本紙が実施した新年経営者アンケート(1月12日号1面)によると、今後成長が期待できる事業分野として「住宅」が「物流」に次いで第2位となった。在宅ワークや抗ウイルス対応、家族との過ごし方など新たな生活スタイルやニーズが現れ、市場に活力を生んでいるからだ。課題は新型コロナ収束後にこれらの変革がどう定着するのか。暮らしの本質を探る動きが始まろうとしている。

広がるコロナ対応

 昨春以降、新型コロナ感染対策として在宅勤務を導入する企業が増え、在宅ワークのスペース確保は、これからの住まいづくりに欠かせない要素となってきた。課題は限られた面積の中でそれをどう実現するかだ。例えば、新築分譲マンションではLDの一角に1畳ほどの仕切られたスペースを確保したり、間取り変更メニューとしての書斎、インテリアオプションとしてベッド一体型デスクなどを用意し始めた。更に、共用施設としてコピー機やWi-Fiなどを備えたワークスペースを設ける事例も目立つ。

在宅ワークスペース

個室タイプの在宅ワークスペース(ミサワホームの「スマートブランドWS」)

 在宅ワークスペースについて、男性(父親)は防音性の高いクローズド空間を、女性(母親)は子供を見守りながら仕事に取り組めるセミクローズド空間を希望する傾向が強いという。また、子供のいない共働き夫婦には他のスペースを犠牲にしてもそれぞれが独立した書斎を持つ、あるいはマルチハビテーション(多拠点生活、今週のことば)型住まいの提案など多彩な市場形成が今後始まる可能性もある。

 一方、コロナ対応で際立ってきたのが家庭内感染を防止するための様々な工夫だ。空調・換気システムの新開発、抗ウイルス部材や建材の導入などは各社が競い始めたが、玄関脇の手洗いスペース、リビングを通らずに玄関から浴室や個室へ直行できるようにするなどこれまでの動線を大きく変える〝間取り改革〟がどこまで進むのかも注目される。

 ミサワホームが今年1月に販売開始した企画型商品「スマートブランドWS」では、医療施設での感染予防の設計手法を応用し、(1)ウイルスや花粉が侵入しやすい空間(玄関や洗面所)、(2)病気になった家族の動線空間(階段やトイレ、浴室)、(3)安全な空間(キッチンやリビング、個室)の3つにゾーン分けしたプランを提案し、抗菌・抗ウイルス効果のある建材や非接触設備なども採用している。

 空調や殺菌装置の設置などはともかく、大きな動線変更を伴うこうした大胆な〝間取り改革〟はコロナ収束後も定着するのだろうか。子供部屋のかたちが時代のニーズと共に変わってきたように、ウイルスや細菌による感染症との戦いが続くとすれば、間取りや動線の変更は合理的なものとして自然に定着していく可能性がある。

 同社商品開発部長の石塚禎幸氏は「コロナ収束後も、ウイルス対策の観点からそうした部材や建材、非接触アイテムを標準装備する」と話す。

暮らしの本質を探求

 コロナを機に住まいのあり方を見直す機運は別の角度からも高まっている。家族が共にいる時間をどう楽しむかという視点だ。例えば、旭化成ホームズは昨年11月、新商品「ワンフィット」を発売した。室内にいながらもアウトドア気分になれるインナーテラスやファミリーベランダを提案している。仕事だけでなく、大人が趣味などに没頭するためのスペースとしても活用できる。

「ワンフィット(商品名)」写真

在宅勤務中の気分転換にも有効なインナーテラス(旭化成ホームズの「ワンフィット」)

 ミサワホームの「スマートブランドWS」でも、家族全員が集まっても開放感のあるリビングとなるように3メートルの高天井と高窓を標準仕様としている。このように、暮らしそのものに着目し、豊かな日常をデザインするための工夫はコロナ収束後も続く。なぜなら暮らしの本質を探る動きだからだ。

豊かさ見直す

 旭化成ホームズ商品企画部の松本淳氏は自身の経験を踏まえ、こう話す。「在宅ワークが増えて通勤時間が削減された分、子供と過ごす時間が増えた。暮らしとして幸せと感じる」。

