セキスイハイム「2021 年度 省エネ大賞」 省エネルギーセンター会長賞を受賞

NEWS

掲載日:2022/01/11

「スマートハイムナビ」「スマートハイムFAN」による省エネ情報提供サービスが評価


地球環境にやさしく、60年以上安心して住める家づくりを理念とする積水化学工業 住宅カンパニーは、同社住宅ブランド「セキスイハイム」にお住まいの方に対する「スマートハイムナビ」「スマートハイム FAN」による省エネ情報提供サービスが評価され、「2021 年度省エネ大賞」の製品・ビジネスモデル部門において「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

「省エネ大賞」は、省エネルギー意識、活動および取り組みの浸透、省エネルギー製品等の普及促進に寄与することを目的とし、産業、業務、運輸各部門における優れた省エネ取組みや、先進的で高効率な省エネ型製品などを表彰する制度です。

同社は、環境問題をはじめとする社会課題の解決や強固な経営基盤の構築を事業の成長力として位置づけ、「顧客価値」と「事業価値」の両立による ESG 経営を推進しています。その一環として、セキスイハイムにお住まいの方に対し、2004 年から省エネルギー推進につながる情報提供サービスに取り組んできました。今回、この取り組みの独自性と継続性が評価され、本年度新設された「省エネコミュニケーション分野」での受賞となりました。

受賞内容の概要

1.省エネルギー住宅の普及に向けた同社の取り組み

同社住宅ブランド「セキスイハイム」では、太陽光発電システム(以下、PV)搭載住宅やコンサルティング型ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(以下、HEMS)「スマートハイムナビ」搭載住宅など省エネ住宅を提供してきました。これに加えて、入居者の省エネ行動につながる情報提供サービスを行っており、「建物本体や設備」と「住まい方」の両面で、省エネの実現に寄与しています。


2.「スマートハイムナビ」・「スマートハイム FAN」による省エネ情報提供サービス

住宅内のエネルギー情報と建物・入居者情報の詳細な分析を行い、「スマートハイムナビ」やWeb サイト「スマートハイム FAN」を通じて、省エネアドバイスとして入居者へ提供しています。一般的な住宅内のエネルギー情報(売買電量や PV 発電量など)に加え、①エネルギー自給自足率の見える化、②設備見守り(PV・蓄電池・HEMS)、③住宅メーカーならではの分析とコンサルティング、という 3 つの同社独自の特徴があります。

3.省エネ効果と実績

累積出荷棟数は PV 搭載住宅 22 万 522 棟※1、HEMS 搭載住宅 7 万 4701 棟※1 をそれぞれ超え、省エネ住宅の普及に取り組んできました。また、本情報提供サービスを利用された方は、年間 3.3%の消費電力量削減※2(CO2 排出量は年間 133 ㎏-CO2 削減※3)に繋がっており、これは杉の木約 10 本を植林するのと同じ効果に相当します※4。

省エネルギー住宅の普及に向けた積水化学工業住宅カンパニーの取り組み


同社住宅ブランド「セキスイハイム」では、1997 年に業界に先駆けて太陽光発電システム(以下、PV)搭載住宅の販売を開始。2011 年には、コンサルティング型ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(以下、HEMS)「スマートハイムナビ」を搭載した「スマートハイム」シリーズを発売するなど、地球環境に貢献する省エネ住宅を提供してきました。2021 年 10 月には、大容量 PV・大容量蓄電池・スマートハイムナビを搭載した「新スマートパワーステーション FR GREENMODEL」を発売し、2050 年のカーボンニュートラルを見据え、できるだけ電気を買わないエネルギー自給自足型※5 の暮らしを提供しています。

その中で、PV 搭載住宅販売当初より、省エネ住宅の実現には「建物本体や設備」と「住まい方」の両立が必要であるという考えのもと、入居者の省エネ行動につながる情報提供サービスを2004 年より Web サイト上で開始しました。その後 2011 年からは省エネアドバイス機能を強化した Web サイト「スマートハイム FAN」と HEMS「スマートハイムナビ」により、入居者への省エネ情報提供を継続しています。

FR GREENMODEL セキスイハイム 注文住宅
「新スマートパワーステーション FR GREENMODEL」

「スマートハイムナビ」・「スマートハイム FAN」による省エネ情報提供サービス


住宅内のエネルギー情報を収集し、使用状況を「スマートハイムナビ」にリアルタイムで表示するほか、収集したデータをサーバーに蓄積し、建物・入居者情報と併せて分析します。分析結果は「スマートハイムナビ」「スマートハイム FAN」を通じて省エネアドバイスとして入居者に情報提供し、省エネ行動につなげています。

スマートハイムナビ・スマートハイム FAN のシステム構成概要

一般的な住宅内のエネルギー情報(売買電量や PV 発電量など)を提示するだけでなく、同社独自の以下 3 つの特徴があります。

① エネルギー自給自足率の見える化
 :自給自足率をリアルタイム表示し自家消費を促進します。
② 設備見守り(PV・蓄電池・HEMS)
 :正確なデータ収集と安全・安心のため、設備の稼働状況を監視します。
③ 住宅メーカーならではの分析とコンサルティング
 :エネルギー情報と建物・入居者情報から高精度の分析を行い、
 設備機器の使い方や設定方法など邸別の具体的な省エネコンサルティングを行います。

セキスイハイムの省エネ情報 3つの特徴

省エネ効果と実績


累積出荷棟数は PV 搭載住宅 22 万 522 棟※1、HEMS 搭載住宅 7 万 4701 棟※1をそれぞれ超え、省エネ住宅の普及に取り組んできました。また、本情報提供サービスを利用された方は、年間の消費電力量が 3.3%削減※2(CO2排出量は年間 133 ㎏-CO2 削減※3)されており、これは杉の木約10 本を植林するのと同じ効果に相当します※4。

積水化学工業PR:『新スマートパワーステーション「2021 年度 省エネ大賞」 省エネルギーセンター会長賞を受賞(外部サイト)

※1:同社調べ(PV 搭載住宅:1997 年 4 月~2021 年 3 月末日時点、HEMS 搭載住宅:2011 年 4 月~2021 年 3月末日時点)、リフォームを含みます。
※2:情報提供サービス利用頻度の高いグループ(月 15 日以上スマートハイム FAN にアクセス)と利用頻度の低いグループ(月 1 回未満アクセス)の年間消費電力量を比較。(6101 棟、2020 年 1 月~12 月実績)
※3:CO2 排出量=削減電力量×CO2 排出係数で試算。環境省・経産省令和 3 年公表 電気事業者別排出係数より 0.470kg-CO2/kWh(代替値)を用いて試算。
※4:「森林の二酸化炭素吸収力」(関東森林管理局)をもとに試算。
※5:すべての電力を賄えるわけではありません。電力会社から電力を購入する必要があります。