毎日の洗濯作業がラクになるプランとは? | 注文住宅展示場.com

毎日の洗濯作業がラクになるプランとは?

ランドリールーム

掲載日:2021/01/15

毎日するのに作業が多く実は家事負担が大きい洗濯

洗濯は「洗う」「干す」「取り入れる」「たたむ」「しまう」と作業が多く、実は家事負担が大きい家事のひとつ。脱衣所と洗濯機、洗濯機と物干しスペースの距離を短くするだけでも、日々の負担は軽減されます。朝まとめて家事をする人なら、キッチンの近くに洗濯機を配置すると、並行して家事が進められるので便利。就寝中にタイマーで洗濯する方は、寝室から遠い位置に洗濯機を配置しましょう。

「干しっぱなし」も許される物干しスペースを確保する

共働き家庭など日中家にいない事が多い家庭なら、物干しスペースの庇を深くとって、少しぐらいの雨でも干しておけるようにしましょう。スペースに余裕がある家なら、日当たりのよい位置にサンルームのような物干しスペースを確保すると、気軽に室内干しができます。リビングなどの生活スペースから目隠しできる工夫をしておけば、干しっぱなしでも気になりません。

この1カ所で作業が完了する洗面所兼ランドリールーム

最近は、乾燥機つきの洗濯機で洗濯から乾燥まで終わらせてしまうという方も増えています。そんな方におすすめなのが、洗面室を広くとり、ランドリールームを兼用するプラン。洗濯機で乾燥まで終えた衣類をたたんだり、アイロンがけするスペースをここに用意しておけば、衣類に関する作業を1カ所で終わらせることができます。さらに、クローゼットやウォークインクローゼットをこのランドリールームの近くに配置すると、衣類をたたんで片づけるまでの作業がスムーズに。毎日の家事負担がぐんと軽減されます。