建築依頼先の整理と比較、その判断材料は?

更新日:2020/10/26

ある程度の数のモデルハウスを見学したら、横並びで比較できるように情報を整理しましょう。この際に重要なのは、イメージだけでなくランニングコストなど客観的な数値でも比較検討することです。

判断材料として、各社の建築現場やユーザー宅の見学も有効です。建築現場では整理整頓や職人の様子などから仕事に対する姿勢などが分かります。ユーザー宅では、直接住み心地やアフターフォローの満足度などを聞くことができます。

このような過程を経て建築依頼先の候補が4~5社まで絞り込めたら、担当者に購入候補の土地を見てもらいましょう。土地には様々な法規制などがあります。担当者に見てもらうことで、その土地に自分の理想とする家が建てられるかどうかが判断できます。

たとえば、「ここには3階建ては建てられません」「ここは百万円単位で地盤改良工事がかかるかもしれません」といった意見が出たら、その土地はあきらめざるを得ないかもしれません。さらに、このような意見の内容によって担当者の実力も横並びで検討できるはずです。