 日本は先進国の中でも幸福度が低いが、コロナを機に、家族と一緒に過ごす時間が増えれば、幸福度も上がる可能性がある。「企業側も、社員が自由な時間を持てる働き方のほうが、優秀な人材が集まると考え、在宅ワークを継続するのではないか」。

 同社くらしノベーション研究所の根本由美氏も、理想の暮らしを求める動きに注目する。「住まいを考える上でこれまでは職場(会社までの距離など)との関係が強かったが、今後は自分らしい暮らし、幸せな暮らしを見つめ直すことになる」と語る。

 人のマネではなく独自の豊かさを求めて、それぞれの家庭が自分に合った暮らしを設計することに喜びを見いだす、そんな社会が到来するのではないか。

 ただ、積水ハウスの仲井嘉浩社長は年頭所感で、「住を基軸とした〝大義あるイノベーション〟」という言葉を使っている。理想の暮らしは人それぞれだが、これからは環境への貢献が不可欠となってきたことも確かだ。(井川弘子)

家での時間がさらに充実する庭での過ごし方・楽しみ方

戸建ての家の魅力のひとつに、庭で過ごす時間があります。ガーデニングを楽しんだり、家族や友人とBBQをしたり、子供やペットを遊ばせたりと、楽しみ方はさまざま。広いウッドデッキを設置すれば、第2のリビングスペースとして活用することもできるでしょう。

わが家の庭で育つ樹や花から季節を感じられる暮らしは格別。敷地の形状によっては良好な日当たりを確保できないこともありますが、日陰を好む植物を組み合わせれば、十分ガーデニングも楽しめます。

ライフスタイルに合わせてガーデニングのスタイルも選ぶ

ただ、最近は共働きの家庭も増えており、「庭の手入れになかなか時間をとれない」という方も多いはず。そんな方にお勧めなのが、「ドライガーデン」です。砂利や石材を敷き詰め、乾燥に強い植物を組み合わせることで、面倒な雑草対策や日々の水やりの手間が省けます。手入れが簡単なので、ガーデニング初心者にもおすすめ。

また、最近秘かなブームとなっている盆栽に挑戦したい方は、あらかじめ日当たりのよい場所に専用スペースを確保しましょう。

広い庭も、コンパクトな庭もプラスαで魅力を引き出す

近隣の家が隣接する都市部なら、中庭に向けて大きな窓をつければ、プライバシーを保ちつつ快適な空間に。

コンパクトな前庭やアプローチには、ライトアップで帰るのが楽しみな家を演出できます。

イメージに合わせて枕木を敷いたり、レンガで花壇を作ったりと、DIYの要素もプラスして、わが家にぴったりなガーデンライフを実現しましょう。

台風で倒壊しない家とは?

最近の台風は大型化しており、例年国内各地で大きな被害が報告されています。

「これから建てる家は大丈夫?」と不安に思う方がいるかもしれませんが、建築基準法では「500年に一度程度発生する暴風でも倒壊・崩壊しない程度」の堅牢さが求められているので、記録的な強さの台風を除き、基準を満たした建物が台風で崩壊することはないでしょう。

心配な方は、住宅性能表示による「耐風等級2」をクリアしている物件を選択すれば、さらに安心した住まいになります。

強風による飛来物で窓ガラスが割れるケースに注意!

ただし、上記はあくまでも建物の躯体の話。気象庁のデータには、平均風速20m/秒を超えると「屋根瓦・屋根葺材が飛散するものがある」と記載されており、しっかりした家でも、強風による飛来物で窓ガラスが割れるケースが考えられます。

窓ガラスが割れると室内に雨が吹き込むのはもちろん、窓から強い風が一気に吹き込むことで屋根が吹き上がるケースもあります。

特に風の強い地域では、1、2階とも耐風シャッターの設置を検討しましょう。

台風にも負けない屋根材はどう選ぶ?

