来的に資産価値が大きく下がってしまい、売るに売れない……そんな事態が起きる可能性が高いのです。

そこで、いま、マイホームの購入を考えるのであれば、無理して好立地をこだわるのではなく、郊外も視野に検討するのがひとつのトレンド。「好立地のマンション」ではなく、より住環境を重視し、たとえば「郊外の庭付き一戸建て」へと希望を変更する人も多いようです。

年々、働き方は多様化し、在宅勤務や時差出勤で毎日定時に出勤しなくても良いというケースが増えています。そうなると、好立地にこだわる必要性は低下するでしょう。郊外住まいで通勤時間が長くなっても、「通勤電車が空いている」「通勤電車で座れる」ことが可能なエリアであれば、都心に近い駅チカ住まいよりも、通勤は快適です。郊外であれば都心部でマイホームを実現するよりも安く、それでいて住環境は格段に良くなります。

東京都心から50キロくらいのエリアであれば、通勤時間は1時間程度。神奈川県西部、埼玉県、千葉県や茨城県まで検討範囲は広がり、八王子市、横須賀市、厚木市、柏市など、郊外の主要都市も選択肢に入ります。買い物、教育、医療、レジャーなど、都心以上の生活利便性が得られるでしょう。

どのようなライフスタイルを実現したいのか、現在はもちろん、将来も見据えて、幅広い選択肢から検討することが大切です。

川淵 ゆかり
川淵ゆかり事務所 代表 ファイナンシャルプランナー(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

国立大学行政事務(国家公務員)後にシステムエンジニアとして、物流・会計・都市銀行などのシステム開発を担当。その後FPとして独立し、ライフプランやマネープランのセミナーのほか、日商簿記1級、CFP、情報処理技術者試験の合格経験を活かして、企業や大学での資格講座・短期大学や専門学校での非常勤講師としても勤める。

アキュラホームPR地価上昇!好立地が売りの「新築マンション」は買えない…
変更迫られる「マイホーム検討者」が狙うべきは

カタログ請求ボタン
カタログ請求ボタン

全国で施工している大手ハウスメーカーを中心に、当サイトで2023年の1年間にカタログ請求された数を元に、人気のハウスメーカーとそのメーカーのカタログをランキング形式でご紹介いたします。注文住宅を検討する方にとって、実績が多く、信頼性が高い大手ハウスメーカーから検討していただけます。

また、当サイトでは各ハウスメーカーの住宅商品について詳しく紹介しており、比較検討にご利用いただけます。さらに、総合カタログ・平屋・実例集・二世帯などのカテゴリごとにまとめて一括で請求することができますので、ぜひご利用ください。

※当サイトで2023年にカタログ請求された数を元に算出しています。

【第1位】積水ハウス


お客さまの「夢」を、かなえるために。 それが、ずっと、確かなものであるために 。

積水ハウスは、「邸別自由設計」をすべての住まいづくりの基本にしています。
軽量鉄骨造、木造(シャーウッド)、重量鉄骨造など、構法の進化に取り組むとともに、新しいリビングの提案「ファミリー スイート」や、多世帯の暮らし、子どもの成長を育む暮らし、家事をシェアしやすい暮らし、ペットとの暮らしなど、新しい暮らし方も提案してまいります。

積水ハウスの住宅商品はこちら

積水ハウスのカタログ


BRAND BOOK

積水ハウスの住まいで生まれる幸せなひと時を垣間見ていただきながら、家づくりの考え方をご紹介するカタログです。

【第2位】セキスイハイム


地球と家族にやさしい暮らし

セキスイハイムは『地球環境にやさしく、60年以上安心して快適に住み続けられることのできる住まいづくり』を実現しています。
住まう人の暮らしを考え、無理なく環境貢献ができる「グリーンモデル」をはじめ、人生100年時代を快適に暮らす「レジリンス100」、子どもの成長を育む「子どもがぐんぐん伸びる家」や、「二世帯・多世帯の暮らし」など、住まう人の暮らしに合った、「時を経ても続く価値ある住まい」をご提案してまいります。

