土地が最大限使える3階建て! 利便性を高めるヒントと注意点とは? | 注文住宅展示場.com

土地が最大限使える3階建て! 利便性を高めるヒントと注意点とは?

掲載日:2021/06/23

光と風が通る快適な空間を3階建てプランで実現!

都市部で多く見かける3階建ては、コンパクトな敷地に広い居住スペースを確保できるのが最大の魅力。土地から購入する場合は土地の購入価格を抑えることができるので、その分建物の予算に回すことができます。

また、都市部では住宅が密集していて採光を確保するのが難しいケースもありますが、3階建てにして2階や3階にリビングを配置する間取りにすることで、日当たりのよい居住空間を実現することも可能。1階に自然光がさし込まない場合は上階から光を落とすプランにすることで、程よく明るく仕上がります。

都市部でも見晴らしのいい快適リビングが手に入る

3階建ての住まいの場合は、特に3階からの見晴らしがよく、隣家からの視線が気にならない空間も実現。思い切って3階にリビングを配置すれば、カーテンを開けたまま開放的に過ごせる空間になります。景色のよい3階に広めのバルコニーを配置するのも人気のプラン。プライバシーを保ちつつ、ゆったり過ごせるアウトドアリビングとして過ごせます。

階段での移動が増えるのが気になる方は、ホームエレベーターの設置を検討してみては。最近はコンパクトな家庭用ホームエレベーターも登場しているので、省スペースで設置できます。予算的に難しい場合は、設計士に相談してエレベーター用のスペースを確保しておけば、将来的にリフォームで設置することも可能です。

室内イメージ

デメリットもプランで克服!3階建てを快適にする秘訣

「3階建ての家は1階の日当たりが悪くて寒いのでは」という声も聞かれますが、建物の気密性や断熱性を高めれば、快適な室内環境をキープできます。日当たりが気になるなら、思い切って1階にインナーガレージを設置するのも一案。狭小地でもガレージを設置できるのも、3階建てプランのメリットのひとつといえるでしょう。

また、1階に大型クローゼットを設置するプランなら、日当たりにも影響されず、住まいの利便性がアップ。家じゅうの収納を1階にまとめることで、2階、3階のすっきり空間をキープできます。

3階建てのプランとアイデアをハウスメーカーのカタログでチェック

夢がふくらむ3階建てですが、敷地によっては法規制で建てられないケースもあるので要注意。斜線制限などでプランが限定されることもあるので、土地から購入する場合は用途地域や容積率の確認が必要です。ハウスメーカーへの依頼を検討しているなら、土地の購入段階から相談するのもおすすめです。

「便利な都市部の駅チカに住みたい」という方が増えている今、3階建ては人気のプランのひとつ。各ハウスメーカーが3階建てをテーマにしたカタログやプラン集も製作しています。特にプラン集は「こんな家もできるんだ!」と参考になるので、3階建てを検討している方はぜひチェックしてみて。気になるハウスメーカーのカタログをどんどん請求してみましょう。

おすすめコンテンツ

◆各メーカーの3階建てプランには新しいアイデアがいっぱい!◆

3階建てのカタログや実例集を一括請求できます

●【ほかのおすすめ記事】

  平屋の家のメリットとは? デメリットはある?

  建て方の基礎知識(三階建て住宅)

  趣味室として楽しみたい「ビルトインガレージ」