普段ニュースなどを見ていて、「ピッキング」や「サムターン回し」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。実は、これらはすべて空き巣が玄関から侵入するときに使う典型的な手口なのです。こうした玄関からの空き巣侵入を防ぐためには、玄関の鍵に防犯対策を施すことが不可欠です。

そこで今回は、

という方のために、玄関をはじめとするドアの鍵に施す防犯対策についてご紹介します。

玄関から不法侵入する際の一般的な手口

玄関ドアの鍵を突破して不法侵入する方法としては、ピッキング、カム送り、サムターン回しといった手口が知られています。

ピッキングとは、特殊な道具を使用してシリンダー錠を解錠してしまう手口のこと。一般的な玄関錠は、筒状の穴に棒状の鍵を差し込み、回すことで解錠する形式になっていますが、これがシリンダー錠です。ピッキングの恐ろしいところは、空き巣の素人でも道具を使えば1分もかからずに解錠できることもあるというところでしょう。

カム送りも、シリンダー錠を解錠する手口ですが、ピッキングとは異なり鍵穴そのものの中には工具を入れません。シリンダー錠の外側を覆っているカバーに隙間を開け、そこから工具を入れることで解錠する方法です。

サムターン回しは、上記2つの方法とは少しやり方が異なっています。玄関ドアは通常、外側だけでなく内側からもつまみを操作して施錠できるようになっています。この内側にあるつまみを「サムターン」と呼びますが、サムターン回しはこのサムターンを家の外側から解除することによって鍵を開ける方法です。主に郵便受けなどから専用の器具を挿入させることでサムターンを操作します。

解錠されづらい形の鍵を採用する

ピッキング、カム送りに対する防犯対策としては、それぞれの方法に対応した防犯性能の高い製品を採用するのがいいでしょう。シリンダー錠には、ディスクシリンダー、ピンシリンダー、マグネットシリンダー、ディンプルキーなど、さまざまな種類があります。

ディスクシリンダーは、最も一般的なシリンダー錠の種類です。鍵の上下にあるデコボコが特徴で、これが見られる場合はディスクシリンダーであると考えていいでしょう。シリンダー錠の中では最もシンプルな形で、空き巣被害に合いやすい形といえますが、現在でも戸建て住宅の5割以上で使われています。

ピンシリンダーは、複数のピンが一列に並んだ鍵穴に鍵を挿入して開錠するタイプのものです。耐ピッキング性能はディスクシリンダーよりも高められていますが、「バンプキー」と呼ばれるピンシリンダーだけをターゲットにした不法侵入用の道具もあるので注意してください。

マグネットシリンダーとは、鍵の側面と鍵穴の中に磁石が埋め込まれている製品のことです。開錠に磁力を使うため、通常の工具では開錠が難しく、防犯効果は高いといえます。

ディンプルキーとは、鍵の横表面にデコボコした複数の窪みがあるタイプの製品のことです。窪みにはピンシリンダーと同じようにピンが接触することで鍵の形を識別しますが、同じようなピンが一列に並んでいるピンシリンダーと比べると、形も大きさも異なるピンが複雑な形状に並んでいるため、防犯性能がより高められています。

サムターンカバー、補助錠を取り付ける

サムターン回しは錠そのものには触れられないため、別の対策が必要になります。玄関の郵便受けの内側にカバーを設置し、工具を自由に入れられないようにするのもいいでしょう。また、サムターンの周りに筒状のカバーを取り付けるのも有効です。

さらに、サムターンとは別の補助錠を取り付けるのもいいでしょう。物理的に侵入を妨害するのはもちろんですが、鍵がひとつ増えればその分開錠にかかる時間は増えるため、空き巣も侵入を諦めるかもしれません。心理的な効果を期待したテクニックも有効だと覚えておいてください。

複合的な対策を取ることで、防犯効果はより高まる

ここまで、玄関ドアに施す防犯対策を紹介してきましたが、それだけで十分とはいえません。空き巣は不法侵入の手口を日々より巧妙なものへと進化させています。たとえ今、現在は解錠されにくい鍵だったとしても、いつ、その前提が覆されることになるかはわからないのです。

