時代の流れにフレキシブルに対応 「へーベルハウス」の住まい

掲載日:2021/10/26

立方体をベースにするシンプル&スマートな外観が人気


ヘーベルハウス 注文住宅 外観

はじめて家づくりを考え始める20~30代にも人気が高い、旭化成ホームズの「へーベルハウス」。2021年オリコン顧客満足度調査におけるハウスメーカー注文住宅部門では、20・30代から人気№1という結果が出ています。

人気の理由のひとつには、そのスマートなフォルムがあります。立方体をベースに展開される外観はまさにシンプルの極み。無駄がなく、機能美にあふれたデザインはモダニズム建築の流れを受け継いでおり、すっきりとした印象で周囲の環境とも違和感なくなじみます。

デザイン性と高い機能性を両立する建材「ALCコンクリート・へーベル」


ヘーベルハウス 注文住宅 へーベルウォール

その美しいフォルムを支えているのが、ドイツで誕生したALCコンクリートを独自に進化させた建材「ALCコンクリート・へーベル」。深く刻み込んだラインや繊細に掘り出した凹凸によって、シンプルな外壁にリアルな表情を演出します。また、何層にも重ねる独自の塗装技術で、温もりと圧倒的な存在感もプラス。見る人に深みのある印象を与え、存在感のある外観に仕上げます。

「へーベルウォール」とも呼ばれるこの建材は、見た目の美しさだけでなく、機能性に優れているのも特徴。軽量性・耐火性・耐久性・遮音性に優れた性質は災害にも強く、都市部の住宅にぴったり。断熱性や調湿性にも優れており、現代生活に求められている快適な住環境を提供します。

「へーベルハウス」は、この「ALCコンクリート・へーベル」に頑強な鉄骨を組み合わせることで、ゆるぎない強さと洗練されたデザインを両立させています。

重鉄・システムラーメン構造で実現する大空間


ヘーベルハウス 注文住宅 インテリア

ラーメン構造とは、建築物の構造の一種類で、ドイツ語で「額縁」「枠」を示す「Rahmen」という言葉から取られた用語です。垂直に立つ柱と、水平方向をつなぐ梁でフレームを作り建物を支えるため、壁自体で建物を支える「壁式構造」より自由な空間を創り出しやすく、重量鉄骨を用いて建築されることが多い構造です。

「へーベルハウス」の重鉄・システムラーメン構造は、高層ビル建築で用いられるラーメン構造を独自に進化させた構造。柱と梁を独自のシステムで強固に結合した門型フレームを組み上げる立体格子構造により、内側にダイナミックな無柱空間を創出。敷地が限られた都市部の家づくりでの制約を超え、のびやかな空間を提供します。

重鉄3階「FREX3(フレックス3)」も、こうした制約の多い都市部での需要に応えるプラン。構造壁が不要なため、大きなリビングや大開口、大胆な吹き抜けなど自由な間取りを可能にします。外部空間にアウトドアリビングを設け、室内と外を一体化させた開放感ある住まいも実現可能です。

また3階建てにすることで居住空間も広がるため、例えば2階にリビングスペースを設け、1階はカースペースと連続する趣味の空間として楽しむプランも可能に。上下階を吹き抜けにしたり、ワンフロアをひと続きの広いスペースにしたりと、フレキシブルな家づくりが楽しめます。

新商品「重鉄3階 FREX3」について詳しく知る

新しい生活スタイルにも対応「おうち時間」が楽しくなる家


ヘーベルハウス 注文住宅 onefitto インテリア

生活スタイルの変化に合わせ、時代に合った多様な商品を提案してきた旭化成ホームズの「へーベルハウス」。コロナ禍で大きく変化を迎えた生活スタイルにマッチする商品として、新たに「onefitto(ワンフィット)」を展開しています。

この「onefitto(ワンフィット)」では、「働く」スペースをしっかり確保して、ワークタイムの息抜きになるベランダも設置。また家事動線とくつろぎ空間を切り離すことで、家の中でも「オン」と「オフ」の切り替えをスムーズにする住まいを演出しています。くつろぎ空間であるLDKは、戸外との連続性を強調。家の中で過ごす時間が長くなっても、圧迫感を感じさせない配慮です。

玄関にはすぐ手洗いできるコンパクトな洗面台を設置。さらに、置き配指定もできる「スマートクローク」を配置することで、宅配便などの荷物の受け渡しもスムーズになります。

「onefitto」について詳しく知る
第15回キッズデザイン賞 二点の受賞 の記事を読む

新しい生活習慣に対応する商品「onefitto(ワンフィット)」は、これまでも時代に合わせた商品を提案してきた「へーベルハウス」ならではのフレキシビリティが感じられる住まい。この他、「共働き」「3階建て・4階建て」「2世帯・多世帯」「ガレージのある家」「趣味・インテリアにこだわる家」など、さまざまなプランを展開しています。気になる方はぜひチェックして、カタログを請求してみましょう。