昔ながらの瓦屋根は瓦を固定していないため、台風で被害に遭うケースも多く、「瓦屋根は台風に弱い」というイメージが強いようです。しかし、最近では軽量化された瓦屋根をしっかり固定する製品が登場しています。

老朽化したスレート屋根も割れたり、強風時にはがれたりするケースがあるので、定期的なメンテナンスが重要に。

軽量で耐用年数も長いガルバリウム鋼板の屋根も、下地を定期的に点検することで、台風による被害を抑えられます。

メリットはこんなにある!車好きにもおすすめ「ビルトインガレージ」

戸外に設置する一般的なガレージに対し、建物内に駐車スペースを組み入れた「ビルトインガレージ」。家の内部に駐車することで車が風雨にさらされず、乗降時もスムーズに室内に入れるというメリットがあります。天候を気にせずに安心して車の乗降ができるのはかなり便利。キャンプやサーフィンなどの趣味がある方なら、アウトドア用品をガレージ内に収納したり、車に積み込んだりするのもスムーズです。また、リビングと「ビルトインガレージ」をガラス戸で仕切り、室内からいつでも愛車を眺められるようなプランを実現した車好きの方もいます。

書斎や趣味室としても使えるプラスαのスペースを

家での過ごし方が変わってきた現在は、この「ビルトインガレージ」を趣味室として活用するプランが注目されています。DIYコーナーを確保して工具を壁面に並べたり、カウンターデスクを設置してPCを置けるようにしたりと、アイディアしだいで過ごし方も充実するはず。あらかじめ照明や電源の位置に配慮しておけば、さらに快適になります。長時間過ごすなら、エアコンの設置についても検討が必要でしょう。

設置する時はここに注意!快適に過ごすためのコツ

「ビルトインガレージ」を設置する際、気をつけたいのが換気扇の有無。また「ビルトインガレージ」から直接住居スペースに出入りできる出入口をつけておくと便利です。趣味室として使うなら、「ビルトインガレージ」の面積を建物の延床面積の5分の1に収まるようにしましょう。それを超えると延床面積に参入され、固定資産税に影響が出るので要注意です。

バルコニーは、外の空気を感じながら家の中で穏やかに過ごすことができる設備です。家の新築を考えている方の中にも設置したいと考えている人は少なくないでしょう。一般的には、1階部分よりも外側に張り出した「キャンチ(オーバーハング)バルコニー」の形式が多く見られますが、室内の部屋の一部をバルコニーとする「インナーバルコニー」という形式もあります。

今回は、

という方のために、インナーバルコニーのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

構造的な安定性が高く、災害時も安心

オーバーハング型のバルコニーは、建物の重心よりも外側に突き出す形になるので、構造的には不安定です。もちろん、建物の安全性が保たれるように設計されますが、突き出していないほうが安定しやすいのは間違いありません。それに比べて、インナーバルコニーは建物の中にあるため、安定しやすく構造上の負担が少ないのが利点です。

開放的で明るく、洗濯物を干すのに適している

また、インナーバルコニーの場合、窓を前面だけでなく左右にも取り付けることができるので、風通しは抜群。洗濯物を乾かすのに便利な上に、雨が降っても安心です。

「室内だから、日当たりは悪くなってしまうのでは?」と思われるもしれませんが心配はいりません。窓が多いということは、左右からも太陽の光が差し込んでくるということ。室内でも十分な明るさを確保できます。

雨漏り対策として、排水口の設置を忘れずに

続いて、インナーバルコニーのデメリットをご紹介しましょう。室内とはいえ、つくりはあくまでもバルコニーなので、雨水の侵入に注意しなくてはいけません。天候が悪くなり雨風が強くなると、今度は窓が多いことが欠点となり、雨水の侵入を許してしまいやすくなります。施工時には、雨水が侵入しても問題ないように防水対策を施してもらいましょう。

しかし、防水対策といっても未来永劫、効果が続くわけではありません。しばらくすれば防水効果も薄れてしまうため、年月の経過とともに雨漏りに気をつける必要があります。

雨漏りのリスクを最小限に抑えるには、排水口を設けて侵入した雨水を屋外に排出するのが一番です。ところが、施工業者によっては「インナーバルコニーへの排水口の設置」が標準仕様に含まれていない場合があります。そうした場合は追加料金を支払って排水口の設置工事を行わければならなくなってしまうでしょう。

いざということきに備えるのであれば、インナーバルコニーには最初から排水口を設置しておくのが賢明です。そのため、排水口の設置が仕様に含まれているかどうかを事前に確認しておくことが大切になります。

雨漏りは、建物の構造にまで及べば家に住めなくなる原因にもなりかねません。「たかが雨漏り」と軽く考えず、万全の備えをして臨むようにしましょう。

「建設予定地が狭い土地だから、広い家をつくるのはあきらめている・・・」

こんな方はいないでしょうか?

