住環境の中で、「温度管理」は極めて重要な意味を持っています。夏は涼しく、冬は温かい家でなければ、1年を通して快適に暮らすことはできません。室内の温度を一定に保つ方法としては、冷暖房が真っ先に頭に浮かぶと思います。しかし、すべてを冷暖房器具に頼りきっていたのでは光熱費がかかりますし、地球環境への負荷も大きくなってしまいます。

そんなときに注目したいのが、自然エネルギーを利用することです。自然エネルギーというと、太陽光や風力などを思い浮かべる方が多いと思いますが、今回取り上げるのは「地熱利用」です。

という方のために、地熱利用によって室内の温度環境を維持する方法について考えてみましょう。

太陽光のエネルギーは、地面の奥に蓄えられている

地熱というと、火山から噴出するマグマや温泉をはじめとした「地球内部のエネルギー」をイメージしてしまうかもしれません。確かにこれらのエネルギーも地熱ですが、今回とりあげるものとはまた別のものです。

地球の表面には、毎日太陽光が降り注いでいます。実はこの太陽光によるエネルギー、直接光が当たる地表を温めているだけでなく、地面の深いところまで少しずつ時間をかけて伝わっているのです。そのスピードは非常にゆっくりで、なんと地下5mの深さに到達するまでにおよそ半年もの時間を要します。しかし、逆にいうと、夏の暑い時期から半年たったあとも、地下の深い部分には夏の暑い時期に蓄えられた太陽光の熱エネルギーがたくさん蓄えられているのです。そのため、地面の温度は1年を通して25〜15℃の間という、人間にとって快適な温度帯で維持されています。

地熱利用で建物や吸気を適切な温度に保つ

家づくりにおける地熱利用とは、地面に蓄えられている太陽光のエネルギーを利用することです。

通常の住宅では、床下部分は地面から離れた空洞の構造になっています。ひとつの方法は、この床下空間を砂利で埋めてしまうことです。そうすることで、地面の熱が直接建物に伝わるようになります。夏は室内の暑い熱を砂利から地面に逃し、冬は地熱によって建物をじんわり暖めることができるのです。

また、床下に砂利を敷き詰めずに、そのまま地熱を利用する方法もあります。床下空間に、室内につながる吸気口を設け、地熱によって適切な温度に保たれている空気をそのまま室内の取り込むのです。外気を直接取り入れるよりも、夏は涼しく、冬は温かい空気を取り入れることができます。床下は静かで外界から半隔離された空間なので、チリやホコリも時間とともに沈み、綺麗な空気だけを取り入れることができるでしょう。また、床下にパイプを敷設し、一旦空気を地中深く送り込んでから吸気する方法もあります。この方法なら、コストはかかるもののより効率的に地熱を利用することができるでしょう。

地熱利用はそれだけで「冷暖房の代わりにはならない」

住まいに地熱利用の仕組みを取り入れる際、ひとつ忘れてはいけないことがあります。それは、地熱利用は「冷暖房の代わりになるものではない」ということです。先ほど、「地中の温度は1年を通して25〜15℃と一定」と説明してきました。確かに「一定」ではありますが、温度にはだいぶ幅があるという点が気になった方もいるのではないでしょうか?夏に25℃、冬に15℃程度にしかならないのであれば、それだけで冷暖房の代わりにならないことは納得できるかと思います。

地熱利用の目的は「冷暖房をサポートして光熱費を削減し、室内温度環境を一定に保つこと」です。あくまでもサポートとしての位置づけであり、効率化を目的としたものなので、最初から冷暖房の代わりとして使うことを目的としたものではありません。この点を理解していないと、家が完成したあとで「結局エアコンが必要じゃないか!」とがっかりしてしまうことになります。