セキスイハイムの住宅商品はこちら

セキスイハイムのカタログ


【セキスイハイム】総合カタログ

セキスイハイム(鉄骨系住宅)のスタートアップガイド。商品ラインナップから環境・快適・安心を軸にした独自のテクノロジーやサポート体制まで「ハイムの特長」がわかる1冊です。

【第3位】ミサワホーム


ミサワホームは住まいと暮らしをずっと見守る総合住宅メーカーです。

ミサワホームが新しいライフスタイルのご提案をしてきた、大収納空間「蔵」のある家。住まいと暮らしの安心を支える防災・減災住宅への取り組み。今後も「住まいを通じて生涯のおつきあい」という精神のもと、良質の「住まい」を提供し、豊かな社会づくりに貢献します。

ミサワホームの住宅商品はこちら

ミサワホームのカタログ


総合カタログ(THIS IS MISAWA)

ミサワホームの木質系住宅・鉄骨系住宅の全商品に加え、賃貸住宅やリフォームに関することまで網羅された一冊。もちろん、独自の工法や制震装置、代名詞でもある「蔵」も紹介しています。

【第4位】ダイワハウス


天井高2m72cmの高さというゆとり、強さという安心、変わらない快適さをご提案

「高さ」と「強さ」の両立へ。創業以来、半世紀以上に渡って培ってきたノウハウと技術で、住まう方それぞれにとって、安心だけでなく、快適な住宅を実現する。住まいは技術で進化する。強い家をつくろう、これからも一緒に。

ダイワハウスの住宅商品はこちら

ダイワハウスのカタログ


住宅総合カタログ

耐震性などの基本性能や暮らしをより豊かにするプラスのアイデア、アフターサービスや商品ラインアップまで、ダイワハウスの住まいづくりが分かる一冊

【第5位】住友林業


「木」を活かし、育み続けた住友林業だからつくることが出来る家があります。

住友林業は自然素材である木を活かして住生活を豊かにする会社です。木の魅力を知り尽くしているからこそ住まいへの活かし方を知っています。木と磨き抜かれた品質で人を癒し、人を守る住まいを実現します。

住友林業の住宅商品はこちら

住友林業のカタログ


住宅総合カタログ

会社の紹介から、建物の特徴、デザイン、家づくりの流れなど住友林業を詰め込んだ一冊です。家づくりのスタートはこのカタログからどうぞ。

【第6位】一条工務店


圧倒的な「性能」で、いつもの「快適」ともしもの時の「安心」をお届けします

お客様に本当に満足していただける家づくりを目指して、耐震・省エネ・健康・耐久といった「家の性能」を追求し続けています。高性能の家で、家族の安心とライフスタイルに合わせた快適な暮らしをご提供いたします。

一条工務店の住宅商品はこちら

一条工務店のカタログ


グラン・スマート メロウ ブラウン

シックなカラーの中に瑞々しさを感じさせるスタイル。暮らすほどに、住まいへの愛着が深まる、という楽しみを。

【第7位】三井ホーム


憧れを、かたちに。

三井ホームは、お客様のこころの中にある「憧れ」を、 経年優化に根ざした思想で、ひとつひとつ丁寧にかたちにしていきます。 家への誇りや愛着、その街で暮らす価値や喜びは、 時を経るほどに深まっていきます。

三井ホームの住宅商品はこちら

三井ホームのカタログ


㎥設計

広さの基準を、面積から体積へ。憧れの暮らしを実現する、三井ホームならではの自由自在な空間設計をご紹介。

【第8位】スウェーデンハウス


お客様満足度No.1。北欧クオリティの性能と居心地の良さにこだわった世代を越えて住み継ぐ家づくり。

2024年オリコン顧客満足度(R)調査 ハウスメーカー 注文住宅 で2015年の調査開始以来10年連続で総合第1位を受賞。ワングレード・ハイスペックの姿勢を貫き、安心・安全で快適な空間を提供し続けています。