ですから、不法侵入に対する対策は、複合的に行うことが重要です。具体的には、玄関の前に監視カメラを取り付けるのもいいでしょう。監視カメラは、鍵の防犯性能とは異なる方向から住まいの安全性を高めてくれます。侵入者は「カメラ」と「玄関ドア」という2つの障害を同時に突破しなければならなくなるので、侵入の難易度がよりアップすることになるのです。

玄関の鍵に複合的な防犯対策を施すことで、安全な暮らしを実現できる。

家を新築するのであれば、家族の安全を守るためにも、住まいの防犯対策には万全を期しておきたいところです。

今回は、

という方のために、防犯対策に役立つ製品をご紹介します。

住まいの利便性を保ちながら防犯対策を施そう

住まいの防犯対策を立てる際の基本的な考え方からご紹介しましょう。たとえば、面格子を設ければ窓からの侵入は困難になりますが、その分窓は使いづらくなり生活の利便性は損なわれてしまいます。利便性と防犯対策をどの程度のレベルで両立させればいいのか、それが最初の課題といえるでしょう。

実は、「空き巣の70%が5分以上の時間がかかる場合、侵入を諦める」といわれています。つまり、いくら防犯対策のためとはいえ、「絶対に開けられないドア」や「絶対に割れないガラス」のような製品を用いる必要はないということです。

防犯性能が試験によって確かめられている「CP認定製品」

住まいの利便性を損なうことなく、十分な防犯性能を発揮できるものとして、「CP認定防犯製品」があります。CP認定防犯製品とは、警視庁から防犯性能を認められた建物部品のことです。大きく分けて「ドア・窓・シャッター」の3種類からなり、ドア錠やサムターン、窓ガラスやサッシの個別の部品が認定を受けています。CP認定製品はさまざまな試験によって防犯性能を確かめられているため、一般的な製品を使用するよりも安心して使うことができるでしょう。

「防犯している」と知らせることが空き巣対策の第一歩

CP認定製品は、たしかに性能の面では申し分ありません。しかし、防犯対策としてそれだけで十分かというと疑問があります。なぜなら、CP認定製品を使っていることが侵入者に伝わるとは限らないからです。空き巣の常習犯であれば、使われている製品がCP認定製品かどうか見てわかるかもしれませんが、もし伝わらなければ「時間がかかりそうだから、この家はやめておこう」と思わせることができません。防犯性能に優れた製品を使うのも大事なことですが、その前に「防犯に力を入れている」ということを侵入者に対してアピールする必要があるのです。

防犯意識が高いことをアピールするには、センサーライトや防犯カメラを家の周りに設置するのがいいでしょう。こうした設備は、侵入者が住まいに入るのを妨害することはできません。しかし、ドアや窓の防犯対策よりも見た目のインパクトが大きいため、侵入者の心理に働きかける効果は大きいといえます。

侵入者を物理的に妨害するだけでなく、心理的にも妨害することで、住まいの安全をより高めることができるのです。

CP認定防犯製品を使用し、普段から防犯に気をつけることで、安全な暮らしを実現できる。

空き巣の7割が「窓から侵入する」という事実をご存知でしょうか。このことを知れば、住まいの新築を考えている人にとって、窓の防犯対策がいかに重要な意味を持つかをご理解いただけると思います。

今回は、

という方のために、家づくりでできる窓の防犯対策について考えてみます。

防犯サッシや補助錠で侵入者を防ぐ

窓の防犯対策で、最もわかりやすい方法は防犯効果の高い窓ガラス・サッシを採用することです。「防犯サッシ」「防犯ガラス」として販売されているもので、特に警察庁によって防犯性能を保証されている「CP認定製品」を採用すれば、より効果が期待できるでしょう。

それ以外は、補助錠や面格子といった部品を窓に取り付けるという方法があります。補助錠とは、通常の開閉用の錠に加えて取り付ける追加の錠です。窓を開閉するのに少し手間がかかるようになります。面格子は窓の外側に取り付ける格子で、窓からの侵入は格子を取り外さない限り難しくなります。このほかにも、二重窓にする方法も考えられます。

「侵入を諦めさせる」対策も必要

ここまでご紹介してきた方法は、いずれも効果的ではありますが、決定的な防犯対策とはいえません。なぜなら、「空き巣に侵入をためらわせる方法」という枠にとどまっているからです。