最初から地熱利用がどのようなものか知っておけば、後で後悔することもありません。室内の温度を適切に保つためには役立つものなので、ぜひ覚えておいてください。

地熱利用の仕組みを取り入れることで室内温度環境が維持され、健康な暮らしを実現できる。

近年は地球温暖化などの環境変化により、冬の寒さ、夏の暑さは年々厳しさを増しつつあります。こうした中、新しく家を建てる方のなかには、

といった希望を持つ人も少なくありません。

住まいが「エコな家」かどうかを判断する一つの基準に「次世代省エネ基準(次世代省エネルギー基準)」というものがあります。今回は、次世代省エネ基準とはどのようなものか簡単にご紹介します。

現在は、平成25年省エネルギー基準が最新

「次世代省エネ基準」とは、実は少し古いものです。次世代省エネ基準は、1999年(平成11年)に住宅の断熱化性能を示す基準として、建設省により定められました。その後、2013年(平成25年)に改定が行われ、現在は「住宅・建築物の省エネルギー基準」、通称「平成25年省エネルギー基準」と呼ばれるものが最新版です。

平成25年省エネルギー基準では、以下の3つの指標によって住宅の省エネルギー性能を判定します。

UA値が少ないほど断熱性能が高く、ηA値が少ないほど冷房効率が良くなり、一次エネルギー消費量が少ないほど省エネの家だということになります。

基準をどれほど順守しているかは、メーカーによって異なる

続いて、平成25年省エネルギー基準の問題点をご紹介しましょう。実は、平成25年省エネルギー基準は施工業者に与えられた努力目標に過ぎません。つまり、どれだけ基準を満たそうとするかはメーカーごとの取り組み方によって違っているのです。メーカーによっては、改定省エネ基準よりも厳しい独自基準を設けているところもあります。

また、日本の住宅の省エネ化への取り組みは、海外と比較すると遅れているといわれています。平成25年省エネルギー基準は、基準となる指標の計算方法こそ変わったものの、求められる「性能のレベル」自体は13年前に定められた「次世代省エネ基準」からほとんど変わっていません。さらに、仮に平成25年省エネルギー基準で求められる省エネ性能を完全に満たしたとしても、ようやく欧米の最低レベルに届く程度であるといわれているのです。

省エネにどれだけ向き合うかが、業者選びのポイントにもなる

それでは、住宅を建てるにあたり、改定省エネ基準を満たすほうがいいのでしょうか?それとも満たさなくてもいいのでしょうか?

平成25年省エネルギー基準を満たした家を建てれば、暑さや寒さに悩まされることなく、快適で健康な暮らしを手に入れることができます。日々の光熱費も安く抑えることができるでしょう。地球環境の維持にも貢献できます。一方、基準を満たそうと努力すればするほど問題になるのが建設費です。高い性能を求めるほど建設費が高くなるのはやむを得ないことでしょう。

先ほどご紹介したように、平成25年省エネルギー基準をどれだけ満たそうとしているかは、メーカーによる違いが大きいため、カタログを参考にしたり、展示場の営業マンに質問するなどして、そのメーカーの省エネへの取り組みを確認してみるのもいいでしょう。

平成25年省エネルギー基準を満たす家を建てることで、自然環境に配慮した暮らしを実現できる。

家族全員が健康に暮らすために、住まいづくりで考えなければならないことはいろいろあります。その中で特に忘れてはならないのは「室内の空気を清浄に保つこと」です。空気を綺麗に保つことができれば、シックハウスなどの病気を予防し、カビの発生を予防することにもつながります。

常にキレイな空気を保つ方法として、今回は「全館空調システム」に注目してみましょう。全館空調システムとは、家中に張り巡らせた配管を利用して、すべての部屋の空調を1台の空調機でまとめて行う仕組みのことです。

こうした願いを叶えるために、全館空調システムはどのように役に立つのでしょうか? また、メリット・デメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

全館空調システムのメリット

全館空調システムは、換気と同時に冷暖房の機能を兼ねることができます。そのため、家の中すべての場所で夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごせます。

窓を開けて換気する必要がないため、室内に虫などが進入する心配もありません。常時エアコンをつけっぱなしにしているようなものなので、部屋干しでも洗濯物がよく乾きます。何よりも、清浄な空気が保たれるため健康によいのが最大のメリットだといえるでしょう。