スウェーデンハウスの住宅商品はこちら

スウェーデンハウスのカタログ


SWEDEN HOUSE WAY

スウェーデンハウスの総合カタログ

【第9位】トヨタホーム


人生をごいっしょに。その家には、ずっと長く住み続けられる 「品質」があります。

愛着ある住まいに、安心して暮らし続けていただきたい。幸せな住まいには、歳月に負けない強さが必要です。トヨタホームは、「よい品よい考」のスローガンを掲げ、徹底的に品質を追求して創意工夫を続けています。

トヨタホームの住宅商品はこちら

トヨタホームのカタログ


トヨタホーム総合カタログ

高層ビルにも採用されている鉄骨ラーメン構造を 採用したトヨタホームの全商品 (子育て・3階建て・スマートハウス・平屋等)の ラインナップ・性能・サービスをご紹介いたします。

【第10位】ヘーベルハウス


空間を自由に活かし、60年以上地震や火災から家族を守る独自構造

都市のシェルターに相応しい素材「ALCコンクリート・ヘーベル」と、強さのなかに限りない自由を叶える鉄骨躯体で創りあげるヘーベルハウス。創業以来、一貫して「素材」にこだわり、変わらない住まいづくりを提供

ヘーベルハウスの住宅商品はこちら

ヘーベルハウスのカタログ


ALL for LONGLIFE

ALL for LONGLIFE

耐久性の高い家づくりだけでなく、住まう人の人生を思いながらさまざまなサービスでサポート。私たちが考えるロングライフの思想がこの一冊に。

ハウスメーカーカタログ
モデルハウス見学予約

住宅ローンを借入れて住宅を取得する際に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度「住宅ローン減税」。マイホームを考えている人たちにはありがたい制度ですが、今年1月から条件等が変更になりました。フジ相続税理士法人の代表社員である髙原誠税理士が、アキュラホームの記事でしっかりと抑えておきたい変更ポイントについて解説していますので、ご紹介いたします。

2024年1月から変わった住宅ローン減税


「住宅ローン減税」とは、住宅ローンを利用して住宅を新築・取得・増改築する場合に、毎年の住宅ローン残高の0.7%を最大13年間、所得税から控除することができる制度のことをいいます。

本制度は、住宅ローン利用者の金利負担の軽減と日本の景気の下支えを目的として設けられています。しかし、2024年1月1日以降に新築の建築確認を受けた住宅、あるいは2024年7月1日以降に建築された住宅は、省エネ基準適合住宅以上でなければ住宅ローン控除を受けることができません。省エネ基準適合住宅とは、以下の通りです。

① 認定長期優良住宅・認定低炭素住宅
② ZEH水準省エネ住宅
③ 省エネ基準適合住宅

今回注意する必要があるのは、上記の省エネ基準に適合しない住宅である「その他の住宅」です。2023年末までに建築確認を受けた場合は、借入限度額2,000万円まで住宅ローン控除を利用できるのですが、それ以降については制度の利用ができなくなってしまいます。

【図表1】 出所:国土交通省ウェブサイト

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000017.html

「認定長期優良住宅」の適用要件とメリット


2022年の税制改正で、新築住宅に対する適用ルールが変更され、環境に配慮した住宅は一般の住宅よりも借入限度額の設定を高くする優遇策が講じられました。

しかし、2024年1月以降は、省エネ基準を満たした住宅でなければ、住宅ローン減税の対象外となってしまいます。

先述の通り、住宅ローン減税の対象となる省エネ基準適合住宅は3種類ありますが、どのような適用要件、メリットがあるのでしょうか。今回は、省エネ基準適合住宅の中で最も性能が高い、と国が定めている「認定長期優良住宅」について触れていきます。

認定長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅のことを言い、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき認定されます。高い耐震性能や省エネルギー性能を持ち合わせているため、安全かつ快適な暮らしの実現と数世代にわたる長期間の居住を目的としています。