土地面積は、家づくりの際重要なポイントのひとつです。しかし、たとえ狭い土地に家を建てる場合でも、広くつくる工夫はいろいろあります。「オーバーハング」もそうした工夫のひとつです。オーバーハングとは、住宅の2階部分が1階部分よりも外側に突き出したようになっている構造のこと。突き出した面積の分、2階の面積を広くとることができます。

という方のために、オーバーハング構造のバルコニーについて紹介します。

雨漏りが生じても被害が少なくてすむ

オーバーハング最大のメリットは「2階の面積を広くとれる」ことですが、それだけではありません。バルコニーをつくるには2つの方法があり、1つが外側に突き出すオーバーハングの構造、もう1つが部屋の一部をバルコニーにする「インナーバルコニー」です。

インナーバルコニーは、雨水が直接室内に入ってきてしまうことが大きな問題です。もちろん、きちんと防水対策を施せば問題ありません。しかし、もし年月の経過によって防水が切れてしまえば、バルコニーの下にあたる1階部分は雨漏りの心配があります。

オーバーハングは、その心配がなく、たとえ防水が切れたとしても、雨水が落ちるのは屋外です。

突き出しの幅は「1m未満」に抑えると安全

オーバーハングのデメリットは、建物の重心が高い位置になることですが、設計士が構造計算を行い、十分な耐震性が保たれるように設計されます。

住宅の元々の大きさにもよりますが、オーバーハングによる突き出しはおおよそ1.5mが限界であると考えておくといいでしょう。一般的には、オーバーハングバルコニーの突き出し幅は1m 未満に抑えられています。

1.5m以上突き出す方法もある

しかし、場合によっては「それ以上の突き出し幅がほしい」ということもあるでしょう。そのような場合は住宅の安定性を損なわないため、特別な工夫が必要です。

具体的には、「住宅を鉄筋コンクリート造にして安定性を高める」「基礎を突き出し方向に延長して、建物全体の剛性を高める」といった対策が考えられます。

どちらのも方法も、建設時にしか検討することができません。設計段階から施工業者とよく打ち合わせしておきましょう。

こうした家づくりの願望を最も率直に叶える方法は、建物自体を植物に囲まれたものにすることでしょう。たとえば、屋上緑化などはよく知られた方法です。見た目もまさに「自然に囲まれた家」となるので、多くの方が憧れを持っていることと思います。

新築住宅に屋上緑化を施す際の注意点や、どのような効果をもたらすのかをご紹介しましょう。

劣化低減・住環境向上・周辺環境向上などの効果が期待できる

屋上緑化がもたらす効果は、単なる視覚的な変化だけではありません。建物を劣化させる大きな原因のひとつに太陽の光があります。太陽光に含まれる紫外線を浴び続けることで、建物は少しずつではありますが、次第に劣化していきます。屋上緑化を施せば、植物が建物を太陽光から守る盾代わりになってくれるため、劣化を低減させる効果が期待できます。

太陽の光が遮られるということは、建物内部の温度変化が緩やかになるということ。冷暖房費や光熱費の削減につながります。また、建物自体が熱を持つのを予防することができるので、ヒートアイランド現象を緩和し、周辺を涼しくする効果があることも見逃せません。

落ち葉と水やりの処理に注意

建物に屋上緑化を施すにあたって、注意しておきたいポイントがいくつかあります。まず、枯れ葉や落ち葉が周囲に落下し、近隣住民の迷惑になる可能性があります。使用する植物の選定や、ご近所とのつきあい方に注意してください。

植物を育てるためには、水やりが欠かせません。水やりは人が行うやり方と、自動灌水システムを使用する方法があります。自動灌水システムは便利ですが、人力でやる場合よりも初期費用が多く必要です。一方、人力は安価ですが手間がかかるのを忘れないでください。