全館空調システムのデメリット

「常時エアコンをつけっぱなしにしているようなもの」とご説明しましたが、これは「常に室内の空気を常に除湿しているようなもの」とも言えます。日本は湿度の多い気候なので、暖かい季節は問題ありませんが、冬になると過乾燥に陥ってしまう場合があります。最近では加湿機能付きの全館空調システムも登場しているので、気になる方はチェックしてみてください。

また、常時動かし続ける設備なので、当然ランニングコストがかかります。万が一故障してしまった場合は、家中の換気設備が同時に使えなくなってしまうことも想定しなければなりません。

全館空調システムを導入すれば、間取りの自由度が高まる

少し視点を変えて、全館空調システムが家づくりの中でどのように役立つのか考えてみましょう。各部屋に個別の換気・冷暖房設備がある場合、設備の効果はその部屋だけに限定されています。そのため、ドアのような部屋を区切る建具が必要になりますし、部屋の大きさや配置に自ずと制限がかかってしまうことに・・・。いわば、「空調設備のせいで間取りが制限される」ことになってしまうのです。

全館空調システムを採用すれば、空調と冷暖房は部屋ごとではなく「家まるごと」のものになります。そのため、空調や冷暖房による間取りの制限はなくなり、吹き抜けやリビング・ダイニング・キッチンが一体化された部屋など、開放的な間取りを採用することができるようになるのです。全館空調システムを採用するときは、健康面ばかりでなく間取りについても注目してみてください。

全館空調システムにより、過ごしやすい空気環境を構築することで、健康な暮らしを実現できる。

地球温暖化を始めとした異常気象は、近年さらなる広がりを見せつつあります。環境の変化は人々の意識をも変えつつあり、家づくりにおいてもそれは例外ではありません。

こうした流れの中で、環境への負担を抑える「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」は今や家づくりの主流となっています。「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは、建物の性能を向上させ、高効率な設備や再生可能エネルギーを導入することで、一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した家のこと。環境にやさしいエコライフを実現するとともに、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる住まいが手に入ります。

今回は、

という方のために、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」について詳しく解説していきたいと思います。

一次エネルギー消費量の収支がゼロになる家とは?

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは、上記でご説明したように「年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した家」です。

まず、「一次エネルギー消費量」とはなにかご説明しましょう。現代の生活では、快適に過ごすための冷房、暖房が欠かせません。また照明や給湯、換気システムといった設備機器を使うことでも、石油を中心とするエネルギー(一次エネルギー)を常に消費しています。

「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」では、エネルギーの消費を抑えつつ(省エネ)、エネルギーを創出し(創エネ)、家庭内で「消費したエネルギー」と「創出したエネルギー」の収支がゼロになることを目指しています。

「創エネ」は、太陽光パネルで発電を行ない、電気エネルギーをつくりだす太陽光発電がわかりやすいでしょう。「消エネ」はそのままの意味で、家電製品などを使って電気エネルギーを消費すれば、それがイコール「消費したエネルギー」になります。

この「消エネ」より「創エネ」が多ければマイナス、「創エネ」の方が「消エネ」より多ければプラスと考えます。これを「ゼロ」にするということは、「創エネ」と「消エネ」を同じにすることが目標だといえ るでしょう。

エネルギーを生産し、消費を抑える工夫を取り入れよう

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を実現するためには、「家庭内でエネルギーを創出すること」、そして「家庭内の消費エネルギーを抑えること」が不可欠です。具体的にはどうすればいいのでしょうか?