そのため、資産価値が落ちにくく、売却する際も一般住宅に比べ高値になる傾向にあります。

長期優良住宅の認定要件は以下の通りです。

① 住宅の構造および設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていること。
② 住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
③ 地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものであること。
④ 維持保全計画が適切なものであること。
⑤ 自然災害による被害の発生の防止、軽減に配慮がされたものであること。

参照:長期優良住宅(2)認定基準| 国土交通省(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

また長期優良住宅は、以下の支援を国から受けることが可能です。

① 住宅ローン減税または投資型減税による所得税の軽減措置の適用
② 登録免許税、固定資産税、不動産取得税の軽減措置の適用
③ 住宅ローンの優遇措置の適用
④ 地震保険料の割引
⑤ 「地域型住宅グリーン化事業」の補助金の支給

参照:認定制度概要パンフレット(新築・木造軸組版)長期優良住宅 新築のメリット| 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

「住宅ローン減税」を適用するための条件とは


そもそも住宅ローン減税はどのような条件下で利用できるのでしょうか。適用には一定の条件があり、新築住宅を取得等する場合の主な条件は以下の通りです。

① 自らが居住するための住宅であること
② 床面積が50m2以上*
③ 合計所得金額が2,000万円以下*
④ 住宅ローンの借入期間が10年以上であること
⑤ 引渡しまたは工事完了から6ヵ月以内に入居すること
⑥ 昭和57年以降に建築又は現行の耐震基準に適合していること   など

*2023年末までに建築確認を受けた新築住宅を取得等する場合、合計所得金額1,000万円以下に限り、床面積要件が40m2以上
参照:住宅ローン減税の概要について(令和4年度税制改正後)| 国土交通省
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000017.html

実際の「控除額」はどのくらい?


では、住宅ローン減税の制度を利用すると、実際にどのくらいの控除が受けられるのでしょうか。計算方法としては、毎年、「年末時点の住宅ローン残高×0.7%」と「1年間の最大控除額」を算出し、そのうちいずれか低い金額を所得税や住民税から控除する方法になります。

【図表2】 出所:国土交通省ウェブサイト

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000017.html

住宅ローン減税の諸条件を満たした「省エネ基準適合住宅」に、2023年(令和5年)に入居したとします。住宅ローンで借入限度額4,000万円を利用し、その年の借入金の年末残高が3,000万円のとき、「年末時点の住宅ローン残高3,000万円×控除率0.7%=21万円」と「借入限度額4,000万円×控除率0.7%=28万円」を比較し、低い金額である21万円が控除可能額となります。しかし、この金額がこのまま控除されるわけではありません。

たとえば、年収500万円の人の場合、所得税率20%となりますので、本来納めるべき所得税は10万円です。控除額が本来納めるべき所得税を上回っているため、所得税は納付不要となります。所得税から控除しきれなかった11万円については、翌年の住民税から控除が可能となるのですが、この住民税の金額にも上限があるため、詳しい控除条件は居住地の市区町村に確認することをおすすめします。

住宅ローン減税…入居のタイミングに注意


将来、長期優良住宅をはじめとする省エネ基準適合住宅の購入と住宅ローン減税の利用を検討している人は、それぞれのメリット・デメリットを十分に把握する必要があります。また、住宅ローン減税の控除上限額は、住宅を購入したときではなく、「居住を開始したとき」で決まります。新築住宅を取得する場合、入居するタイミングが2024年1月以降になると、控除限度額も大きく変わってしまうためご注意ください。

一方、2023年12月14日公表された2024年税制改正大綱では、19歳未満の扶養親族を有する子育て世帯や、夫婦どちらかが39歳以下の世帯に対しては1年間、借入限度額の上限の引き下げを見送ることになった(「その他の住宅」について変更なし)ため、該当の方にとっては引き続き住宅購入の助けとなるでしょう。