窓を防犯サッシや二重窓に変えておけば、確かに空き巣に侵入をためらわせる効果はあるでしょう。しかし、手慣れた空き巣は、十分な「見返り」があると判断して、あえてそうした「防犯意識の高い家」を狙うという可能性もあります。旅行などで家を留守にしている時間が長い場合は、時間をかけてじっくりと窓を突破され、被害にあってしまう可能性もあります。

そこで、侵入自体を断念させる「決定的な対策」が必要なのです。

防犯ブザーがあれば、窓が突破されても侵入を断念させられる

防犯対策を施した窓を突破してくるような空き巣に対して有効な「決定的な対策」といえるのが「防犯ブザー」です。やっとの思いで窓を突破しても、その瞬間、大音量の警報が侵入者を出迎えることになります。そうなれば、もうどんな空き巣であろうと、侵入を諦め退散するほかはないでしょう。

窓の防犯対策で侵入への時間を稼ぎ、そのあとに防犯ブザーという決定的な対策を施しておくという、二段構えの対策によって、住まいの安全をより高めることができるのです。

照明は周囲を明るくするために用いるものですが、一方で防犯に役立つ側面も持ち合わせています。たとえば、泥棒が侵入する家に目星をつけ、人目につかないように接近したところで急にセンサー付き照明がパッとついたらどうでしょうか?泥棒の心理としては「見つかる!」という危機感が急速に高まるはずです。

今回は、

という方のために、照明を使った防犯対策をご紹介します。

屋外にセンサー付き照明を取り付ける際の注意点

防犯対策ですので、照明は家の周り、屋外に設置することを想定します。つけっぱなしになる照明よりもセンサー付き照明のほうがいいでしょう。「暗いところが急に明るくなる」という働きが侵入者に与える心理的効果を期待できるからです。

侵入者は律儀に玄関から侵入してくるとは限りません。玄関など目立ちやすい場所よりはむしろ裏口や庭の物陰など死角になりやすい場所を照らすように設置するといいでしょう。家全体をカバーするように配置すれば万全です。

とはいえ、照明はあくまでも「照明」に過ぎません。防犯ブザーのように侵入そのものを防ぐ対策と併用することで、より安全性を高めることができます。

完全に隙なく屋外照明だけで防犯するのは難しい

照明による防犯は特に夜間に効果を発揮します。しかし、空き巣被害が実際に起こることが多いのは、家主が家を留守にすることが多い日中です。それでもあえて夜間に家に侵入を試みるということは、最初から「この家にしよう」と空き巣から「目をつけられている」可能性が高いといえます。

屋外に取り付けた照明による防犯対策がしっかりしていれば、この時点で侵入者に「目をつけられる」心配はありません。しかし、失敗する可能性も十分にあります。なぜなら、家の周囲をまったく死角なく照明で覆うことはなかなか難しいからです。どこかに隙があれば、そこから侵入されてしまう可能性はゼロではありません。

センサー付き照明で「起きている」と思わせる

万が一、屋外に取り付けた照明の「穴」となる部分から侵入を試みられたとしたらどうすればいいのでしょうか?そのような場合にも照明は役に立ちます。ただし、今回使う場所は屋外ではなく屋内です。屋内の、外部から見えやすい位置にある廊下などに「タイマー付き照明」を仕掛けておきましょう。タイマー付き照明とは、ある時間になると自動的に点灯する照明のこと。それを使って夜間ずっと照明を点灯させておくのです。家の中で夜も明かりがついていると、外から見た場合、「まだ起きているのではないか」と思わせることができます。

照明により、屋外・屋内に二重の防犯対策を施すことで、夜間の侵入者防止により高い効果を発揮することができます。ぜひ覚えておいてください。

センサー付き照明を賢く設置することで侵入者を防ぎ、安全な暮らしを実現できる。

泥棒に狙われやすい家と狙われにくい家には、どのような違いがあるのでしょうか?はっきりとした答えを見つけることは難しいですが、「泥棒からの狙われやすさ」を左右する要因のひとつに「間取り」があるのは確かです。

今回は、

という方のために、どんな間取りの家を建てれば防犯対策に役立つのかご紹介します。

泥棒に狙われにくい間取りには、いくつか共通する条件があります。ひとつ目は、なんといっても「見通しがいい」という点でしょう。

複雑に曲がりくねった間取りの場合、家の壁と壁との間に自然と隙間が生じてしまいます。そうした隙間は侵入者にとって、身を隠すのに絶好のポイントでしょう。そうした死角ができないように、間取りは家の周囲が正方形、あるいは長方形のような単純な形になる間取りにするのがおすすめです。

