平屋の家のメリットとは? デメリットはある? | 注文住宅展示場.com

平屋の家のメリットとは? デメリットはある?

平屋イメージ

掲載日:2021/05/31

家事ラク&子育て世代にも人気 イマどきの1階建ての家事情

平屋(1階建て)といえば「広い敷地が必要」というイメージが強く、土地の事情を考慮して平屋のプランを避ける方が多いかもしれません。でも実は平屋は2階建てや3階建てにはないメリットがあり、プランしだいで暮らしやすく魅力的な住まいを作ることができます。

平屋のメリットのひとつに、まずコンパクトな動線があります。階段を使った縦の移動が不要なので、洗濯などの家事動線に無駄がなくなり、日々の作業がスムーズに。特にまだ小さい子どもがいる家庭では、「家中どこにいても子どもに目が届く」と好評です。ワンフロアの段差をなくしてバリアフリー仕様にすれば、祖父母世代も安心。掃除もぐっとしやすくなります。

戸外を身近に感じながら快適に過ごせる平屋のメリット

庭や戸外との行き来がしやすく、自然との一体感が感じられるのも平屋のメリットのひとつ。庭に向けて大きな窓を設置すれば、室内にいながらにして戸外で過ごしているような開放感が味わえます。リビングの床とフラットにつながる大きなデッキを配置して、自由に行き来できるようにするのもおすすめのプランです。

平屋室内イメージ

プライバシーが気になる時は、建物をコの字型やL字型にして中庭を配置。外塀で囲めば視線も気にならず、ゆっくりリラックスできる住まいになります。L字型にすることで、住まいの中でも程よい距離感が演出できるでしょう。

天井のデザインにこだわってコンパクトな空間を魅力的に

コンパクトな住まいも多い平屋プランですが、天井の形状を高くとることで空間を広く見せることが可能。屋根の形状に合わせた勾配天井にして、スタイリッシュに演出するのもおすすめです。周囲に建物があるエリアでは、天窓やハイサイドライトを設置すれば自然光がさし込み、より快適に過ごせます。

平屋の家のデメリットは何?家を建てる前にココをチェック

1階建ての住まいで必要なスペースを確保するためには、2階建て・3階建てに比べて広い敷地が必要となりますが、敷地をうまく使うことで光がさし込み、風が通り抜ける快適な空間にすることができるでしょう。またすべての居室が1階にあるため、防犯面での配慮も必要です。

また、シンプルな平屋は耐震性が高いというメリットがありますが、水害の際の被害を考えて、建設予定地のハザードマップは要チェック。万全の対策を施すことで、長く安心して暮らせる住まいになります。

理想の平屋を建てるために平屋のカタログをチェック!

一般的な2階建ての住まいに対し、個性的で開放的な家にすることもできる平屋の住まい。こだわりのある方やオリジナリティの高い家を建てたい方は、ぜひ検討してみましょう。敷地や環境の条件が合うケースなら、きっとすばらしい住まいをつくることができるはずです。

最近は「家族のコミュニケーションがスムーズになる」「自然が身近に感じられる」と平屋の人気も高まっており、各ハウスメーカーも力を入れています。平屋をテーマにしたカタログも揃うので、平屋プランを検討している方はぜひチェックを。光の入り方や間取りなど参考になるアイディアが充実しているので、ハウスメーカーに請求してみましょう。

おすすめコンテンツ

◆解放感たっぷりの平屋は、敷地や周辺環境も要チェック!◆

まずは平屋のカタログ一括請求

●【ほかのおすすめ記事】

  平屋にするか2階建てにするか、「究極の選択」をどう決めるべき?

  失敗しない間取りづくりのための基礎知識

  建て方の基礎知識(平屋建て)