2024年1月以降に変わる住宅ローン減税の利用で後悔をしないためにも、一度、専門家に相談してみることをおすすめします。

アキュラホームPR:【超重要】2024年1月から変わる「住宅ローン減税」知っておくべきポイントを専門家が解説

カタログ請求ボタン
カタログ請求ボタン

■都市部の課題を解決する東京都の「環境性能向上支援事業※1」活用住宅を近畿・中部※2へ展開
■狭小敷地でも庇延長屋根で PV 搭載容量を確保、大きな軒下スペースで外遊びが可能
■独自の IoT 防犯システム「セキュナビ※3」を強化、防犯と家事軽減の両面で子育てを支援


地球環境にやさしく、60年以上安心して住める家づくりを理念とする積水化学工業 住宅カンパニーは、セキスイハイムの二階建・三階建住宅に「省エネ」×「子育て」支援アイテムをパッケージし首都圏※4 で展開している商品『T』シリーズのうち、三階建住宅『デシオ-T』を、2024 年 1 月 20 日より近畿・中部エリア※2へ販売拡大します。
同社は、縮小する新築市場でも持続的な成長を図るため、全国に販売拠点を構える強みを活かし、都市・地方の各市場に合ったエリア別商品展開を強化しています。都市部では、東京都において電力をへらす(H)・つくる(T)・ためる(T)の「HTT」をキーワードとして環境性能の高い住宅規格の開発等を助成する「環境性能向上支援事業※1」が開始され、同社はこの取り組みに賛同。地域販売会社である東京セキスイハイム株式会社※5 と共同で省エネ・子育て住宅『T』シリーズを企画開発し、昨年 11 月からの 2 か月間で販売エリア全体※4における受注は 100 棟を超えました。今回、首都圏での好評を受け、三階建市場にて同様のニーズがある近畿・中部エリア※2へも販売を拡大します。
『デシオ-T』は、狭小敷地でも屋根スペースを有効活用し、太陽光発電システム(以下、PV)の大容量化と魅力的な軒下空間を実現。独自の防犯システムも加えて子育て世帯の豊かな暮らしとサステナブルな社会の実現に貢献します。

『デシオ-T』の概要


1.都市部の課題を解決する東京都の「環境性能向上支援事業※1」活用住宅を近畿・中部※2へ展開
昨今は電気代の高騰による省エネへの関心と、共働き世帯の増加に伴う子育て支援へのニーズが高まっています。また、都市部においては敷地面積に制限が多いことから特に三階建への要望も多くあります。これらの課題に対応できる『デシオ-T』を首都圏と同様のニーズがある近畿・中部エリア※2へ販売拡大し、サステナブルな社会の実現に貢献します。

2.狭小敷地でも庇延長屋根で PV 搭載容量を確保、大きな軒下スペースで外遊びが可能
屋根庇を延長し屋根面積を拡大することで、狭小敷地の三階建住宅でも 7.15kW※6 の PV 容量を確保。HEMS「スマートハイムナビ」による省エネアドバイス、大容量蓄電池への蓄電、電気自動車(EV)と連携する VtoHeim を組み合わせ、エネルギー自給自足型※7の暮らしを目指します。また広い軒下スペースを活用することで、宅内の屋外空間でお子様が安全に遊べたり、ベランピングで家族のコミュニケーションを育むなど、都会でも安心できる子育て空間を提案します。

3.独自の IoT 防犯システム「セキュナビ※3」を強化、防犯と家事軽減の両面で子育てを支援
住居への侵入防止対策を行う独自の IoT 防犯システム「セキュナビ※3」に人検知機能付きの防犯カメラを追加。外出先からスマートフォン※8で防犯カメラの映像が確認できるほか、宅配 BOX※9との連携で着荷通知を受け取ったり、エアコンや照明などもスマートフォン※8で操作が可能となるなど、防犯と家事の両面から子育て世帯の充実した日常生活を支援します。