最大の懸念は「雨漏り対策」

なかでも、最大の注意点といえるのが、雨漏りを防ぐことです。植物を生育させるためにはある程度屋上に水を保持しておく土の層が必要になります。しかし、排水に支障をきたせば雨漏りが生じ、建物が壊れる原因になることも……。

コンクリート造の場合は、防水対策を施せば必要以上に心配する必要はありません。そのため、屋上緑化は多くの場合、コンクリート造の住宅で採用されています。

木造住宅では、防水方法の選択に注意が必要です。FRP防水と呼ばれる、プラスチックの塗膜によって防水処理を施す方式では、地震の揺れなどによって防水箇所にひび割れが生じ、雨漏りが発生してしまうことがあります。一方、金属防水を採用すれば、揺れで防水効果が低減してしまう心配はありません。「木造住宅で屋上緑化するなら金属防水」と覚えておいてください。

テレビドラマなどで昭和の暮らしを見ていると、台所の「勝手口」から御用聞きの酒屋さんが訪ねてくる……などというシーンを見かけることがあると思います。

現在では使われる機会も減った勝手口ですが、「家に裏口のようなものがあったほうが何かと便利」と考え、住宅建設時に導入を検討する方も少なくありません。

という声は多く聞かれますが、同時に、

という方も多いことと思います。果たして、勝手口は本当に必要なのでしょうか?

勝手口のメリット・デメリット

勝手口を設ける際、多くの方が意識しているメリットは2つあります。ひとつは家の裏口として使うことです。家の裏側に庭や駐車場、物置などの設備がある場合、玄関しか出入り口がないと毎回家の周りを迂回して向かわなければなりません。勝手口があればそうした面倒はがなくなります。

もうひとつのメリットは、ゴミの保管場所としての利用法です。勝手口の前にゴミを集めておき、そのまま捨てに出ればゴミ捨てが簡単になります。

一方、デメリットとしては住まいの防犯能力が低下する恐れがあります。何しろ出入り口が1つから2つになるわけなので、泥棒にとっては侵入口候補の数が2倍です。鍵を閉めるなどの手間も余計にかかることになります。

また、家の開口部が増えるため、隙間風などが起こりやすく、室内の温度が維持しづらくなるものマイナスポイントです。

土間のある勝手口は利便性が高い

勝手口を設置する際、土間をつくることができるかどうかがひとつの大きなポイントになります。土間とは、勝手口の室内側にある「床がなく、地面と同じ高さになっている部分」のこと。勝手口に土間がついていると、外履きを置いたり、ゴミを保管する際の置き場所にできるので、勝手口の使い勝手がよくなります。

土間をつくることができない場合、勝手口は純粋な「裏口」としての役割しか果たすことができません。しかも、外履きは勝手口の外側に置かなくてはならなくなります。勝手口を設けるなら、合わせて土間をつくりたいものです。

勝手口はキッチン以外に設置してもよい

勝手口は、多くの方が無意識のうちに「キッチンに設けるもの」と思いがちです。たしかに、これまで多くの家の勝手口はキッチンにありましたが、それは冒頭で例に挙げたような「御用聞きの酒屋さん」が家にくる時代の話です。

今では、酒屋さんがキッチンを訪れるという機会は非常にまれでしょう。であれば、勝手口を取り付ける場所は必ずしもキッチンである必要はないのです。

たとえば、「浴室に勝手口を設ける」という方法もあります。これは実際に行われている方法で、子どもが外で遊んだときや、庭いじりをして汚れたときそのまま浴室に直行できます。玄関や廊下を汚してしまう心配がないので、なかなか便利だといえるでしょう。

勝手口の使い方は、その家に住む人のライフスタイル次第。自由な発想で、役に立つ勝手口を設置してみてはいかがでしょうか。

新居をつくるときは、家そのものだけでなく「付属品」をどうするかを考えておく必要があります。そのいい例が「物置小屋」でしょう。物置小屋は多くの家庭が設置している非常に便利な設備です。

という方もいれば、

という方もいるでしょう。これから家を建てる方が望み通りの「物置小屋」を手に入れるためには、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

新築時に設置するか、あとで購入するか

物置小屋をつくるときにひとつ大きな争点になるのが、「新築と同時に設置するか」、それとも「家を立ててしばらくしたあとで設置するか」という点です。

住宅建設後に設置するメリットは?