まず、エネルギーを創出するには、そのための設備が必要です。代表的な設備には先ほどご紹介した太陽光発電、そして、ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで発電する家庭用燃料電池(エネファーム)などがあります。

消費エネルギーを減らす工夫はさらに多種多様です。たとえば、家庭内で使っている家電を消費電力の少ないタイプと交換したり、照明をLEDにして消費電力を抑えるのも効果的。住まいの断熱性を向上させることで、冷暖房効果を上げるのも省エネになります。また、新築住宅に設置を義務づけられている24時間換気システムを熱交換型換気システムにすれば、換気による冷暖房エネルギーロスを抑えることができます。

ネット・ゼロ・エネルギーハウスが家づくりのスタンダードに

「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」は、地球温暖化対策や電力のピークカットに貢献することから、建設にあたって行政から補助を受けることができます。補助金額は住まいの性能や地域、施工業者、年度によって異なります。詳細は環境省のウェブサイトをご覧ください。(https://www.env.go.jp/earth/ondanka/zeh.html)

また、「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」の補助金を受けるためには、決められた募集期間内に申請する必要があります。この申請をした後は、間取りの変更ができなくなるため注意が必要です。

さまざまな制約や注意点を抱える「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」ですが、これからの家づくりで確実に主流となってくるプランです。「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」の基準がスタンダードになると共に、再生エネルギーの自家消費拡大をさらに目指した「ZEH+(ゼッチ・プラス)」、築電システムや太陽熱利用、温水システムにより停電時のエネルギーを確保する「ZEH+R(ゼッチ・プラス・アール)」、寒冷、低日射、多雪地域を対象とする「Nearly ZEH(ニアリー・ゼッチ)」など、新しい基準が制定され、これらを対象とする補助事業も充実しています。 家庭内の消費エネルギーを抑えることは、環境への負荷を抑え、地球温暖化などの大規模な環境変化を和らげることにつながるからです。異常気象が収まれば、それは人間にとっても自然が「やさしい環境」になるということ。環境にやさしい家は、人間にとってもやさしい暮らしを実現することにつながるのです。

近年、「家庭用蓄電池」を設置する家庭が増えてきました。しかし、詳しい機能を知らない方も多いのではないでしょうか? なんとなく「エコに役立ちそう」「光熱費が削減できるのでは」といった漠然としたイメージで捉えている方もたくさんいると思います。

そこで今回は、

という方のために、家庭用蓄電池のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

経済的なメリットをあらかじめ予想するのは難しい

家庭用蓄電池の基本的な使い方は、「夜間に発電した電気を蓄えておき、昼、電気をたくさん使う時間帯に使用する」というものです。通常、電気料金は消費量が多い昼間は高く、消費量が減る夜間は安く設定されています。そのため、「昼の電気料金−夜の電気料金 の差額分だけ光熱費を削減できる」といわれているのです。

たしかに、家庭用蓄電池で光熱費を削減できることは事実ですが、ひとつ問題があります。それは、毎月の光熱費削減額が決まっているわけではないということです。

たとえば、住んでいる地域や契約内容によって、電気料金はそれぞれ異なります。さらに、毎日どれくらい電気を使うかも家庭によって異なり、一定ではありません。そのため、「月々いくら光熱費が安くなるから設置しよう」というふうに、リターンを見込んで設置するのが難しいのです。

家庭用蓄電池を設置するための初期費用は決して安くはありません。経済的なメリットにばかり注目していると、「大きなお金をかけたのに、思ったほどメリットを実感できない」などという事態に陥ることも十分考えられるのです。

家庭用蓄電池の真のメリットは、「災害への備え」

家庭用蓄電池の「真のメリット」は「災害への備え」です。電力を蓄えておくことができるので、災害などで電線が寸断されてもしばらくの間、電力供給を維持することができます。また、昼間蓄えた電気を使うことで、電力消費のピークカットに貢献することも可能です。直接自分の利益になることではありませんが、社会全体に貢献できるという意義があります。

太陽光発電と併用するべきか否か

家庭用蓄電池と相性のいい設備に、太陽光発電があります。太陽光発電は太陽の光で電気を作り出すことができますが、夜間は発電することができません。一方、家庭用蓄電池は電気を一時的に蓄えておき、「後で使う」ことが可能です。太陽光発電で生み出した電気のうち、使い切れなかった分を家庭用蓄電池に蓄えておけば、光熱費削減の効果はより高まります。発電量が多いときには、売電して利益をあげることもできるでしょう。