『T』シリーズ展開の背景


セキスイハイムグループでは、2012 年に初めて蓄電池搭載住宅を販売開始。その後 2020 年には、大容量 PV と大容量蓄電池を搭載し「できるだけ電気を買わない、地球環境に優しい暮らし」を実現するエネルギー自給自足型住宅※7「GREENMODEL」を発売。累積引渡し実績は 4,000 棟※10を超えるなど、かねてより脱炭素社会の実現に貢献してきました。
2022 年には東京都が「2030 年までに温室効果ガス排出量を 2000 年比で 50%削減する」カーボンハーフ※11を実現し中長期的なエネルギーの安定確保につなげるために、環境性能の高い住宅規格の開発及び改良等に必要な経費の一部を助成する「環境性能向上支援事業※1」を開始しました。同社はこの取り組みに賛同し、東京セキスイハイム株式会社と共同で省エネ・子育てパッケージ住宅『T』シリーズを企画開発。都市部の課題を解決する住まいとして好評を得ています。

『デシオ-T』の特徴


1.都市部の課題を解決する東京都の「環境性能向上支援事業※1」活用住宅を近畿・中部※2へ展開
近畿・中部の都市部では首都圏と同様に、敷地面積※12が狭い、空き巣などの住居侵入窃盗罪の件数※13が多いといった住課題があります。また、エネルギー価格高騰への対応や脱炭素社会の実現に向けて省エネニーズも高まっています。このような課題解決に貢献する三階建住宅『デシオ-T』を近畿・中部へ販売拡大することで、近年増加している共働き世帯が安心して快適に暮らせる住まいの実現を目指します。

戸建住宅の平均敷地面積
住宅侵入窃盗罪の認知件数

2.狭小敷地でも庇延長屋根で PV 搭載容量を確保、大きな軒下スペースで外遊びが可能
1)省エネ性の向上
狭小敷地でも屋根面積を拡大することで同社モデルプランでの試算では、PV の搭載容量が5.56kW から 7.15kW※6へ約 30%アップ。加えて、大容量蓄電池「e-PocketGREEN」と同社独自の HEMS「スマートハイムナビ」との連携により、優れた環境性と経済性を実現します。
環境性としては、1 年間に使用する電力の最大約 70%※14 を、発電時に CO2 を排出しないクリーンな PV エネルギーで賄うことが可能となります。経済性としては、電力会社から購入する電気を抑えることができるため、年間光熱費は蓄電池を設置しない電気ガス併用の一般住宅と比較して約 26 万円※14削減することができます。
また、EV と連携する VtoHeim を搭載することで、PV 由来のクリーンな電力を EV の走行に使うことはもちろん、EV の大容量バッテリーと宅内の蓄電池それぞれが住まいへの電力供給源となり、さらに環境性と経済性を高めた暮らしも可能です。

HEMS「スマートハイムナビ」の機器連携イメージ

2)快適な住空間
屋根の大型化によって生まれる広い軒下空間は、都市部の限られた敷地でもプライバシーを確保しつつ、お子様が屋外で遊べるスペースや、家族や友人などと食事を楽しむ交流のスペースなどフレキシブルな使い方で暮らしを楽しめる住空間を提案します。エレベーターを採用し三階にリビングを設定することで、都市部でも日当たりの良い開放的な空間を実現。軒下空間と合わせて屋外との一体的な利用も可能です。さらに、一階にはビルトインガレージを設けることで敷地を有効活用。車を停めるだけでなく、多彩に利用できるスペースを併設することで、アウトドアや DIY など家族のコミュニケーションを深める空間を提供します。

快適な住空間の間取り例

3.独自の IoT 防犯システム「セキュナビ※3」を強化、防犯と家事の両面で子育てを支援
都市部での住居侵入犯罪に備え、スマートフォンアプリ※8 を活用した住居への侵入防止対策パッケージ「セキュナビ※3」を搭載。HEMS と IoT 技術を連動させ、遠隔での来客対応、玄関ドアの施錠操作、窓の施錠見守り、宅配 BOX※9 による非対面での荷受け、シャッター開閉操作※15 が可能となります。
さらにはセンサーカメラとインターホンを連携させた防犯カメラも新たに搭載。スマートフォン※8 でリアルタイムに映像を確認し、カメラに映った人に向けて遠隔で警告音を鳴らすことができます。また車などの動きの多い環境でも人のみを検知する「人検知機能」を搭載、意図しない反応を軽減するストレスの少ない防犯対策を行います。先進の防犯技術により家族を守るとともに家事をラクにする機能で快適な日常を支援します。