新居の建設時と建設後、物置小屋を設置するならどちらのタイミングのほうがいいのでしょうか?建設後に設置するメリットは「本当に必要だとわかったあとでお金をかけられる」ことですが、こちらはわかりやすいので、もうひとつの選択肢である「建設時に設置する場合」のメリットをご紹介しましょう。

10平方メートル以上の物置小屋を設置する場合、通常は建築申請が必要です。しかし、建設時であれば家を建てるために建築申請を行うので、物置小屋もまとめて建てることができるのです。

また、新居の施工業者に依頼してオーダーメイドの物置小屋をつくってもらうこともできます。新居の外観デザインにこだわりがある場合、市販の物置小屋では雰囲気がなじまず、見栄えが悪くなってしまうこともあるでしょう。住まいの見栄えにこだわりがある方は、建設時に建てることをおすすめします。

「物置小屋で暮らしが変わる」ことをPRしよう

ご自身が「建設時に物置小屋を建てたい」と考えていて、家族と意見が対立している場合、どうしたらいいのでしょうか。家族の理解を得るためには、建設時に設置するメリットを上手にアピールする必要があります。

まず、物置小屋があることでどんなに日々の生活が楽しく、快適になるかをアピールしてください。たとえば、庭いじりのための道具を入れようと考えているのなら、「新居は庭が広く、手入れが大変であること」をPRしましょう。完全に自分の趣味のために物置小屋を使う場合は、「物置小屋に荷物をしまえば、その分家の中が広くなる」とアピールしてみてください。

見事、訴えが聞き届けられれば、物置小屋は便利な設備として思う存分使うことができます。ぜひチャレンジしてみましょう。

こうした望みを持ちながら住宅建設を始める方は大勢います。「ガレージのある家」を実現するためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

ガレージハウスを導入するメリット

ガレージのある家をつくるときに問題となるのが、建物と独立したガレージをつくるか、それともガレージと一体化した家をつくるかです。ガレージと一体化した家は、「ガレージハウス」、あるいは「ビルトインガレージ」などと呼ばれています。

ガレージハウスのメリットをいくつかご紹介しましょう。まず、雨の日は車と家とを行き来するのが楽になります。買い物袋を抱えながら傘を指して玄関に走る必要はありません。また、小さいお子さんがいるご家庭では、車と家との間を行き来するときも注意して見守る必要があります。子どもは好奇心旺盛なので、素直に車に向かわず、途中で遊び始めてしまうこともあるでしょう。ガレージハウスであれば、家と車の距離が独立型ガレージよりも短くなるので、「子どもが道草を食ってなかなか出発できない」ということ自体を防ぐことができます。もっと直接的なメリットとしては、四方がカバーされているため、雨風から車を守ることが可能です。

ガレージハウスを導入するデメリット

では、ガレージハウスのデメリットを見ていきましょう。ガレージハウスは通常、1階部分をガレージ、2階部分をリビングなどの生活空間として設計します。そのため、「生活空間に行くのに毎回階段を登らなければならない」のが難点です。ガレージの中でエンジンをかけることで、「騒音がうるさいのでは?」、「排気ガスがリビングまで臭うのでは?」といった心配もあるでしょう。また、「ガレージ」ということで1階部分を強固な構造にしなくてはならなくなるため、コストがかさんでしまうのも問題です。

ガレージハウスで「理想の暮らし」を実現しよう

メリットとデメリットを比較してもガレージハウスにするべきか否か判断がつかないという方は、原点に帰って「なぜガレージが必要なのか」もう一度よく考えてみましょう。

ガレージハウス最大の利点は「家にいながらにして車いじりができる」ということです。

ガレージを単なる「車の保管場所」と考えているのであれば、無理をしてガレージハウスにする必要はありません。一方、「自分の趣味のための空間としてガレージハウスがほしい」という方は、ガレージハウスを導入する、強い動機があるといえるでしょう。

ガレージハウスを検討するときは、純粋に設備としての利便性を比較するだけでなく、その設備を使って「自分がどんな暮らしをしたいか」をよく考えてみてください。そうすることで、単に便利なだけの家ではなく、暮らしぶりに満足できる理想の家が近づくはずです。