しかし、メリットが大きい分、デメリットもあります。家庭用蓄電池に加えて太陽光発電の設置費用が必要になるため、初期費用がかさんでしまいます。

また、太陽光発電と家庭用蓄電池を併用する方法は、「ダブル発電」と呼ばれています。ダブル発電の場合、太陽光発電単体で使用するときよりも売電価格が低く設定されてしまうため、思っていたほど売電利益が得られないということも考えられるでしょう。

「省エネ」という観点から見た場合、家庭用蓄電池と太陽光発電の組み合わせには確かに魅力があります。しかし、併用することで経済的なメリットが必ずしも増加するとは断言できません。家庭用蓄電池の採用を考えるときは、経済的に得するばかりを目的とせず、

この2点をベースに考えをまとめるといいでしょう。

家庭用蓄電池は非常時の電源として役立ち、災害に強い家を実現するのに役立つ。また、電力消費量のピークカットに貢献し、自然環境に配慮した暮らしを実現できる。

家づくりを検討している方なら、「スマートハウス」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。スマートハウスとは、太陽光発電など複数の設備を組み合わせて省エネ化を実現した家のことです。

今回は、

と考えている方のために、スマートハウスの仕組みとその利点をご紹介します。

スマートハウスとは、最新テクノロジーを結集した「省エネの家」

スマートハウスは、「太陽光発電」、「家庭用蓄電池」、「HEMS(電力見える化システム)」という3つのシステムを組み合わせることでつくられています。まずはそれぞれのシステムについてご説明しましょう。

太陽光発電は、建物の屋根や壁面にとりつけたソーラーパネルによって、太陽光から電気をつくりだす設備です。今や住宅についているのが当たり前なほど定着した設備なので、ほとんどの方がスマートハウスとは関係なく知っていると思います。

家庭用蓄電池は、一般的な充電池と同じように電気を一時的に貯めておくことができる設備です。たとえば、「電力料金の安い夜間に電気を貯めておき、昼になったら使う」ということができるので、光熱費の削減が期待できます。また、停電時には非常用電源として役立つ設備です。

HEMS(電力見える化システム)は、最も馴染みの薄いものかもしれません。家の中には、さまざまな家電があり常時電力を使っています。HEMSは、「電力見える化」という言葉の通り、各家電がどれだけ電力を消費しているか管理し、わかりやすく知らせてくれる設備です。家電の消費電力がわかれば、節電意識が高まり、電気の無駄遣いを減らせます。

3つの設備を組み合わせて相乗効果を発揮させる

太陽光発電、家庭用蓄電池、HEMSは、単体でも十分有用な設備です。しかし、それぞれの設備を組み合わせることによって、良い相乗効果を発揮できます。

たとえば、太陽光発電に家庭用蓄電池を組み合わせた場合のことを考えてみましょう。昼間は、電気料金の安い夜間に家庭用蓄電池が蓄えた電気を使うことになります。しかし、同時に太陽光発電は日光の供給を受けるので、発電することが可能です。電気の消費量に対して供給量が多くなるので、余った電気は電力会社に売電して利益を得ることができます。

さらに、ここにHEMSが加わったとしたらどうなるでしょうか? 家電の消費電力を管理し、電気の無駄遣いを減らすことによって、さらに売電できる電気の量が増えるはずです。このように、3つの設備を組み合わせることによって、それぞれの長所を活かせるのがスマートハウスの利点です。

スマートハウスは省エネに役立つだけでなく、暮らしを便利にする。

スマートハウスの利点は、単に省エネに役立つだけではありません。カギを握るのはHEMSが持つもうひとつの機能、家電を遠隔操作する仕組みです。これを利用すれば、

といったことができるようになります。もちろん、HEMS単体で使ったとしても便利な機能ですが、スマートハウスの中で3つの機能を組み合わせるほうがよりメリットが大きくなります。

スマートハウスは省エネのための設備です。しかし、省エネだけでなく生活を便利にしてくれる働きを持っていることも忘れないでください。

スマートハウスを採用すれば、省エネによる自然環境に配慮した暮らしと、家電遠隔操作による快適な暮らしを実現できる。