また、侵入者が入り込みにくいように、家の周囲を生け垣などで囲うのもいいでしょう。ただし、生け垣自体が目隠しになってしまい、侵入者が身を隠すのに利用されてしまう場合もあるので、設置する場所は慎重に選んでください。

ほかにも、道路に面している面積が多い、夜間でも明るい、勝手口など侵入口となる場所がない、といった特徴を持っていると泥棒に狙われにくくなります。

間取りで防犯の工夫ができない場合もある

間取りで防犯の工夫ができる場合はいいのですが、できない場合にはどうしたらいいのでしょうか?たとえば、家を建てる場所がすでに決まっているようなケースでは、間取りによる防犯対策が限られてしまうことになります。土地の大きさや形によって、家の構造がある程度決まってしまうからです。

そのような場合は、建物自体に防犯対策を施すしかありません。そもそも、間取りの工夫だけでは防犯対策としては確実性にかけるため、根本的な対策としては決して十分とはいえません。どのみち必要になることなのですから、住まいに防犯対策を施してより安全性を高めましょう。

防犯意識が高いことを侵入者にアピールしよう

住まいに施す防犯対策のうち、代表的なものは次のとおりです。

これらの方法を併用すれば、仮に間取りが泥棒に狙われやすいものになってしまったとしても住まいを侵入者から守ることができるでしょう。大切なのは、侵入者に「防犯対策をしているぞ」とアピールすることです。「この家の住人は防犯意識が高い」と思わせることが、最も効果的な防犯対策だといえます。

火事は人々から住まいと命を奪う、恐ろしい災害です。

直接被害に遭われた方はもちろん、知人が被害にあったという方もいることでしょう。住まいの火災対策は住宅建設において最大の関心事のひとつです。

建物の火災に対する強さを表す基準として、「耐火構造」、「準耐火構造」と呼ばれるものあります。それぞれどのようなものなのか一緒に学んでいきましょう。

耐火建築物は、大きな建物だけ

耐火構造・準耐火構造は、それぞれ住宅基準法によって定められる概念です。耐火構造とは、「火災が起きたとき、建物の主要な構造が住人の避難が済むまで維持される」構造のことです。耐火構造で造られた建物は「耐火建築物」と呼ばれ、基準を満たしていることが対外的にもわかります。

ただし、耐火建築物にすることが求められるのは、主に病院や共同住宅、学校などの大きな建物です。一般の住宅は耐火建築物にしなくてもいいので、住宅を建てる際は気にしなくてもよいでしょう。

準耐火構造と省令準耐火構造の違い

住宅建設をするときに関係してくるのは、準耐火構造のほうです。準耐火構造には、普通の「準耐火構造」と「省令準耐火構造」という2種類があります。準耐火構造とは、耐火構造と同じく住宅基準法によって耐火性能が保証された構造のことです。耐火建築物には劣るものの、住宅としては高い耐火性能を持っていることが保証されます。

一方、省令準耐火構造とは、住宅金融支援機構が定める基準によって耐火性能を保証される構造です。準耐火構造との違いは、耐火性能を求める根拠となる法令が異なっているところ。どちらも必要な設備を備え、申請を行うことで耐火性能を認められると認定を受けることができます。

火災への備えが建物の維持費を安くさせる

火災に強い家を造りたい方は、「ぜひとも(省令)準耐火建築物として認められた家を建てたい」と考えることでしょう。住まいを準耐火建築物にしようとすると、通常の住宅建設より初期費用が多く必要になります。しかし、準耐火建築物として認められれば、いざ火災が起きても安全に避難し、家族の命を守るために十分な時間を得ることができるでしょう。

住宅の維持費について考えるとき、準耐火建築物の家を立てておくと「嬉しい誤算」があります。実は準耐火構造・省令準耐火構造の建物は、それ以外の普通の建物に比べて「火災の被害を抑えられる」とみなされるので、火災保険料が安くなるのです。火災保険料も「建物と家族の安全を守るための費用」です。火災に強い家造りは、たとえ初期費用が増えたとしても、トータルコストの観点で言えば十分に「元は取れる」と考えていいでしょう。

火災に強い家造りが「長持ちする家」を実現する。