セキュナビ

販売目標


年間 150 棟(東京、近畿、中部エリア※2※4の合計)

デシオ-T 外観イメージ

※1 東京都:環境性能向上支援事業(https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2023/01/31/22.html)
※2 セキスイハイム近畿株式会社の販売エリア全府県(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)
セキスイハイム中部株式会社の販売エリアのうち愛知県、岐阜県、三重県
ただし、両エリアとも垂直積雪量 100cm を超える地域および一部離島を除く。
※3 いわゆる「無締まり」を報知・連絡するための機器であり、盗難・犯罪防止機器、災害防止機器ではありません。
※4 東京セキスイハイム株式会社の販売エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県
※5 本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田匡秀
※6 モデルプラン(延床面積 170.73 m2 ビルトインガレージ 23.05 m2分を含む)での例。
プラン等の条件により 7.15kW の容量を確保できない場合があります。
※7 すべての電力を賄えるわけではありません。電力会社から電力を購入する必要があります。
※8 本機能を使用するためには、事前に専用のアプリのダウンロード及び設定が必要です。
対応 OS:Android 10.0~、iOS13~(2023 年 10 月時点)
※9 対象はスマートハイムナビ対応の宅配ボックスです。また、センサー送信機の購入が必要です。
※10 2020 年下期以降の GREENMODEL シリーズの売上実績(2023 年 9 月末時点)
※11 東京都環境局(https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/policy_others/zeroemission_tokyo/carbonhalf.html)
※12 総務省「平成 30 年住宅・土地統計調査(2020 年公開)」(https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/index.htm)
※13 警視庁「令和 4 年 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」
(https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/about_mpd/jokyo_tokei/jokyo/ninchikensu.html)
なお、侵入窃盗とは、住居に誰もいないときに窃盗を行う「空き巣」や、住居に人がいるときに窃盗を行う「居空き」等が該当します。
※14 [試算条件]《デシオ-T》UA 値 0.53、PV 7.15kW、蓄電池 12kWh(グリーンモード)、空調:エアコン(1~3 階)、調理:IH ヒーター、給湯:エコキュート、電力契約:中部電力「スマートライフプラン(夜とく)」(2023 年 10 月時点)、太陽光買取価格:1~10 年目 16 円(2024 年想定)《一般住宅》UA 値 0.87、空調:エアコン、調理:ガス、給湯:ガス(エコジョーズ)、電力契約:中部電力「従量電灯 B」《共通》建築地:名古屋、延床面積:170.73 m2、再生可能エネルギー発電促進賦課金:1.40 円(2023 年度)、燃料調整:2023 年 8~10 月の平均。「電気・ガス価格激変緩和対策事業」による値引きは含みません。邸ごとの敷地条件、プラン、設備仕様、生活スタイル、今後の購入電気代単価の変動などにより変化します。
※15 対象となるシャッターは、YKK AP 製アルミ樹脂複合サッシの電動シャッターです。通風電動シャッターは対象外です。中継器の購入が必要です。遠隔操作、気象警報連動の自動操作にて、挟まれや閉め出しの恐れがあります。メーカーの取扱説明書の注意事項をよく理解いただいた上で使用ください。
※16 電気使用量で在宅を感知するため、あらかじめ分岐回路の事前登録が必要です(最大 4 回路まで)。在宅を感知した後、通知は約 15 分程度かかります。ただし、インターネット環境の状況によりそれ以上遅延する場合があります。また、電気使用量が少ない場合には、お知らせされないことがあります。

セキスイハイム プレスリリース
省エネ・子育て住宅『デシオ-T』を近畿・中部へ販売拡大

セキスイハイム カタログ
セキスイハイム 商品モデル