GENIUS 蔵のある家 防災・減災デザイン

商品紹介

インテリア

特長

上質な暮らしを楽しめる家は、
そのとき、一番安心な場所になる。

ソトに開きながらも、ウチをしっかり守ってほしい、という思いをカタチにしました。
ファサード右側は、奥まった開口部。まちや自然、人とのつながりを印象づけます。
左側は、まるで堅固な砦を思わせる、量感のあるタイル壁面で構成しています。

太陽光発電効率が高い緩勾配の片流れ屋根と組み合わせることで、コントラストの際立つ造形美を実現しました。
堂々とした存在感を誇る佇まいです。

DATA

…標準

…オプション

住宅金融支援機構の利用基準

耐久性
バリアフリー
省エネルギー

その他仕様

太陽光発電
屋上利用
地下室
エレベーター

標準・オプション対応表

モデルプラン数
2プラン
工法・構造
木質パネル接着工法
施工エリア
沖縄を除く全国
標準工期
お問い合わせください。
主な仕様・構造・特長
■「GENIUS 蔵のある家 防災・減災デザイン」の
  商品特長

・自然の涼しさ、暖かさをいかす「微気候デザイン」。
・1 階・1.5 階・2 階のフロアが吹き抜けで立体的につながるスキップフロア。
・ファミリーリビングと客間にもなるコモンズリビングをほどよい距離に配置する「2リビングプラン」。
・近年、脅威を増している自然災害からご家族と財産を守るために、防災・減災ソリューション「MISAWA-Life Continuity Performance(以下、MISAWA-LCP)」

上質な暮らしを楽しめる家は、

そのとき、いちばん安心な場所になる。

1階「コモンズリビング」は、ラウンジのようにくつろげる吹抜けの大空間。
訪れるゲストをあたたかく迎える交流スペースです。

1階「コモンズリビング」の先には、大収納空間「蔵」。
あふれるモノをまるごとしまえます。
災害時の備蓄品は必要な時にすぐ取り出せるよう、専用スペースを設けています。

1.5 階「ファミリーリビング」。
1 階「コモンズリビング」との2リビングプランです。立体的につながっているので、ご家族の気配を感じながら使い分けることができます。
1.5 階に生活拠点があることで、万が一、1 階が床上浸水しても避難生活が可能です。

1.5 階「ファミリーリビング」は、外からの視線を気にせず、開放的に過ごせる吹き抜け空間。
1 階の玄関と2 階のプライベートフロアの中間に位置するセンターリビング設計だから、外出時や帰宅時にはご家族がしぜんに顔をあわせます。
キッチンにいても、吹き抜けから2 階の子ども部屋の様子がわかるので安心です。

子ども部屋は、吹き抜けの開口を通じ、下のファミリーリビングや横のきょうだいの部屋とつながりが感じられる設計としました。
北側でも自然光で明るく、心地よい空間です。

ご夫婦の主室は折り上げ天井の造作までトータルコーディネイトし、夜は間接照明が優雅さを演出するホテルライクな空間です。
朝は開放的な大開口から、きもちのいい陽光が部屋へさし込みます。

もし災害が発生しても、安心の自宅生活継続をめざす

「MISAWA-LCP」の住まいづくり。

災害後の復旧長期化に備え、大量の飲食料をストックするには専用スペースを確保したいもの。
備蓄の「蔵」は、生活収納の隣に独立空間として設計。
1.5階の床ハッチから出し入れする安全性の高い構造です。
ロフト収納も備蓄庫として好適です。

災害発生時、2階からすぐ備蓄の「蔵」がある1階へ降りられない場合もあります。
防災用品も、必要に応じた分散収納が大切です。
たとえば、枕元には靴やヘルメットを常備。
ロフト収納には、漏れて困るものや軽いものなども向いています。

耐震性に優れた木質パネル接着工法のモノコック構造に加え、地震エネルギーを軽減する制震装置「MGEO」を設置。
構造体はもちろん、内装仕上げ材の損傷も減らし、災害後もそのまま暮らし続けられる家を目指します。

平常時は、クリーンな太陽エネルギーをかしこく地産地消。停電時には、システムのパワーコンディショナーを自立運転に切り替えることで発電できます。
外部コンセントを接続すれば、近隣との非常用電源のシェアが可能です。
さらに蓄電池も備えれば、夜間も電気機器が利用可能になります。

通常の雨水配管にポンプ付き水栓を組み合わせた「雨水利用システム」は、200~300リットルもの生活用水を貯めることが可能。
配管は埋設してあるため設置場所が必要なく、美観も損ないません。
普段は庭の水やり、打ち水など多目的に利用。
水道代の節約にもつながります。

SNS